女性で髭が青く見える原因は?脱毛ではなく抑毛を薦める本当の理由

女性で髭が青く見える原因は?脱毛ではなく抑毛を薦める本当の理由

女性で髭が青く見える原因は?脱毛ではなく抑毛を薦める本当の理由

 

「女性なのに青いひげが生えてきてしまう・・・」女性にとってはかなり深刻な悩みですよね。

好きな人に「あれ?髭青いよ?」なんて言われた日には、恥ずかしくて二度と立ち直れそうにありません。

デリケートな悩みなので、なかなか人にも相談できず1人で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ネットで調べれば最終的には「脱毛しましょう」と書かれていますが、金銭的な負担や恥ずかしさから、なかなか行けないという人もいるはずです。

一体どうしたらいいのでしょうか。

女性なのに髭が青く見える原因

そもそもなぜ女性なのに青いひげが生えてきてしまうのか、その理由からみていきましょう。

毛根が透けて見えてしまう

まずは視覚的な理由です。

いくら表面の髭を処理したところで、毛根から根こそぎ剃ることはできません。

髭自体は産毛でも、その毛根は意外にしっかりしています。

もともと口の周りには細かい毛穴が密集しているのですが、そこに残った毛が肌から透けて見えることで、どうしても青ひげのように見えてしまうのです。

男性ホルモンの影響

「急にひげが濃くなってきた」という方の場合、男性ホルモンが過剰に分泌されていることが理由として考えられます。

女性でも男性ホルモンはもともとあるのですが、通常は女性ホルモンの方が優位に立っているため、男性ホルモンの影響はあまり受けません。

ですがホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが優位に立ってしまうと、体毛が濃くなることもあるのです。

このホルモンバランスの崩れの原因として、特にストレスが考えられます。

なるべくストレスを溜め込まない生活を心がけましょうと言いたいところですが、それができたら誰も苦労はしませんよね。

女性は髭をどのように処理している?

では実際みんながどんな風に青いひげに対処しているのか、その方法をご紹介していきます。

シェービングで剃る

まずもっとも手っ取り早いのが、剃るという方法です。

カミソリや電動シェーバーなど人によって剃り方はさまざまですが、剃る方法では青ひげが改善したり無くなることはありません

剃る方法は手軽だし費用も掛からないので今生えている髭を取り除きたいのであればうってつけの方法ですが、剃り続けることで肌を傷付けてしまうこともある、そのダメージが蓄積されることで、今度は色素沈着の原因にもなってしまいます。

そうなると余計ひげが青く目立ってしまうことにもなりかねないので、剃ったり抜いたりという自己処理はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

メイクで隠す

刃物を使った剃る方法と同じように簡単にできるのが、メイクで隠すという方法です。

女性が青いひげに気付いたら、今すぐどうにかしたいと思うものです。コンシーラーやファンデーションなどで隠そう隠そうとするその気持ち、とてもよく分かります。

ですが実際、いくらコンシーラーやファンデーションを塗っても、青ひげを完全に隠すことはできないし、それに一時的に青ひげを隠すことが出来ても「その場しのぎ」にしかならないし、常にメイクの状態を気にしないとメイクが落ちていて青ひげが目立っていたなんてことにもなりかねません。

一時的に隠せたとしても時間の経過とともにまた目立ってきてしまいますし、その度メイクを重ね塗りすることで、逆に肌のダメージとなってしまうこともあります。

脱毛サロンに行く

自分で処理できないとなると、やはりプロに脱毛してもらうのがもっとも有効的なのではないかと思えてきますが、に関しては必ずしもそうとは言い切れません

レーザー脱毛は脇や足などの太い毛の脱毛は比較的簡単に処理できますが、口周りの産毛はレーザーに反応しにくいため効果を実感しにくいのです。

さらに青ひげと認識できてしまう程の濃い髭の脱毛は時間もかかるし、それに比例して費用もかかり、付け加えると永久脱毛をしたからといって生涯髭が生えなくなるわけではなく、個人差はありますが時間と共に再び毛が生えてきたという話もよく耳にします

これは家庭用の脱毛器も同様です。

コストの割に、期待していたような効果が得られなかったということもあります。

女性の青ひげ対策でオススメの方法

髭は剃ってもメイクで隠しても根本的な青ひげ対策にはなりません。

そこでオススメしたいのが抑毛という方法です。

抑毛とは1ヵ月~3ヵ月の時間をかけて徐々に毛を細く目立たな状態にもってく方法なので、髭が生えているという認識をされないから青ひげにもならなくなります

抑毛に関する商品は数多くありますが、効果が無かったりコスパが悪い商品もあるのでどれを選べばいいか分からない方も多いはず。

そこで当ブログが自信をもってオススメする抑毛クリームを2つご紹介します。

ノイス(NOISU)の抑毛クリーム

まずご紹介したいのが、ノイスの抑毛クリームです。

こちらは、女性のひげ専用の抑毛クリームとして開発されたものなので、しっかりと女性の悩みに応えてくれます。

女性のひげの原因となるホルモンバランスの乱れに着目し、女性ホルモンと似た成分を配合しているのでムダ毛のケアだけでなく、ぷるるんとした美しい肌に導いてくれます。

さらに香料や着色料、パラペン、アルコールなどの肌に刺激を与えてしまうものが含まれていないので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

使用法も、朝と夜の洗顔後、いつものスキンケアの前にひと塗りするだけなので、時間も手間もかかりません。

そしてもし商品に満足できなかった場合は、無期限の全額永久返金保証がついており、例え使い切っていたとしても支払い金額を全額返金してくれるので、これなら安心して試してみることができますね。

ノイス(NOISU)

NOISU(ノイス)

コントロールジェルME

そしてもう一つおすすめしたいのが、コントロールジェルMEです。

コントロールジェルMEは顔だけでなく全身の抑毛にも使えるので、1本で気になるすべてのムダ毛対策をすることができます。

こちらも使用法は朝と晩に塗るだけですが、ゴシゴシと塗りこまなくてもスーッと肌になじむので、ストレスなく使用することができます。

もし顔だけに使用するなら、1本で2〜3ヶ月もつのでコスパがいいもの特徴の一つです。

また主原料は天然植物成分なので、小学生やそれ以下の小さなお子様でも使えるのも嬉しい特徴なんです。

コントロールジェルMEは60日間の返品保証が付いているので、例え開封後や使用後でも返金制度を利用すれば初回分の商品代金を返してもらうこともできます。

毎日のムダ毛処理でヒリヒリお肌のあなたに
↓↓↓
お肌ダメージゼロ ムダ毛対策ジェル


 

まとめ

  • 女性でもひげが青いのは、毛穴が肌に透けて見えることや、ホルモンバランスの崩れが原因
  • シェービングやメイクで隠す方法は、肌にとって負担となるのでおすすめできない
  • 脱毛も、産毛はレーザーに反応しにくいので、必ずしも期待通りの効果が実感できるとは限らない
  • 髭のムダ毛対策なら抑毛クリームがおすすめ
  • ノイスは女性のひげ対策専門に作られている
  • コントロールジェルMEは全身の抑毛ができる

青いひげの悩みがなくなれば、精神的にもとても前向きになれますよね。

1人で悩み続けるより、まずは実際に試してみましょう。

抑毛カテゴリの最新記事