女性で髭が濃いって病気?男性並みに体毛が濃いオス化女子の共通点

女性で髭が濃いって病気?男性並みに体毛が濃いオス化女子の共通点

女性で髭が濃いって病気?男性並みに体毛が濃いオス化女子の共通点

 

髭は男性だけのもの!

そう思っている方がほとんどだと思います。

でも、女性でも男性並みに濃い髭が生える場合があります

この事実を知らない人は、女性で髭が生えているのは病気なの?と心配される方もいると思います。

たしかに「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」という、

卵胞の発育に遅れが起きてなかなか排卵しない疾患があるのは事実です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になると、

  • 生理が遅れる
  • ニキビが増える
  • 体毛が濃くなる
  • 声が低くなる

などの症状が表れることがあります。

では本当に女性に髭が生えるのは病気なのでしょうか?

女性で髭が濃いのって病気なの?

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は病気ではありません

一時的にホルモンバランスが乱れて上記のような症状が表れる事があります。

ですが、ほとんどは軽度なものなので、あまり心配する必要はありません。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状の1つに”体毛が濃くなる”というものがありますが、

「女性で髭が生えている=多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」というわけではありません。

髭や体毛に深く関係している”男性ホルモン”の分泌が増えれば、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の可能性もあります。

しかし、ほとんどの場合は男性ホルモンが増えているのではなく、生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、などの理由で女性ホルモンの働きが弱って男性ホルモンが優位にたってしまっているだけなのです。

男性ホルモンの分泌が増えるのが「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」

女性ホルモンの働きが弱るのは「体質の変化」です。

そしてほとんどの方は女性ホルモンの働きが弱って体質が変化したのが原因で、髭が生えたり体毛が濃くなってしまうんです。

だから「女性の髭=病気」ではありません

ホルモンバランスが乱れる原因

上記でも少し触れましたが、女性ホルモンの働きが弱ると髭が生えたり体毛が濃くなる原因になります。

では、どうして女性ホルモンが弱まってしまうのか?

理由は4つあります。

ストレス

まず1つ目は「ストレス」です。

学校や仕事、私生活でストレスを受けるとホルモンバランスが乱れる原因になってしまいます。

でも現代社会でストレスを受けない生活をするなんてほぼ不可能ですよね。

だから、

ストレスを受けない工夫ではなく、ストレスを溜めない工夫が重要です

ストレスを受けてもすぐに発散出来るようにしましょう!ということですね。

好きな音楽を聴いたり、テレビを見て笑ったり、友達と遊びに出かけたり、自分が楽しいと思えることでストレスを発散させるように心がけてください。

感動した時に流す涙にはストレスを軽減させる効果があるので、泣きたい時には泣くことも重要ですよ。

偏った食生活

体毛の役割の一つが「毒素を体外に排出させること」です。

肉類の摂取が多くなると”過酸化脂質”という毒素が体内で生産されます。

この過酸化脂質は、毛が抜け落ちる際に体外に排出されるので、

肉類や脂っこい物を食べ過ぎると髭が濃くなる原因になってしまうんです。

また、過酸化脂質は皮脂の形で毛穴から排出されるので、肉類や脂っこい物を多く摂り過ぎると、

毛穴を広げる原因になって髭を太くしてしまうことに繋がります。

このように肉や油ものを中心とした食生活を送っていると、

髭が濃くなったり体毛が濃くなる原因になってしまいます。

ですので、髭や体毛を薄くしたいと思ったら肉食中心の生活ではなく、野菜中心の健康に良い食生活に変えましょう!

といっても、いきなり野菜中心の食生活を変えるのって難しいですよね。

だから”油ものをなるべく控える”という意識を持つだけでも、食生活を変える第一歩になります。

髭や体毛を薄くする為にも、健康の為にもバランスの良い食生活を心がけましょう。

睡眠不足

睡眠はホルモンバランスを適切に保つために欠かせないものです。

睡眠不足になると、脳の男性ホルモンの分泌を抑える機能を低下させてしまいます。

年を重ねると眉毛、鼻毛、耳毛などが伸びるのも、老化現象により脳の機能が低下することが原因です。

「睡眠=男性ホルモン分泌をコントロール」

ですので、

  • 睡眠は6~8時間しっかりとる
  • 寝る1時間前にTVを見たり携帯をいじらない
  • 部屋の明かりは消す

などの対策をすると、質のいい睡眠がとれるでしょう。

このように睡眠とホルモンには大きな関係があります。

つまり、

「日が昇ったら起きて、日が落ちたら寝る」

という、人間本来の睡眠が1番大切ですよ!という事です。

でも現代社会でこんな生活はなかなか出来ないですよね。

ではどうすればいいのか?

睡眠時間を6~8時間確保できれば問題ありません。

ですが、ただ長く寝ればいいというわけではないんです

平日に寝不足気味だから、

「休日に寝だめしよう」と思って10時間以上寝たのに疲れが取れなかった。

こんな経験したことってありませんか?

