鼻の毛穴の黒ずみは洗顔方法と小鼻パックで改善するって本当?

鼻の毛穴の黒ずみは洗顔方法と小鼻パックで改善するって本当?

鼻の毛穴の黒ずみは洗顔方法と小鼻パックで改善するって本当?

 

いちご鼻と呼ばれる鼻の黒ずみは、いくら丁寧に洗顔しても落ちないし、綺麗になったとしても擦りすぎて炎症が起きてしまい、ニキビができたり治りにくかったりと、鼻の毛穴の黒ずみの悩みって尽きません。

そこで今回は鼻の毛穴の汚れや、いちご鼻についてお話ししたいと思います。

 

どうにかしたい!毛穴の黒ずみの原因

毛穴に詰まった角栓は洗顔やパックなどケアをしても一時的にはよく見えますが、すぐにまたイチゴ鼻になってしまいます。

どうして、繰り返しできるのでしょうか?

毛穴の黒ずみの原因で一番多いのは角栓の詰まりです。

古くなった皮脂と角質剥がれてそれが混ざり、開いた毛穴に蓄積して角栓になります。

そして角栓は酸化すると表面が黒ずむことから、角栓が詰まるといちご鼻の原因である毛穴の黒ずみになってしまいます。

悪い事だらけのようにも思える角栓ですが、実は角栓は毛穴から雑菌の進入を防いでくれる働きもあります。

私も、以前角栓をとった毛穴にバイ菌が入り炎症したことがありました。

毛穴は綺麗になったけど炎症を起こした箇所がニキビのようになり、しばらく治らず後悔したことがあります。

そしてニキビや炎症などでも毛穴が黒く見えることがあるんです。

その他にも黒ずみの原因として、紫外線によるメラニン色素が毛穴に蓄積して黒くシミのように見える場合もあります。

こういった場合は、肌に優しい化粧水や美容液など使ったり、紫外線対策でUVカットの化粧品を使うなど、食生活でもビタミンを摂取したりすることも大切になってきます。

そして、乾燥で肌の潤いやはりがなくなると毛穴が開いているように見えてしまうので、日頃から肌を乾燥させないように保湿が必要です。

そしてもう1つ鼻の毛穴が黒ずんで見える原因があります。

鼻の毛穴には複数の産毛が生えており、それが毛穴の中で絡まってイチゴの種のように見えたりしてしまうのです。

これは洗顔では取りきれないので、毛穴の産毛が原因でいちご鼻になっている方は通常の方法では諦めるしかありません。

しかし全く方法がないわけではありません。

その方法は脱毛器を使うというものです。

脱毛器を使えば産毛はもちろん普通の毛まで処理できるので、肘や膝の毛が残って黒ずんで見える症状も脱毛器なら力を発揮してくれるはずです。

脱毛器についててもっと知りたい方はこちらもご覧ください。

関連記事:いちご鼻を解消する方法って?脱毛器と黒いブツブツの関係とは

毛穴の黒ずみは毎日のケアが重要です

毛穴の黒ずみの基本的なケアは洗顔と保湿です。

え?これだけ?と思われるかもしれませんが、肌にあまり負担をかけずにケアするには、優しい洗顔と保湿が大事なんです。

洗顔は基本的には朝、晩の1日2回行ないましょう。

まず洗顔料をよく泡立てキメの細かいモチモチした泡を作ります。

そしてTゾーンから優しく洗います。
ゴシゴシ洗うと肌に負担がかかるので優しく優しくを心がけてください。

その後ぬるま湯で、洗顔料の洗い残しがないように充分にすすいで、清潔な乾いたタオルで優しく肌に押しつけて水分をある程度とります。(完全に肌が乾燥するまで拭き取ってはいけません)

そのあと、すぐに保湿!オイリー肌の人も実は乾燥からくる過剰皮脂だったりもするので、保湿は念入りにします。

時間はゆっくりとかけて、化粧水などで保湿していきます。肌に優しく押し込むように、ゆっくりとたっぷり保湿しましょう。

保湿に使った化粧水は、塗った後に肌からすぐに蒸発していってしまうので、保湿クリームで閉じ込める事も必要です!

毎日の基本の洗顔と保湿をしっかり時間をかけて優しくやると、いちご鼻もどんどん気にならなくなります。

毛穴の黒ずみが気になってもケアをし過ぎない

毛穴の黒ずみやいちご鼻が気になると特別なケアをし続けたくなりますよね。

でも「黒ずみやいちご鼻をなんとかしたい」と思ってケアしすぎると逆効果になることがあります。

毛穴の黒ずみやイチゴ鼻のケア用品はさまざま売り出されていますが、よくあるのが小鼻パックです。

貼って剥がすタイプのパックはスッキリした感覚もあるし、取れた角栓が目で確認できるので癖になってる人も多いはず。

私も一時期使用して、3日に一回くらいの頻度で使っていました。

すると、小鼻が乾燥して皮膚がシートと一緒に剥がれたり、毛穴が開いたままで余計イチゴ鼻が目立ってしまったり、角栓の取りすぎで毛穴の炎症も起こりました

ですが、小鼻パックは使用法にさえ気を付ければ、気になる角栓が取れてイチゴ鼻を綺麗にすることもできます。

小鼻パックの使い方

まず、パックの使用頻度は1ヶ月に2回までにしましょう。

やり過ぎると乾燥と皮膚にダメージを与えて肌トラブルになりかねないので、それ以上使ってはいけません。

使用の前には必ず基本の洗顔をして毛穴の周りの汚れをとり、ホットタオルなどで肌を温めて毛穴を開いた状態にシートを張り付けてください。

そして剥がしたあとがとても重要です。

パックを使ったあとの保湿はしっかり時間をかけ行なってください。

パック後の肌は余分な油も取れて乾燥しやすいので、化粧水をたっぷり浸透させたコットンなどを鼻に乗せて5分ほどパックします。

そのあと保湿クリームや乳液を使い、化粧水が蒸発しないように蓋をすれば完成です。

このように使用方法をきちんと守れば毛穴を広げてしまうこともないので、デートや特別な日の前日などに使ってみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

毛穴の黒ずみはケアし続けてもなかなか思ったような結果が出るとは限りません。

私も毛穴の角栓が気になって色々な方法で角栓を取り、肌を痛めては毛穴が広がった経験があります。

一度広がった毛穴は元にはなかなか戻らないので、毛穴を広げないためにも日々の洗顔と保湿やストレスをためない生活、脂質や糖質を取りすぎないような食生活の改善などが大事です。

私の場合は毛穴に対する特別なケアの頻度を少なくして、洗顔方法と保湿を変えてから徐々に毛穴が目立たなくなり、今ではイチゴ鼻で気にすることもなくなりました。

それでもいちご鼻が治らず悩みを抱えている方は脱毛器も1つの方法です。

あなたも日頃のケアで鼻の毛穴の黒ずみから改善させましょう。

家庭用脱毛器カテゴリの最新記事