毛深い子供(幼児)の悩みを解決するとっておきの方法「抑毛」とは

毛深い子供(幼児)の悩みを解決するとっておきの方法「抑毛」とは

子供(幼児)の頃に体毛が濃いとそれだけでいじめられたり、そこまでには至らなかったとしても体毛が濃いというコンプレックスを抱えて毎日を過ごすと考えただけで、親御さんとしてしてはいたたまれない気持ちになりますよね。

そこで今回は「子供(幼児)が毛深くなる原因や対策」についてご紹介します。

子供(幼児)が毛深い原因

子供(幼児)の体毛が濃くなるのは、大きく分けて3つの原因があります。

両親からの遺伝

子供(幼児)の体毛が濃くなるのは両親の遺伝が大きく関係しています。

遺伝以外にもストレスや生活環境の変化で体毛が濃くなる場合もありますが、子供(幼児)の段階ではこれらの影響はあまり関係がありません。

幼少期の体毛の濃さは遺伝が大きく関係しているので、食事や生活習慣を気を付けても、両親の家系が毛深いと子供も必然的に体毛が濃くなってしまいます

病気

客観的に見てあまりに体毛が濃い場合は「多毛症」などの病気を疑った方がいいかもしれません。

多毛症になると、

  • 女性の体毛が異常に増える
  • 生理不順
  • 頭頂部の脱毛
  • ニキビができやすくなる

などの影響が表れるので、子供(幼児)特に女の子の体毛が異常に濃いと感じた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

食生活が偏っている

肉食が多かったりファストフード中心の生活を送っていると体毛が濃くなる傾向にありますが、子供(幼児)の段階で食生活の影響を受けて体毛が濃くなるとはあまり考えられません

そのため、幼少期の体毛の悩みに食生活を改善するという方法はあまりお勧めできません。

ですが、女性ホルモンの生成を促す食品を摂取することで体毛を抑制していくという手段もあります。

体毛を薄くする食品は大豆などの豆類が有名ですが、その中でもオススメなのが”きな粉”です。

きな粉牛乳の作り方

きな粉には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれているので、これを毎日摂取すれば体の中から女性ホルモンの働きを助けて女性のオス化を止めましょう。

きな粉はそのままだと小さなお子様は摂りずらいので、牛乳コップ1杯(200ml)にきな粉を大さじ1杯を加えて混ぜるだけで手軽に摂取することが出来ます。

お好みでハチミツで甘さを調整すると、小さなお子様でも毎日無理なく摂取できるでしょう。

細他にも、

  • 豆腐
  • 納豆
  • 油揚げ
  • 豆乳
  • 醤油
  • 味噌

などもイソフラボンの元である大豆が豊富に使われているので、普段の食事に意識的に大豆を使ったものを多く取り入れると、それだけでお子さんのムダ毛対策になるでしょう

子供(幼児)の体毛を薄くする方法

子供(幼児)の体毛を薄くする方法はいくつかあります。

  • カミソリで剃る
  • キッズ脱毛に通う
  • 体質改善に期待する

などがありますが、上記のいずれの方法も当ブログではオススメしていません

というのもカミソリで剃り続けても体毛が薄くなることは無いし、キッズ脱毛は心身ともに負担をかけるし、思春期(中学生以降)になるとまたムダ毛が生えてきたという話も少なくありません。

体質改善も不確定要素が多すぎるので、今体毛が濃いと悩んでいる子供に体質改善を要求するのも酷な話です

そこで子供(幼児)への負担が少なく長期的なムダ毛対策が出来る「抑毛」を試されることをオススメします。

抑毛とは時間をかけて毛の成長を抑制することで、体毛を産毛のように細く目立ちにくくするという方法です。

使い方も1日2回気になる部分に塗るだけなので、痛みや刺激に敏感な小さなお子様や女の子でも継続して使うことができます

そこで当ブログがオススメする抑毛クリーム(ローション)をご紹介します。

パイナップル豆乳ローション

体毛をなんとかしてあげたいけど費用が気になる」という方にはパイナップル豆乳ローションをオススメします。

パイナップル豆乳ローションは購入する方法にもよりますが、1本あたり2,700円でムダ毛をケアすることができます。

抑毛といえばパイナップル豆乳ローション!というほど有名な商品ですが、注意して頂きたい点があります。

それはパイナップル豆乳ローションと名前や見た目がそっくりな類似品が存在するということです。

パイナップル豆乳ローションの成分や類似品についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:黒ずみはパイナップル豆乳ローションで綺麗になるか調べた結果!

当ブログがオススメするのは鈴木ハープ研究所が販売しているパイナップル豆乳ローションなので、その他の類似品には注意してください。

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

コントロールジェルME

コントロールジェルME

コントロールジェルMEは髭はもちろん全身の体毛を薄くする効果が期待できる抑毛ローションです。

商品の値段が少し高いかな?という印象がありますが、成分表示を見ると、

無香料・合成界面活性剤無添加・人工ジェル化剤無添加・人工着色料無添加

水、イソペンチルジオール、グリセリン、センチフォリアバラ花水、カラギーナン、BG、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロ果皮エキス、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、マルチトール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、エタノール、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ホップ花エキス、ローズマリー葉エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、レモン果実エキス、パパイン、マルトデキストリン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローヤルゼリーエキス、ブッチャーブルーム根エキス、アルニカ花エキス、チャ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クズ根エキス、フユボダイジュ花エキス、パリエタリアエキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、クロレラエキス、メチルパラベン、孔雀石抽出物

