VIOをケースベールリムーバーで綺麗に徐毛する正しい使い方

VIOをケースベールリムーバーで綺麗に徐毛する正しい使い方

ケースベールリムーバーの公式サイトによると、デリケートにも使用可能と表記されているので、VIOも綺麗に徐毛することができるのでしょうか?

また特別な使い方は必要なのでしょうか?

そこで今回は「ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に徐毛するコツ」をご紹介します。

本当にケースベールリムーバーはVIOに使える?

デリケートゾーンに使えると言われているケースベールリムーバーは本当にVIOにも使えるのでしょうか?

その疑問の答えは公式サイトにありました

下記の画像をご覧ください。

ケースベールリムーバーがデリケートゾーンに使えることを説明する二人の女性

このようにハッキリとデリケートゾーンに使えると明記されています。

デリケートゾーンはVIOのことなので、VIOの徐毛にケースベールリムーバーが使えるということなんです。

これは女性だけでなく男性にも当てはまるので、男女の陰部がケースベールリムーバーで綺麗に徐毛できてしまうんですね。

ケースベールリムーバーはVIOに使えることは分かりましたが、ただ塗っただけでは縮れた陰毛を綺麗に取り除くのは難しいかもしれません

そこでケースベールリムーバーでVIOを綺麗にするコツとをご紹介します。

ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に処理するコツ

ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に処理するためには、徐毛前の準備を怠ってはいけません

コツ①お風呂に入る

ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に処理するためには、 お湯に浸かって体を温めて毛穴を開いた状態にしましょう。

シャワーで済ませる人もいるかしれませんが、綺麗に徐毛するにはお風呂に浸かって毛穴を開かせることが必須なので、お風呂に入って体を温めて毛穴も開きやすい状態にすることが大切です。

コツ②陰部をお湯だけで洗う

ケースベールリムーバーで徐毛する前は石鹸などは使わず、お湯だけで陰部を洗いましょう

石鹸などのアルカリ性のものを使ってしまうと除毛クリームと化学反応を起こして肌が荒れる原因になってしまいます。

そのため除毛クリームを使う前は必ずお湯だけで陰部の汚れを落としましょう。

公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

コツ③肌についた水滴を拭き取る

VIOを洗い終わったら肌についた水滴をタオルなどを使って綺麗に水気を拭き取りましょう

肌に水分が残っていると、クリームが垂れて塗りムラができてしまい除毛に失敗する原因に 。。

そのため、肌についた水気はタオルで十分に拭き取ってください。

コツ④クリームをたっぷり塗る

クリームがもったいないからと言って塗る量を減らすと、綺麗に毛が取り除けなくなり除毛に失敗する原因になってしまいます。

そのため、クリームで毛が覆い隠れるくらいたっぷり塗って一度で綺麗に除毛をしましょう

コツ⑤放置時間を少し短く調節する

VIO にクリームを塗ったら通常の放置時間よりも少し短めで様子を見ましょう。

陰毛は毛が太くて縮れているので放置時間を長めにしがちですが、陰部は肌が敏感なので始めは放置時間を短めにして、ある程度慣れたら放置時間を長めにするなどの調節をしてください。

コツ⑥シャワーでクリームを完全に洗い流す

VIOの除毛が終わったらクリームをシャワーで完全に洗い流してください

この時に少しでもクリームが残っているとVIO がが荒れやすくなるので、この時も必ず石鹸などは使わずにシャワーのお湯だけでクリームを完全に洗い流してください

くれぐれも VIOの徐毛後は、クリームをタオルで拭き取っただけで放置してはいけません。

クリームが竿の先や陰部の粘膜付近に残っていると肌が荒れてしまうので非常に危険です。

VIOの徐毛後は拭き取るだけではなく、必ずシャワーで洗い流しましょう。

コツ⑦徐毛後は化粧水や保湿クリームを塗る

ケースベールリムーバーには保湿成分がたっぷり配合されていますが、 徐毛後の肌はダメージを受けた状態なので、化粧水または保湿クリームを使って優しくケアしましょう

この時に化粧水の代わりとしてパイナップル豆乳ローションを使うと抑毛もできて一石二鳥ですね!

関連記事:効果なし!パイナップル豆乳ローションでムダ毛が薄くならない本当の理由

コツ⑧徐毛に失敗しても連続で徐毛しない

除毛残しができたとしても続けて除毛しようとはせず、最低でも1日開けて肌を休めてから再度徐毛してください。

続けて徐毛すると肌がヒリヒリしたり痒くなるなどの肌トラブルが起こってしまいます。

毛が残って気になる場合でも、必ず1日以上開けてから再度徐毛し直してください。

ケースベールリムーバーでVIOの徐毛を行う時の注意点

大きくバツを表示する女性

ケースベールリムーバーはVIOの徐毛に使えるほど肌に優しい成分で作られていますが、それでもVIOの徐毛は注意しなければなりません。

Vラインの注意点

Vラインは特に注意することはありません

しいて言えばIOラインの前の準備という気持ちで徐毛するといいかもしれません。

徐毛の放置時間は少し長め、クリームは毛が覆い隠れるくらいたっぷり塗ってください。

あとは、シャワーで洗い流して保湿をすれば完了です。

公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

Iラインの注意点

男性であれば棹の先端にクリームがつかないように注意すれば簡単に徐毛できてしますが、女性はクリームが粘膜部分に付着しないように細心の注意を払わなければなりません

女性がVIOの徐毛をする場合は常に目視をしてクリームが粘膜部分付着しないようにしましょう。

男女共にIラインの除毛が終わったら拭き取るだけでは不十分なので、シャワーを使ってクリームを完全に洗い流しましょう。

Oラインの注意点

Oラインは男女とも全く目視できないので、鏡を床に置いて目視するか手探りで塗らなければなりません。

鏡を床に置いて目視しながら塗るというのは面倒だと思うので、肛門の穴の中にクリームが入らないように気をつければ比較的安全に徐毛を行うことができます。

Oラインも他の部位と同様に除毛に失敗しても続けて除毛しようとはせず、最低でも1日空けて再度除毛を行ってください。

またOラインの除毛後も化粧水や保湿クリームを使って優しくケアしましょう。

まとめ

ケースベールリムーバーでVIOを徐毛することはそんなに難しくありません。

陰毛のような縮れた毛でも、

  • お風呂に入って毛穴を開かせる
  • 石鹸を使わずに洗う
  • 体についた水気を完全に拭き取る
  • クリームをたっぷり塗る
  • 徐毛時間は少し短めに
  • お湯だけでクリームを完全に洗い流す
  • 保湿をする

また、各部位の注意点も、

  • VラインはIOラインの前哨戦の気持ちで
  • Iラインは粘膜部分にクリームが付着しないように、常に目視し続ける
  • Oラインは鏡を床に置くか、手探りで塗る場合でも肛門の穴にクリームが入らないように気を付ける

これらを守ればケースベールリムーバーでVIOを綺麗に処理することができます。

あなたもケースベールリムーバーを使ってVIOを綺麗にしちゃいましょう!

ケースベールリムーバーカテゴリの最新記事