VIO脱毛を自宅で行うメリットって何?膀胱炎を防ぐには

VIO脱毛を自宅で行うメリットって何?膀胱炎を防ぐには

VIO脱毛を自宅で行うメリットって何?膀胱炎を防ぐには

 

全国展開している脱毛サロンが毎年行っているアンケートによると、女性がムダ毛の処理をしたい部位第1位が両脇、次いでVIOがランクインしているそうです。

脱毛サロンでVIO脱毛を希望する方が多いのは、脱毛後のメリットを知っている女性が多いからです。

VIOを処理しておけば選べる下着や水着の幅が広がるし、男性に対しての配慮が高くなるなど多くの利点があります。

でもこれはほんの一部で、真のメリットは「女性特有の衛生面の改善」です。

VIO脱毛で膀胱炎のリスクが下がる?

VIOが処理されていると排泄物が陰毛に付着する事が無くなります

これにより下着内の蒸れが減り、デリケートな部分のニオイや雑菌が繁殖しにくくなる事で、肌荒れのリスクがぐんと下がります。同時に肌荒れが減るので、黒ずみや色素沈着の心配も無くなります。

陰部に雑菌が繁殖すると膀胱炎を引き起こす事があります。事実20代~40代女性の5人に1人の方が膀胱炎の悩みを抱えているのです。

アンダーヘアが無くなればナプキンかぶれの原因である蒸れが減り、ナプキンに吸収されなかった経血やオリモノも簡単に洗い流すことが出来ます。

このようにアンダーヘアを脱毛するだけで陰部を清潔に保てます。それに伴って膀胱炎のリスクも減らせるのです。

VIO脱毛がこれだけメリットが多いのに、脱毛サロンではVIO以外を脱毛してもらって、自宅に帰ってから自分でアンダーヘアを処理する人もいるくらい、他人にVIOを処理してもらうのに強い抵抗感を感じる人が非常に多くいます

VIO脱毛を自宅でするオススメの方法は?

カミソリや毛抜くを使わずに自宅でVIOなどのアンダーヘアを処理する方法は

・除毛クリームを使用して毛を溶かして取り除く

・ブラジリアンワックスを使ったワックス脱毛

・抑毛ローションを使って毛の成長を阻害する

・家庭用脱毛器を使う

大きく分けるとこの4種類があります。

1.除毛クリーム

オススメ度3

除毛クリームは塗るだけで簡単にムダ毛の処理が出来ます。

クリームを塗ってから5~10分待つだけで、簡単にタオルやスポンジでふき取る事が出来ます。

ですが、ほとんどの除毛クリームは顔やVIOへの使用は禁止されています。

絶対に使えないというわけではなく、実際に除毛クリームを陰部に使用した人は多く、ほとんどの人が肌トラブルを起こさずに除毛出来ています。

ただ自己責任で使おうと思えば問題なく使える、という感じなので星は3つです。

関連記事

女性でもソランシアは使える?値段だけでコスパを決めると失敗します

2.ブラジリアンワックス

オススメ度2

次にブラジリアンンワックスを使ったワックス脱毛です。

もともと海外のセレブの間でブラジリアンワックスを使ったVIOの脱毛が流行り、それを真似た日本のモデルの間でも流行した事から、日本でもワックス脱毛が定着しつつあります。

多くのブラジリアンワックスはVIOへの使用を勧めています。しかしIラインやOラインは直接目視出来ないので、陰部に上手く塗るにはコツや経験が必要です。

関連記事

ブラビアンカシュガーワックスを楽天やAmazonで買うと大損!?

3.抑毛ローション

オススメ度0

抑毛ローションは毛の成長を時間をかけて抑制する効果があります。

髭対策には有効だと思いますが、アンダーヘアには向いていません。

陰部の脱毛は即効性が重視されるので、少なくともアンダーヘア対策に長期間塗り続けなければならない抑毛ローションはオススメできません。

ですので、星はゼロです。

関連記事

パイナップル豆乳ローションは効果なし!薄くならない本当の理由

4.家庭用脱毛器

オススメ度5

皮膚科やクリニックで行う永久脱毛に次いでオススメ出来るのが家庭用脱毛器です。

脱毛を考える時に最も重要なのが費用と手間です。

クリニックやエステサロンに通えば確実な脱毛効果があります。

しかし、通ったり予約する手間もかかるし勧誘は減ったと言われていますが、未だに無料相談に行っただけなのに気づいたら全身脱毛を分割払いで契約させられる人もいます。費用も数万~数十万円も必要になります。

家庭用脱毛器も初期費用こそかかりますが、クリニックやサロンに比べて手間も費用も抑えられます。もちろん強引な勧誘を受ける心配もないし、陰部を他人に見られる事もありません。

処理回数も最初は1週間に1回ですが、次第に2週間に1回、1か月に1回、2か月に1回、3ヵ月に1回、半年に1回~となり半永久脱毛と言われる状態になります。

VIO脱毛にオススメの家庭用脱毛器は?

脱毛器で有名なのはケノン2PS(ツーピーエス)です。

この2つは脱毛効果や機能が似ていることから、どちらを選べばいいかいいか迷う方も多いと思います。

こちらでケノンと2PS(ツーピーエス)を詳細に比較しているので、参考にしてみてください。

関連記事

ケノンと2PS買って後悔しないのはどっち?コスパを徹底比較する

結論から言いますと予算や使用目的によって違います。

ケノンを選ぶメリット・デメリット

◆ケノンを選ぶメリット

・広範囲を短時間で処理できる

全身脱毛に向いている

・美顔用カートリッジが最初から付いている

・日本製

◆ケノンを選ぶデメリット

費用が69,800円かかる

・照射範囲が広いから髭、関節付近、VIOに使いづらい

VIOにも使えますという曖昧な表現

2PS(ツーピーエス)を選ぶメリット・デメリット

◆2PS(ツーピーエス)を選ぶメリット

・キャンペーンを利用すればケノンより25,000円前後安い

・照射範囲が大きすぎないからVIOに使いやすい

はっきりVIOに使えると表記されている

◆2PS(ツーピーエス)を選ぶデメリット

美顔カートリッジが別売り

・ケノンより広範囲を脱毛するには時間がかかる

・韓国製

このように、どちらを選ぶかは使用目的によって変わります。

全身脱毛がしたいならケノン、初期費用を抑えてVIOに使いたいなら2PS(ツーピーエス)がいいでしょう。

まとめ

VIOの処理は脱毛サロンに通っても自宅でセルフ脱毛したとても、手間や費用が掛かることは否めません。

しかしそれだけの手間や費用をかけてもアンダーヘアを処理することで、膀胱炎や黒ずみのリスクを減らすことが出来ます。

VIO脱毛を自宅で行う最大のメリットは誰にも見られずに処理出来ることです。

いかに相手がプロで同性であっても、陰部の処理を他人に任せるのに強い抵抗を感じるはずです。

脱毛サロンで他人に見られる必要のない、セルフ脱毛でVIOを綺麗に保ちましょう。

>>ケノン公式HPはこちら

>>2PS(ツーピーエス)公式HPはこちら

未分類カテゴリの最新記事