パイナップル豆乳ローションの使い方を顔、脇、肘膝の部位別にご紹介

パイナップル豆乳ローションの使い方を顔、脇、肘膝の部位別にご紹介

パイナップル豆乳ローションといえば腕や足はもちろん、顔の眉毛や髭の抑毛、脇毛の抑毛、肘や膝の黒ずみの回診など幅広い効果を実感できる抑毛ローションとして知られていますが、顔、脇、肘や膝、それぞれの効果的な使い方とは何なのでしょうか?

そこで今回は「パイナップル豆乳ローションの使い方を顔、脇、肘膝」の部位別の使い方を詳細に紹介したいと思います。

パイナップル豆乳ローションを持っている方もこれから購入する方も是非参考にしてくださいね。

パイナップル豆乳ローションの顔への使い方

頬に手を当てて微笑んでいる女性

パイナップル豆乳ローションは全身に使えるので 顔にももちろん使えます

顔への使い方は以下の通りです。

  1. 顔を洗顔料を使って洗う
  2. 髭や眉毛を薄くいたい場合は、髭は剃る
  3. 温かいお湯ですすぐ
  4. 顔に付いた水分を拭き取る
  5. パイナップル豆乳ローションを塗る
  6. 重ね塗りやコットンパックが効果的
  7. これを1日2~3回繰り返します

このようになります。

パイナップル豆乳ローションを化粧水として使うのであれば顔を洗ったあとに塗るだけでも問題ありませが、髭や眉毛を薄くしたいと思ったらその部分の毛を剃る必要があります。

顔の産毛が気になる場合はパイナップルローションを重ね塗りしただけでも効果を実感できますが、髭や眉毛を薄くしたいと思ったらパイナップル豆乳ローションを染み込ませたコットンを髭や眉毛に密着させて5分~10分放置して有効成分を染み込ませましょう。

重ね塗りも有効ですが、より効果を発揮させたいならコットンパックが一番です。

髭や眉毛が気にならない方でもパイナップル豆乳ローションは化粧水としての役割も優秀なので 、今使っている化粧水をパイナップル豆乳ローションに変更するだけで肌荒れを防ぎ、キメを整えたり皮膚の水分や油分を保つ効果が期待できます。

これだけでも顔に使う化粧水をパイナップルローションに変更する利点は大いにありそうです。

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

パイナップル豆乳ローションで脇を抑毛する使い方

腕を伸ばして脇を見せている女性

脇毛は剃ってもチクチクするし剃り続けたとしても脇毛が薄くなることはないので、パイナップル豆乳ローションのような抑毛アイテムを使って 脇毛が細く短くそして処理の簡単な状態に持っていくことが理想です。

脇を抑毛するポイント

  1. 脇をよく洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. 毛穴が開いたら徐毛クリームで脇毛を徐毛する
  4. 徐毛クリームを洗い流す
  5. 脇に付いた水分を綺麗に拭き取る
  6. コットンに染み込ませたパイナップル豆乳ローションを脇に挟む
  7. 10分程度経ったらコットンを取る
  8. これらを1日2回ほど繰り返す(徐毛クリームは数日に1回で十分です)

顔の抑毛と違う点は除毛クリームを使うことです

顔に除毛クリームが使えないということもありますが、除毛クリームを使った方が毛穴の奥まで有効成分が浸透し、脇毛を取り除いてくれるのでパイナップル豆乳ローションの有効成分が脇毛に邪魔されず毛穴の奥まで浸透しやすくなるからです。

また除毛クリームを使うとカミソリで剃ったようなチクチクした感じがしなくなるため、抑毛前に除毛クリームを使うことをオススメします

除毛クリームとパイナップルローションを併用して大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、パイナップル豆乳ローションは化粧水の扱いなので除毛クリームと併用しても全く問題ありません

むしろカミソリを使うと肌にダメージを与えてしまい、脇が黒ずんで見えてしまうので徐毛クリームを作った方が安全に脇毛を処理できるんです。

パイナップル豆乳ローションと併用する除毛クリームはミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームをお勧めします。

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームは、あの美容脱毛サロンミュゼプラチナムが監修をした除毛クリームです。

この除毛クリームの特徴は、

  • Vラインに使える

  • 放置時間が5~10分で済む

  • 8種類の保湿成分が配合されている

  • 内容量が200g

このように脱毛のプロが作った徐毛クリームですし、内容量も200gも入っているので、脇だけでなく腕や足の徐毛も簡単にできてしまいます

パイナップル豆乳ローションとミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームは最強のコンビだといっても過言ではありません。

興味のある方は是非どうぞ。

◆公式サイト↓

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

パイナップル豆乳ローションで肘や膝の黒ずみを改善させる方法

膝を手で抱えている女性

肘や膝が黒ずんでしまう原因は大きく分けて5つあります。

  • 摩擦
  • 刺激
  • 圧迫
  • 乾燥
  • 紫外線

肘や膝は肌を守る皮脂線の量が少ないので、摩擦、刺激、圧迫などを受け続けると、体が身を守るためにメラニン(色素沈着)を放出し、それが肘や膝が黒ずんで見える原因になっているんです

この黒ずみはターンオーバーによって改善するのですが、先程も言ったように 肘や膝には皮脂腺が少ないため乾燥を起こしやすくなり、また紫外線によるダメージも受けてしまうため対策を行わない限り肘や膝の黒ずみが改善することはありません。

そこで肘や膝の黒ずみの改善が期待できるのはパイナップル豆乳ローションに含まれているイソフラボンです。

パイナップル豆乳ローションに含まれているイソフラボンでホルモンバランスが整うと、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されて肌がうるおい、肌の防御機能が向上します

それと同時にターンオーバーのサイクルが整うと、表皮にあるメラニン色素をきちんと排泄してくれるため肘や膝の黒ずみの改善に繋がるというわけです。

パイナップル豆乳ローションで肘や膝の黒ずみを改善させる手順は、

  1. お風呂に浸かる
  2. 肘や膝をお湯だけで洗う
  3. 肌に付いた水分を拭き取る
  4. 徐毛クリームで肘と膝を徐毛する
  5. 10分程度放置したらシャワーで洗い流す
  6. 肘と膝にパイナップル豆乳ローションを重ね塗りをする
  7. これを1日2~3回繰り返します(徐毛クリームは毎回する必要はありません)

他と違う点は徐毛クリームで肘や膝の毛や皮膚を柔らかくしてその後にパイナップル豆乳ローションを重ね塗りをすると奥までイソフラボンを含む有効性分が浸透しやすくなり、効果を実感しやすくなります

こちらも徐毛クリームはミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームが適していると思われます。

内容量も200gあるので、脇のついでに肘や膝に使ったとしても足りなくなる心配は済むでしよう

ちなみにミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームは単品で買うと定価で送料もかかるので、2本セットで購入すると10%オフになり、送料も無料になるので、2本セットで購入するのがオススメです。

そして肘や膝の黒ずみにはパイナップル豆乳ローション1本では心もとないので、こちらは3本セットがいいのではないでしょうか。

◆公式サイト↓

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

まとめ

髭の抑毛を行い場合だけコットンパックを使いますが、パイナップル豆乳ローションで顔の抑毛をするのはあまり難しくありません。

脇毛や肘や膝の黒ずみのを行う場合はただ塗るだけや剃る方法は使わず、徐毛クリームを併用することで肌への負担を最小限きしながら抑毛や黒ずみを改善する効果が期待できます。

これらの使い方をして、パイナップル豆乳ローションで抑毛や黒ずみの気にならないあなたを手に入れてくださいね。

パイナップル豆乳ローションカテゴリの最新記事