ムダ毛処理におすすめの商品はどれ?最強除毛クリームランキング!

ムダ毛処理におすすめの商品はどれ?最強除毛クリームランキング!

ムダ毛処理におすすめの商品はどれ?最強除毛クリームランキング!

 

体毛が濃いと毎日のムダ毛の処理って欠かせませんよね。

でも毎日カミソリで剃ると手間がかかるしカミソリ負けを起こして、ヒリヒリしたり出血するなんてことも。

そこで肌を傷めずにムダ毛処理ができる除毛クリームに注目が集まっていますが、どの商品がムダ毛処理に向いているのかを知るのってなかなか難しいですよね。

今回はムダ毛処理に向いているオススメの除毛クリームをランキング形式でご紹介します。

ムダ毛処理に徐毛クリームを選ぶポイント

徐毛クリームを選ぶポイントはいくつかあります。

1つずつ見てみましょう。

安価すぎるものは選ばない

市販の安すぎる徐毛クリームは、

  • 徐毛後の肌のことを考えていない
  • 肌のことを考えている敏感肌用は徐毛力が弱すぎる

市販の安価な徐毛クリームは値段相応の徐毛しかできないので、肌が荒れやすかったり、肌に気を使いすぎて肝心の徐毛ができない場合が多いのが特徴です。

1本千円未満のものは避けた方が無難ですね

内容量は気にしすぎない

内容量が多いとお得感があるから選びたくなりますが、ただ内容量が多ければいいというわけではありません。

そこに徐毛力があるなら量が多いのはいいのですが、徐毛力が弱いのに量があっても再度徐毛する手間はかかるし、何より続けて徐毛してしまうと肌が荒れる原因になるので、ただ内容量が多いからといって優れた徐毛クリームというわけではありません。

内容量が少なくてもいい徐毛クリームはたくさんあります。

徐毛したい部位によってクリームを変える

ひとつの徐毛クリームを購入するとその1本で全ての徐毛しようとしますよね。

確かに腕、足、指毛、脇毛、背中の毛、うなじ、などは1本のクリームでも十分ですが、VIOなどのデリケートゾーンの徐毛は専用のものを使わないと肌が荒れてしまうので、VIOだけは専用のものを選びましょう。

