あそこ(Iライン)を綺麗にするオススメの徐毛クリームはどれ?

あそこ(Iライン)を綺麗にするオススメの徐毛クリームはどれ?

あそこ(Iライン)を綺麗にするオススメの徐毛クリームはどれ?

 

あなたはIラインの処理ってどうしてますか?

Iラインの毛の処理をする目的の1つはのは「衛生面の改善」ですよね。

特に女性はIラインに毛があると”おりものや排泄物”が付着して膀胱炎になることがあります。

陰部に菌が繁殖して膀胱炎になるなら、暗部の毛を添ってしまえば膀胱炎のリスク軽減にも繋がります。

Iラインの毛はシェーバーで剃ったり毛抜きで抜くのが一般的ですが、頻繁に処理しないといけないし肌への負担が大きいことが悩みです。

そんな時に便利なのが徐毛クリームです。

徐毛クリームなら塗るだけで毛を取り除けるから、Iラインの処理も数分程度で綺麗になっちゃいます。

今でこそケースベールリムーバーのような公式サイトでデリケートゾーンのに使うことを推奨されている徐毛クリームも発売されていますが、ほとんどの徐毛クリームはIラインに使うことは認められていません。

どうしてIラインに徐毛クリームは使えないのでしょうか?

Iラインに徐毛クリームが使えない理由

徐毛クリームは顔やVIOなどのデリケートゾーンには使えないとされています。

これは徐毛成分がIラインなどの敏感な部分に付くと、炎症を起こして肌トラブルに繋がるからです

VIOは別名デリケートゾーンと呼ばれているように、とても敏感で刺激を受けやすい部分です。

でもIラインも同じ体毛であることに代わりはないので、使い方さえ気を付ければ問題なく使用できます

Iラインに徐毛クリームを使う時の注意点

徐毛クリームはIラインに推奨はされていなくても、次のような注意点を守れば安心して使うことが出来ます。

石鹸で洗わない

徐毛クリームは使用する前に体を清潔にする必要があります。

この時に石鹸で洗うのは避けましょう

石鹸のようなアルカリ性の成分を使うと、徐毛クリームの成分と化学反応を起こして肌が荒れることに繋がります。

そのためIラインに使う時はお湯だけで汚れを落としてから、徐毛クリームを使うようにしてください。

粘膜部分には塗らない

徐毛クリームをIラインに使う時は粘膜部分にクリームを付けないように塗りましょう。

クリームが粘膜部分に付着すると大変危険です。

目にクリームが付いた所を想像してもらうと分かりやすいと思いますが、粘膜部分にクリームが付着すると強い痛みや痒みを招くことに繋がります。

これはクリームがIラインの粘膜部分に付着しないように気を付ければ問題ありません。

クリームを塗る時にIラインを目視できない場合は、事前に鏡を用意して粘膜部分にクリームが付着しないように注意してください。

徐毛時間は短めに

一般的に徐毛クリームは5~10で拭き取りますが、Iラインに使う場合は5分以下にしてください。

この時に徐毛残しがあっても続けてクリームを塗ってはいけません。

残った毛が気になる時は、必ず数日空けてから行うようにしてください。

徐毛後は必ずお湯で洗い流す

徐毛後は拭き取るだけでも十分とされていますが、Iラインに使った後は必ずお湯でクリームを完全に洗い流してください

徐毛クリームが残っていると肌が荒れてしまうので、徐毛後は入念に何度もお湯で洗い流しましょう。

Iラインにオススメの徐毛クリーム

Iラインに徐毛クリームを使うポイントについてお話ししてきましたが、肝心なのはどの徐毛クリームを使えばIラインを安全に綺麗に徐毛できるかですよね。

そこでIラインに使いたい当ブログのオススメ徐毛クリームをランキング形式で3つご紹介いたします。

第1位 ケースベールリムーバー

第1位はダントツでケースベールリムーバーです。

一般的な徐毛クリームはVIOなどの陰部への使用は禁止されていますが、こちらのケースベールリムーバーはVIOなどのデリケートゾーンに使うことを正式に認められている徐毛クリームなんです。

Vラインにだけ使えるのではなく、デリケートゾーンに使えないと書いていないのでもなく、公式サイトで明確にケースベールリムーバーはデリケートゾーン使えると明記されています。

※ 画像をクリックすると拡大します。

このように公式サイトでデリケートゾーンに使えると明記している以上おすすめしない理由がありません

さらにケースベールリムーバーの成分を見てみると、

毛を溶かす(除毛する)「チオグリコール酸Ca」

シミや黒ずみなどの色素沈着を防ぐ「サクラ葉抽出液、ダイズエキス」

肌を潤いのある状態に導く「バイオアンテージ(主にアロエエキス)、尿素」

除毛後の荒れた肌を整える「グリチルリチン酸2K」

これらの有効成分がデリケートゾーンの除毛を可能にしていて、除毛後の肌も整えてくれるようです。

ケースベールリムーバーはAmazonや楽天で取り扱いがないので、購入したいなら公式サイトを利用しましょう。

公式サイトでは

・お試し単品購入2,980円(税抜、送料別)

・2本セット5,960円送料無料(税抜)1本あたり2,980円

・3本セット+1本=合計4本で8,940送料無料(税抜)1本あたり2,235円

このように購入する本数によって価格が違うので、ご自身の用途に合わせて購入する本数を選びましょう。

ケースベールリムーバーはあそこ(Iライン)だけでなく、Vラインはもちろん、徐毛が難しいOラインも綺麗にできること間違いなしです。

ケースベールリムーバーを使ってVIOなどのデリケートゾーン全般のムダ毛をこれ一本で綺麗にしちゃいましょう!

ケースベールリムーバー

Dレジーナ・エピ・プレミアム

Dレジーナ・エピ・プレミアムは全身はもちろん、Vラインにも使える除毛クリームです。

Vラインだけ?と思われるかもしれませんが、多くの除毛クリームはVラインですら使用を禁止されています。

Dレジーナ・エピ・プレミアムはVラインへ使えると明記されており、それだけ肌に優しい成分で作られています。

またDレジーナ・エピ・プレミアムは除毛効果の他に、抑毛効果が期待出来るクリームです。

除毛の即効性と長期間効果が持続する抑毛がこれ1本で済んでしまいます

Dレジーナ エピ プレミアム

 

プレミアムリムーバミルク

プレミアムリムーバミルクは除毛クリームの中でも珍しい特徴があります。

顔や頭皮以外のすべての部位に使えると表記されていて、陰部への使用を禁止していません

アロエエキス、大豆エキス、カッコンエキス、サクラ葉エキス、といった美肌成分が配合されているので敏感肌な人でも使いやすく、使った後でも触りたくなるようなツルスベな肌になります。

プレミアムリムーバミルクとDレジーナ・エピ・プレミアムは、内容量も同じ150gで価格もほとんど変わりませんが、Dレジーナ・エピ・プレミアムには抑毛効果がプラスされています

どちらがいいか迷った場合は、抑毛効果もあるDレジーナ・エピ・プレミアムを選べば間違いはありません。

>>プレミアムリムーバミルクの詳細はこちら

まとめ

陰部に除毛クリームが使えば誰にも見られずに、手軽で短時間に処理する事が出来ます。

多くの除毛クリームは陰部への使用は認められていませんが、肌に優しいクリームを選んでパッチテストを行う事で肌荒れのリスクを回避できます。

陰部の処理に除毛クリームを使うのは、有効な手段だと言えそうです。

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバーカテゴリの最新記事