NULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使う具体的なコツと注意点

せっかくNULLリムーバークリームを買った、あるいはこれから買うのなら腕や脚、脇だけでなく、デリケートゾーンのムダ毛も処理したい!と思っても、公式サイトにはNULLリムーバークリームはデリケートゾーンに使えないと表記されています。

ですが、腕や脚に使えるものがデリケートゾーンに使えないというのも妙な話。

そこで今回は使えないとされているNULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使う方法や、その際の注意点などをまとめてみました。

NULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使う際の注意点

そもそもなぜNULLリムーバークリームがデリケートゾーンの使えないのかというと、前提として陰部(VIO)に使うことを前提に商品開発をしていないため、デリケートゾーンの除毛は推奨していないということがあります。

つまり、メーカー側は推奨していないものの、あくまで自己責任と言う形にはなりますがNULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使うことは可能なのです。

しかし、あくまでも自己責任となるため、以下の注意点はしっかり守りましょう。

事前のパッチテストは必須

クリームを手の甲に塗る女性

これはNULLリムーバークリームに限らず全ての除毛クリームに共通することですが、

  1. 二の腕や太ももの内側にクリームを少し塗る
  2. 10分程度放置したら拭き取る
  3. その後、肌に異常がなければ使用可能

このパッチテストは絶対に欠かしてはいけません。しかもNULLリムーバークリームはデリケートゾーンへの使用を推奨していなうので、なおさらパッチテストの重要性が高まります。

腕等で不安な場合は、Vラインの股の部分に少し塗ってみると早めに使用できるかどうかを確認しましょう。

女性は粘膜部分、男性は竿の先や玉袋には要注意

赤で書かかれた注意の文字

「VIOに使えます」と書かれている除毛クリームでも、女性は粘膜部分、男性は竿の先や玉袋にクリームが付いてしまうと肌が荒れてしまうので、自己責任となるNULLリムーバークリームは余計にこの点に注意を払って除毛するようにしてください。

具体的には、

  • クリームを塗った後は動かない
  • デリケートゾーンや上半身の水けを完全に拭き取ってから塗る
  • クリームを塗る際は素手で塗る

これらの工夫をするとNULLリムーバークリームの効果を生かしながら、デリケートゾーンの除毛もすんなり行うことができます。

[getpost id="2321"]

クリームは多めに塗りましょう

除毛クリームを使っても上手に処理できない原因の一つがクリームを塗る量が足りないことが挙げられます。

NULLリムーバークリームは安い商品ではないので節約したい気持ちは分かりますが、塗る量が足りないと、

  • 再度塗る手間
  • 再度使うからクリームの無駄遣いになる
  • 再度除毛するから肌への負担が大きい

などなど、クリームを適切に使っていれば防げる手間暇、お金があるので、毛が覆い隠れる程度、少し多いかな?と思うくらいの量を塗るとデリケートゾーンに限らずムダ毛を綺麗に処理できるようになります。

放置時間を10分以上に延ばしても意味は無い

吹き出しの中に書かれたpointの文字

NULLリムーバークリームを塗ると、最初の数分は何の変化もないのですが、5分、10分と時間が経ちにつれて毛がフニャフニャになり拭き取るだけでムダ毛を取り除けるようになるので、時間をかければかける程綺麗に処理できると思いますよね。

でも実際にムダ毛に作用する時間(ムダ毛を綺麗に処理するまでにかかる時間)はどんなに延ばしても10分程度なので、それ以上放置しても除毛効果が上がることは無いですし、逆に放置時間が長ければ長いほどムダ毛ではなく、肌に腹案れるたんぱく質に作用してしまうため、放置時間はどんなに長くても10程度におさめておきましょう。

[getpost id="2011"]

特に塗る場所がデリケートゾーンとなると、最初は5分程度で様子を見て、それで足りないと判断したら数日後次回除毛する時に放置する時間を10分程度にするなどの工夫をして、あなたに合った適切な放置時間を見つけてください。

デリケートゾーンの除毛後はヒリヒリするが保湿を行えば問題ない

NULLリムーバークリームに限らずデリケートゾーンの除毛を行うと、数時間~数日はヒリヒリしますが、保湿、主に保湿クリームを塗っておくとヒリヒリ感は2日程度で治まります。

よく口コミの中に「除毛後にヒリヒリした、使えない」などの意見もありますが、カミソリで剃っても、毛に気で抜いても、脱毛器を使っても、いずれの方法でムダ毛を処理した場合でも、処理後はある程度の痛みやヒリヒリするのは共通する部分です。

しかも、除毛する場所はデリケートゾーンとなればなおのことヒリヒリするのは当然なので、保湿クリームを塗る前や塗った食後はムズムズする感じはありますが、それも数分程度で治まるので除毛後の保湿は必ず行いましょう。

デリケートゾーンの除毛後はクリームのヌメリが無くなるまでよく洗う

水道水で両手にためた様子

デリケートゾーンの除毛は、

  • 自分の部屋
  • お風呂場

どちらかの場所で行うと思いますが、どちらの場合においても除毛後はクリームのヌメリが無くなるまでお湯(シャワー)などでしっかり洗い流してください。

商品によっては「除毛後のクリームは拭き取るだけで十分」と書かれているものもありますが、さすがに拭き取るだけでは不十分ですし、特にデリケートゾーンに除毛成分が少しでも残っていると肌荒れの大きな原因となるため、NULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使った後は「クリームのヌメリが無くなるまで完全に洗い流す」これだけは忘れてはいけません。

まとめ

NULLリムーバークリームはデリケートゾーンに使えないと表記されているので陰部用の別の除毛クリームを買わなきゃいけない、となるのですが、別々に揃えるのも面倒ですしお金かかるため、今回ご紹介したような工夫や注意点を守ることであくまで自己責任という形にはなりますが、NULLリムーバークリームをデリケートゾーンに使うことができます。

また、1本3,000円は高い!という方には、公式サイトを利用すると1本2,200円程度で買える「3本+1本おまけ付き、送料無料」などがあるので、以下の公式サイトをチェックしてデリケートゾーンを含めたあらゆるムダ毛をNULLリムーバークリームでごっそり除毛しちゃいましょう。

楽天1位獲得【メンズ専用 NULLリムーバークリーム】


最新情報をチェックしよう!