除毛クリームに男性専用・女性専用は存在しない

除毛クリームを見てみると、

  • 剛毛な男性用
  • 男女兼用
  • 女性でも安心

などの言葉が並びますが、基本的に除毛クリームは男女兼用が当たり前だと覚えておきましょう。

男性でも女性でも毛髪に含まれているケラチン(たんぱく質)を分解して除毛するので、男性専用や女性専用といった概念は除毛クリームには存在しません。

ただ違いがあるとすれば、男性の剛毛向けとされているものは保湿成分が少なめだったり、女性向けとされているのは保湿成分が多く含まれている傾向にあります。

保湿成分は無いより合った方がいいのは当然ですが、除毛後は化粧水などを使って肌をケアする必要があるので、保湿成分が多いからといってそこまで除毛に差は生まれません

なので、保湿成分の多さではなく除毛したい部位別に除毛クリームを変えたり、自身に合った除毛クリームを選びましょう。

徐毛クリームの使い方

徐毛クリームの使い方はとても簡単です。

  1. 汚れを拭き取る
  2. クリームを塗る
  3. 10~15分放置する
  4. 拭き取る

基本的な使い方はこのようになりますが、より効果的な使い方をご紹介します。

体を洗う

まず徐毛するときにはお風呂場て行いましょう。

その時に体を洗って余聞な汚れ(皮脂や汗)を落とすのですが、石鹸などは使わずに必ずお湯だけで洗い流しましょう。

石鹸などのアルカリ成分が含まれているもので洗ってしまうと、徐毛クリームと化学反応を起こして肌荒れトラブルになる可能性があります。

なので、シャワーのお湯だけを使って体についた汚れを洗い流しましょう。

お風呂に浸かる

お風呂に浸かることで毛穴が開いて徐毛クリームの有効性分が根元まで作用しやすくなり、より長期間徐毛を実感できるようになります。

またVIOなどのデリケートゾーンを徐毛したあとは拭き取るだけでなく洗い流す必要があるので、入浴の際に徐毛するとお手入れも簡単になります。

風呂から上がったらタオルで水気を拭き取る

体に残った水分を入念に拭き取りましょう

水分が残っていると塗りムラができてしまい、徐毛に失敗する原因になってしまいます。

それを避けるために肌に残った水分を乾いたタオルで丁寧に拭き取りましょう。

徐毛クリームをたっぷり塗る

もったいないからと思って徐毛クリームの量を減らすと徐毛残しになり、1日空けてから再度徐毛しなければなりません。

それを避けるには毛がクリームで覆い隠されるくらいたっぷり塗るのがコツです。

可能なら(男性は特に)ラップを巻く

ラップを巻くのはクリームを均一にして徐毛の有効性分が毛穴に浸透しやすくなるので、剛毛な方は特にラップを巻いて時間を調節すると徐毛に成功しやすくなります。

ケースベールリムーバー

ラップを巻くと徐毛の成功率が上がるだけでなく、徐毛クリームの節約にもなるので剛毛な男性は試してみましょう。

徐毛時間は決められた通りに

徐毛の放置時間は決められた通りにしましょう。

もし10~15分ならそれ以上は絶対に時間を伸ばさないでください。

部位別の徐毛時間の目安

通常が10~15分なら、

  • 腕と足の目安は15分
  • 脇毛の目安は15~20分
  • うなじの目安は10分程度
  • 指毛の目安は10分以下
  • VIO
  • Vラインの目安は10~15分
  • Iラインの目安は10分以下
  • Oラインの目安は10分以下

このように、放置する時間は使用する部位によって変わります。

脇毛はなかなか綺麗に処理しきれないので、少し長めに放置してください。

IOラインは10分以下として、毛が残った場合は1日空けてから再度徐毛するとツルツルになります。

徐毛後はクリームを完全に洗い流す

徐毛後は拭き取るだけでもOKと描いてあるところもありますが、クリームを洗い流さないとベタベタしたり、肌が荒れてしまう原因になります。

特にVIOの徐毛をしたあとは石鹸などは使わずお湯だけでクリームを完全に洗い流しましょう。

VIOにクリームが少しでも残っていると肌が荒れてしまいます

徐毛後は化粧水などで保湿をする

徐毛後は肌がダメージを受けた状態になっているので、化粧水なとを使って肌を優しくケアしてあげましょう。

特にVIOは肌かダメージを受けた状態を放置すると、乾燥したりあそこか黒ずんで見えてしまいます

なので、除毛後はアルカリ性ではない化粧水や保湿クリームを塗って、VIOを優しくケアしましょう。

ムダ毛処理におすすめの除毛クリームランキング!

除毛は個人差はありますが、1週間~2週間おきに使わなければツルスベな状態を維持できないので、除毛力はもちろんある程度のコスパも求められます。

そこで当ブログがオススメする除毛クリームを選びました。

ランキングの基準は「除毛力」「コスパの良さ」です。

第1位 NULLリムーバークリーム

1位はダントツでNULLリムーバークリームです。

NULLリムーバークリームは「Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング」でも年間を通して「脱毛クリーム・ボディケア部門・除毛剤・ワックス・クリーム部門」など、各部門1位という驚異的な人気を誇る除毛クリームです。

NULLリムーバークリームで除毛出来る部位は、

  • 手や足の指
  • 手や足の甲
  • お腹
  • 背中

など、NULLリムーバークリームの内容量は200gなので、NULLリムーバークリーム1本あればほぼ全身の除毛が可能になります。

ただしVIOなどのデリケートゾーンには使えないのでご注意ください。

塗るだけ簡単!剛毛もごっそりスピード除毛!