実は日頃の睡眠不足は、休日に寝だめしても全く効果がないんです。

だから睡眠時間を十分に確保できない場合は、

  • 寝る1時間前にはスマホをいじらない
  • 夕方以降は仮眠をしない
  • 夜はカフェインを大量に摂取しない

これらを意識して“時間ではなく質の良い睡眠”をとるように心がけると、髭対策にも繋がります。

運動不足

女性の髭と運動って一見関係ないように思われますが、実は深く関係しているんです。

髭が生える原因は、女性ホルモンの働きが弱って男性ホルモンが優位に立ち、身体の内面と外見がオス化してしまうことです。

そして運動不足になると女性ホルモンの分泌が鈍るので、

「運動不足=女性のオス化」となってしまうんです。

適度な運動を行えばホルモンバランスを整えることが出来るので、

女性の髭対策にも運動は効果的なんです。

また、運動不足になると睡眠の質の低下にも繋がるので、

女性のオス化に拍車をかける結果になってしまいます。

日頃から適度な運動を心がけて「女性のオス化」を予防しましょう。

髭を薄くする方法

  • ストレスをためない
  • 肉や油ものを避ける
  • 睡眠時間と睡眠の質を維持する
  • 運動をする

これらを行えば体内のホルモンバランスが正常化するかもしれません。

上記のようなことを続ければ健康で長生きできるでしょう

でも、このようなストイックな生活をしていて楽しいでしょうか?

これを言ってしまうと元も子も無くなってしまいますが、健康的な生活を送ってもそれがストレスになってしまい、発散するよりも多くのストレスを抱える原因になってしまうのが目に見えています

それに生活習慣を見直してもホルモンバランスが元に戻るとは限らないし、1度生えてしまった髭が無くなる保証もありません

生活習慣の見直しは女性の髭対策には効果的ですが、

「健康的な生活=髭が生えなくなる」となるのか?といえば、必ずしもそうとは言い切れないんです。

だからといってクリニックやエステサロンで髭の脱毛を頼むのは恥ずかしいし、何より高額な費用が最大のネックですよね。

ではどうすればいいのか?

1つは家庭用脱毛器を利用してエステサロンと同じような「脱毛」をする。

もう1つは抑毛クリームを使って「髭の成長を抑える」という方法があります。

家庭用脱毛器を利用する

家庭用脱毛器はエステサロンでも行われている「IPL」をいう脱毛の技術を、一般の家庭でも安全に使えるレベルにまで威力を抑えたものを使用しています。

つまり家にいながらエステサロン並みの脱毛を実感出来るんですね

髭対策に家庭用脱毛器を利用する最大のメリットは、光の力で直接毛根にダメージを与えられるという点です。

毛根にダメージを与え続ければ髭が成長できなくなるので、体質を改善しなくても髭をお手入れしなくていい状態にまで持っていくことが可能になります。

この状態になればメイクで髭を隠す必要も無くなるし、髭を剃る必要も無くなります

関連記事:女性の髭脱毛にオススメの脱毛器はどれ?髭女子を卒業したいなら

デメリットは、ある程度費用が掛かることと、脱毛をする際に痛みを感じるという点です。

費用は安価なものであれば2万円程で購入出来ますが、しっかりした物を買いたいと思ったら4~7万円の費用は覚悟する必要があります。

痛みに関しては、脱毛を行う前に保冷剤などで十分に冷やしてから照射すると、ほとんど痛みを感じなくて済むのであまり心配はないと思います。

抑毛クリームを使う

抑毛とは「毛の成長を抑制して、毛を目立たないようにすること」です。

抑毛クリームの最大のメリットは塗るだけで簡単にケアが出来ることです。

いつものようにカミソリやシェーバーで髭を剃った後に抑毛クリームを塗るだけなので、家庭用脱毛器のように痛みを感じる心配がありません

抑毛クリームには毛の成長を抑える働きの他に、肌の調子を整えてくれる成分が含まれているものが多く、肌にハリや潤いも与えてくれる働きがあります。

関連記事:ノイス(NOISU)の最安値はどこ?2種類の購入方法を比較すると

デメリットは即効性が無いという点です

抑毛クリームは毛の成長を抑えるものなので、塗ってすぐに効果が表れるわけではありません。

それでも使い続けると徐々に毛が細く短くなるので、よほど近づいて凝視されない限り髭が生えていることに気づかれる心配は無くなります。

まとめ

女性で髭が生えると”何かの病気かも”と思うかもしれませんが、髭が生えたとしてもそれは病気ではありません。

「女性=髭」

というイメージが無いのは、自分は髭が生えていると公表している女性がいないからです。

ですが、女性の髭は病気ではないものの、1度生えてしまった髭は体質を改善させても元に戻る確証はありません。

生活習慣を整えつつ、家庭用脱毛器や抑毛クリームなどを使って、外部から髭を薄くする努力も必要です。

脱毛器や抑毛クリームを使いたくないという場合は、下記のような髭を隠す専用のファンデーションを使う方法もあります。

>>青ひげを隠すファンデーション<<

メンズファンデーション

家庭用脱毛器カテゴリの最新記事