ケースベールリムーバーは男でも効果がある?剛毛でも徐毛可能?

ケースベールリムーバーは男でも効果がある?剛毛でも徐毛可能?

ケースベールリムーバーといえばVIOなどのデリケートゾーン用の徐毛クリームのイメージかありますが、男性で特に剛毛な人でも徐毛効果を実感できるのでしょうか?

そこで今回は「ケースベールリムーバーは男でも効果がある?剛毛でも徐毛できる?」などケースベールリムーバーの気になることを検証してみました。

ケースベールリムーバーは男でも使える?

ケースベールリムーバーは デリケートゾーン に使える除毛クリームなので男性の太い毛に対しては効果が薄いような気もしますが、ケースベールリムーバーの徐毛時間は5分~となってあるので、徐毛の放置時間だけ見ると通常の徐毛クリームとあまり変わりません

放置時間が変わらないというのであれば徐毛効果も他の徐毛クリームと同じなので、男性でも問題なく使えるということが分かりました。

そしてケースベールリムーバーの有効成分もチオグリココール酸という毛髪を柔らかくして取り除きやすくする働きがあるので、剛毛な男性に対しても徐毛効果があると言えます。

さらにケースベールリムーバーはデリケートゾーンにも使えるので、男性の陰部やOライン(肛門の毛)に対しても十分な徐毛効果を発揮してくれるでしょう。

これらのことから男性でもケースベールリムーバーの効果を実感できるのは確かなようです。

公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバーは男性の髭に使える?

鏡を手にもって口元の髭を気にする男性

男性にとって毎日の髭処理は欠かせませんが、毎日剃るということは常に肌を傷つけてしまい、カミソリ負け、黒ずみ、傷から細菌が繁殖してニキビの原因になることも。

そこでデリケートゾーンに使えるほど肌に優しい成分で作られているケースベールリムーバーであれば髭の徐毛に疲れそうな気がしますが、残念ながらケースベールリムーバーで髭の徐毛は出来ません。

無理矢理使おうと思えば使えるでしょうが、肌荒れのリスクを考えると髭の徐毛にケースベールリムーバーを使わない方が懸命でしょう。

これはケースベールリムーバーに限ったことではなく、全ての徐毛クリームに言えることなので、ケースベールリムーバーだけが髭の徐毛に使えないのが特別というわけではありません。

また、髭はもちろん眉毛や顔全体に使うことは非常に危険なので、男性で肌が強いと思っていても顔にだけは使ってはいけません

髭の処理が面倒だったりカミソリ負けを起こす方は徐毛クリームではなく、 髭専用の抑毛クリームを使って髭を薄くしてみてはいかがでしょうか

関連記事:効果が気になる!髭が薄くなる市販の抑毛ローション最強5選

髭専用の抑毛クリームであれば髭を剃る回数も減りますし、カミソリ負けやニキビができにくい肌を作り上げることもできるでしょう。

ケースベールリムーバーの使い方

ピンク色のアルファベットのO

ケースベールリムーバーの使い方は他の除毛クリームと同様「塗って、放置して、洗い流すだけ」なのですが、より効果的に除毛がしたいなら以下の手順を参考にしてください。

必ず入浴後に塗る

入浴後に塗る理由は毛穴が開いて皮脂などの汚れが取り除かれているからです。

これはケースベールリムーバーだけでなく他の除毛クリームにも言える事なのですが、除毛クリームは肌に皮脂や汗、古い角質といった汚れが付着していると綺麗に除毛しきれず、毛が中途半端に残って黒いポツポツ見える原因になってしまいます。

これが入浴後にケースベールリムーバーを使うと余分な汚れが落ちて毛穴が開いた状態で除毛できるため、女性より体毛が濃い男性でも除毛効果を十分に実感できるでしょう。

そして除毛後はクリームを拭き取るだけだと肌荒れを起こす可能性もあるので、浴室で使えば除毛後にクリームを洗い流すことができるため、除毛クリームを使う場所としてお風呂場は最適な場所なんです。

Oラインに使うなら肛門にクリームを付着させない

男性でケースベールリムーバーを使用する目的としてOライン(肛門付近、けつ毛)の除毛が目的で購入する方が多いと思いますが、いくらデリケートゾーンに使えるケースベールリムーバーでも肛門に直接クリームを塗ってしまうと肌荒れを起こす可能性が高いので、なるべく肛門にクリームを付着させないようにしてください。

Oラインの除毛は目視できないので手探りで塗ることになります。

Oラインの除毛の手順は、

  1. お尻をよく洗う(石鹸等は使わない)
  2. お尻の水けを完全に拭き取る
  3. 素手でOラインの毛が生えている場所を確認する
  4. 肛門にクリームが付着しないようにしながら、先ほど確認した箇所にクリームを塗る
  5. 放置時間は10分程度(心配なら半分の5分で様子を見る)
  6. 必ずお湯を使ってクリームを完全に洗い流す
  7. 化粧水や保湿クリームを塗る

玉袋付近の毛も上記の流れで行うと綺麗に毛を取り除けますが、玉袋は肌荒れを起こしやすい部位なので、放置時間を最初は5分程度で痒くなったりヒリヒリしないかどうかを確認して、問題が無いようであれば10分程度放置すれば肌荒れのリスクを最小限に止められます

まとめ

男性でもケースベールリムーバーで問題なく徐毛できてしまいます。

さすがに髭の徐毛には使えませんが、スネ毛や陰部の毛であれば徐毛できるでしょう。

ただし男性の毛は剛毛であることが多いので、

  • お風呂に浸かる
  • 体を洗う
  • 放置時間を少し長めにする

などの工夫をすれば、剛毛な男性でもムダ毛を処理できるはずです。

ケースベールリムーバーは公式サイトでしか購入できません。

ただしこれからの時期は徐毛クリームが品薄になるので、早めにまとめ買いをして陰毛はもちろん、気になる部分の毛を取り除いてくださいね。

公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバーカテゴリの最新記事