コントロールジェルME公式サイト

このように厳選された天然由来成分を配合しているので、肌がデリケートが子供(幼児)でも安心して使うことが出来ます。

22年間販売しているという実績も大きな安心材料になりますね。

新学期までに間に合う、お子様もOKムダ毛対策ジェル


ノイス(NOISU)

ノイス(NOISU)の特徴はなんといっても、ひげ対策専用の抑毛クリームという点です。

今まで全身に使える抑毛ローションはありましたが、ひげ対策(特に女性)に着目して作られている抑毛クリームはノイス(NOISU)だけです。

公式サイトを見る限り女性専用という印象がありますが、男性でも使うことが出来るので、小学生の男の子のひげ対策としてもノイス(NOISU)をオススメします。

>ノイス(NOISU)公式サイト<<

NOISU(ノイス)

抑毛ローションの効果的な使い方

人差し指をたててひらめいた様子

抑毛ローションは塗るだけで簡単にケアできるのが特徴ですが、ただ塗るだけではなかなか小さなお子さんとはいえ効果が出づらくなってしまいます。

そこで抑毛ローションの効果を引き出す使い方をご紹介します。

お風呂上がりに塗る

お風呂上がりは毛穴が開いた状態になるので、有効性分が浸透しやすい状態になります。

また抑毛ローションは化粧水や保湿クリームのような効果があるので、お風呂上がりに塗ると肌の保湿もできて一石二鳥てすね、

体毛を剃った後に塗る

抑毛ローションは体毛を剃った後に塗ると効果を早く実感しやすくなるので、いつもの毛の処理の後に塗ると効果的です。

親子でお風呂に入る場合は親御さんが毛を剃ってあげて、お子さんが1人で入る場合はカミソリやシェーバーの使い方を親御さんがしっかり教えてあげて、お子さんが体毛を処理したら抑毛ローションで保湿をかねて優しくケアしてあげてください。

体を洗った後に塗る

肌に汚れが残った状態で塗ると有効性分が浸透しづらくなるので、必ず体を洗った後に抑毛ローションを塗りましょう

徐毛クリームを使用する場合は石鹸で体を洗ってはいけませんが、抑毛ローションは化粧水扱いなので石鹸やボディーソープを使っても問題ありません。

  1. お風呂に入る
  2. 体毛を剃る
  3. 体をよく洗う

これらは全て浴室で行えるので、お風呂上がりに塗ることを習慣付けてあげましょう

1日2回塗る

抑毛ローションは1日1回だけだと汗や皮脂などによって有効性分が流れてしまうので、朝晩の1日2回を目安にお子さんに塗ってあげましょう

ただし朝は洗顔後に顔に塗ることができますが、その他の部位は朝からお風呂に入らない限り塗ることができないので(※お風呂に入らなくても塗れますが、十分な効果を引き出せないため)、その場合はウェットティッシュで肌表面の汚れを取り除いてあげてから抑毛ローションを塗ってあげてください

ウェットティッシュで汚れを拭き取るだけでも、その後の違いに現れるので、嫌がったり面倒そうにしててもお子さんのために親御さんが責任をもって取り組んであげてくださいね。

重ね塗りやコットンパックも効果的です

こちらは商品のもよりますが、特にパイナップル豆乳ローションは重ね塗りやコットンパックが効果的です

また一般的な抑毛ローションは重ね塗りをしても、白く目立ったり匂いが気になることもないので、多少面倒だと思ってもお子さんのために重ね塗りをしたり口回りの産毛に対してはコットンパックをしてあげましょう

コットンパックに使うコットンは100均で売っているもので十分です。

最も重要なのは継続することです

抑毛はその性質上どんなに早くても2週間、一般的に1ヶ月~3ヶ月はかかると言われているので、その間はお子さんの塗り忘れがないように親御さんがきっちり管理してあげてください。

3ヶ月も面倒だと思いますが、3か月後のお子さんの笑顔を信じて使い続けましょう

体毛の悩みはあるけどそこまで毛が濃くないお子さんだと3ヶ月より早い段階で体毛が目立たなくなるかもしれませんが、体毛が濃いお子さんの場合は最低でも3ヶ月は使い続けてください

毎日正しい使い方をすれば「効果がない」なんてことにはならないので、最低でも3ヶ月は使い続けて体毛が処理回数が減ったり、剃らずに済むようになるので諦めずに結果を信じて使い続けましょう。

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

まとめ

男女に限らず幼少期に体毛が濃いといじめにならなくても、体毛が濃いというだけでコンプレックスを抱いてしまい、楽しいはずの毎日を暗い気持ちで過ごしてしまうことに繋がります。

子供(幼児)の体毛の悩みを解消してあげられるのは親御さんだけなので、多少の手間や費用は掛かっても抑毛を試してみてはいかがでしょうか。

抑毛のように外部から働きかけるのも重要ですが、きな粉牛乳のように身体の内側から働きかけるのも忘れてはいけません。

抑毛ときな粉牛乳で体の内側と外側から女性ホルモンの働きを助けでお子さんの体毛の悩みを解決させてあげましょう。

子供の笑顔を抑毛で取り戻しましょうね。

抑毛カテゴリの最新記事