第2位 ソランシアリムーバークリーム

ソランシアリムーバークリームもNULL同様、剛毛な男性をターゲットに作られているので、その除毛力には申し分ありません。

違いがあるとすれば内容量と価格でしょうか。

ソランシアの内容量は250g価格が2,980円で販売されています。

ソランシアにはスポンジとヘラが付いてこの価格です。

商品名は違いますが、実際はどちたも優れた除毛力を持っているので、お好みの方を選んでいただいて問題ありません。

ただしNULLとソランシアはクリームの質に多少違いがあります。

どちらかというとNULLは水気が多く、ソランシアはしっとりしている感じですね。

なので、除毛しやすいのはソランシアリムーバークリームだと言えます。

とはいえ、NULLとソランシアどちらを選んでも綺麗に除毛は出来るので、やはりお好みで選んでいただく形になります。

楽天3冠獲得のメンズ除毛クリーム【ソランシアリムーバークリーム】

第3位 ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムの特徴はなんといってもVラインに使えるということです。

ほとんどの除毛クリームはVラインにすら使うことを薦められていないので、これはかなり大きな判断材料だと言えます。

さらにディー・レジーナ・エピ・プレミアムは除毛だけでなく抑毛効果が期待できるので、面倒なIOラインの除毛もディー・レジーナ・エピ・プレミアムが1本あれば楽々処理出来てしまいます。

ただし内容量が150gと少し少ない印象があるのでこの順位としました。

Dレジーナ エピ プレミアム

第4位 プレミアムリムーバーミルク

プレミアムリムーバーミルクの特徴は「アロエエキス・大豆エキス・カッコンエキス・サクラ葉エキス」など、除毛中や除毛後の肌のことを徹底的に考えて作られた除毛クリームです。

成分の中に女性ホルモンと似た働きをする「大豆エキス」が配合されているので、除毛だけでなく抑毛にもつながるのではと期待されています

内容量が150gなのが少し残念な点ですが、セットコースや定期コースを利用すれば問題なさそうです。

プレミアムリムーバーミルク

VIO(デリケートゾーン)に使える除毛クリーム

一般的な除毛クリームはVIO(デリケートゾーン)に使うことが認められていないので、これまでのようにカミソリで剃ったり毛抜きで抜く、もしくは自己責任でVIO(デリケートゾーン)に使うしかありませんでした。

しかし最近VIO(デリケートゾーン)に使える除毛クリームが一般の人でも買えるようになりました。

ケースベールリムーバー

VIO(デリケートゾーン)に使うことが公式に認められているのがケースベールリムーバーです。

ケースベールリムーバーには、

  • 毛を分解する有効成分「チオグリコール酸Ca」
  • メラニンの生成を抑えて、シミやくすみをブロック「サクラ葉抽出液 」
  • シミや黒ずみの元となるメラニンを抑制する「ダイズエキス」
  • 美白、保湿成分が期待できる植物性プラセンタ「バイオアンテージ」
  • 除毛で傷んだ肌に潤いを取り戻す「尿素」
  • 炎症を抑えてダメージから肌を守ってくれる「グリチルリチン酸2K」

これらの有効成分を配合していることで、肌が敏感なVIO(デリケートゾーン)も安心して毛を取り除くことができるんです。

内容量が120gと他の除毛クリームに比べて少ない印象はありますが、それだけ厳選された成分を使っている証拠なんですね。

ケースベールリムーバー

剛毛な男性にはブラジリアンワックスもあり

いくら優れた徐毛クリームでも剛毛な男性が使うと、根本が残ったり黒いぶつぶつに見えたりすることも少なからず起きてしまいます

そこで剛毛な男性は徐毛ではなくブラジリアンワックスを選ぶのも面白いかもしれません。

ブラジリアンワックスは毛根から確実に引き抜くので、毛が再生される時期も伸ばせるし使い方さえ間違えなければ剛毛な男性はもちろん、VIOの脱毛だって簡単にできてしまいます。

男性が特に気になるのはOライン(肛門周りの毛)ですよね

このOラインは徐毛クリームでもブラジリアンワックスでも綺麗に取り除くことが出来るので、剛毛な男性は徐毛クリームだけでなくブラジリアンワックスも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

まとめ

除毛クリームはカミソリと毛抜きの中間のような商品で、カミソリよりも長く除毛状態を保ち、毛抜きほどじゃないけど表面より下の部分までしっかり毛を取り除くことが出来ます。

さらに抑毛効果が期待できる除毛クリームを使えば、即効性もあるし長期間毛の処理をしなくて済む状態にもっていくことが可能です。

ご自身に合った最適な除毛クリームを見つけて、ムダ毛の無いつるつるな肌を保ちましょう。

ケースベールリムーバー

除毛クリームカテゴリの最新記事