ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に除毛する使い方【完全版】

ケースベールリムーバーでVIOを綺麗に除毛する使い方【完全版】

デリケートゾーンに使えることで有名なケースベールリムーバーですが、いくら正式に認められているとはいえ使い方を誤ってしまうと除毛に失敗したり肌が荒れる原因になってしまいます。

ではVIOの正しい除毛手順とはどのようなものなのでしょうか?

そこで今回はVIOを部屋やお風呂場で使う方法についてまとめてみました。

これからケースベールリムーバーを使ってVIOを除毛したい方は是非参考にしてみてください。

ケースベールリムーバーでVラインを除毛する準備

アルファベットVのクレイアート

VラインはVIOの中で最も難易度が低い箇所なので、よほど間違った使い方をしない限り失敗することはありません。

自分の部屋でVラインを除毛する手順

ケースベールリムーバーでVラインを除毛する時はお風呂で除毛するのが基本ですが、Vラインだけを除毛したい方は部屋で除毛しても構いません

自分の部屋でVラインを除毛する手順は、

  1. Vラインの汚れをウェットティッシュで拭き取る
  2. ケースベールリムーバーをVラインに塗る
  3. 10分程度放置し、スポンジやティッシュでクリームを拭き取る
  4. ウェットティッシュまたは水で濡らしたタオルでクリームを完全に拭き取る
  5. 化粧水または保湿クリームを塗る

この中で最も重要なのが、4番目のクリームを完全にふき取るです

本来であれば除毛後のクリームはシャワーで洗い流すのが基本ですが、どうしても自分の部屋だけで除毛したい場合は、除毛後にクリームをしっかり拭き取れば肌が荒れるリスクを最小限にすることができます

ですが、やはりお湯で洗い流す方が確実なので、お風呂に入る前にケースベールリムーバーを使うようにしてください。

お風呂場でVラインを除毛する手順

お風呂場でVラインを除毛する手順は以下のようになります。

  1. Vラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. Vラインに付いた水分を乾いたタオル等で拭き取る
  4. Vラインにケースベールリムーバーを塗って10分放置する
  5. シャワーでクリームを完全に洗い流す
  6. 化粧水や保湿クリームで保湿を行う

Vラインを除毛するだけなら特に難しい使い方は必要ありません。

唯一、気を付けたいのはIラインにクリームが付着しないようにすることだけです。

これはVラインにクリームを塗る時や洗い流す時に気を付ければ問題ありません。

自分の部屋でIラインを除毛する手順

赤いアルファベットのI

Iラインはいくらケースベールリムーバーがデリケートゾーンに使うことが認められているとはいえ、やはり部屋で行わずにお風呂で除毛してください

毛を取り除くという意味では腕毛もIラインも変わらないのですが、Iラインにクリームの成分が少しでも残ると肌荒れのリスクが高まってしまうので、自分の部屋やトイレでIラインの除毛はしないほうが賢明です

なので、自分の部屋でIラインの除毛を行うことは可能な限り避けましょう。

お風呂場でIラインを除毛する手順

お風呂場でIラインを除毛する手順は以下のようになります。

  1. Iラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. Iラインに付いた水分を乾いたタオル等で拭き取る
  4. Iラインにケースベールリムーバーを塗って10分放置する
  5. シャワーでクリームを完全に洗い流す
  6. 化粧水や保湿クリームで保湿を行う

Iラインの除毛はVライン同様、汚れはお湯だけで洗って除毛後のクリームもお湯だけで洗い流しましょう

石鹸などを使わないる理由は、石鹸を使ってしまうと除毛クリームの成分と化学反応を起こして肌荒れを起こす原因になってしまうからです。

なので、除毛前や除毛後は石鹸等は使わず、お湯だけで汚れやクリームを洗い流しましょう。

除毛のポイントは、

  • 男性であれば性器の先端にクリームが付かないようにする
  • 女性なら粘膜部分にクリームが付かないようにする

男性はアソコを持ったまま除毛しないと先端にクリームが付着してアソコが痒くなってしまうので、持ったままというのは面倒かもしれませんが、肌荒れのリスクを避けるためにもこの手間は欠かしてはいけません。

女性は粘膜部分にクリームが付着しないように、塗る時も洗い流す時も細心の注意を払って除毛しましょう

仮に除毛しきれずに毛が残ってしまった時も、続けて除毛しようとしてはいけません。

どうしても残った毛が気になる時は1日空けてから再度除毛を行うと肌荒れのリスクを抑える事が出来ます。

Iラインは男女問わず細心の注意を払って除毛をしましょう。

◆公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

自分の部屋でOラインを除毛する手順

ピンク色のアルファベットのO

Oラインの除毛には「鏡を使う」か「手探り」でクリームを塗らなければなりません。

特に自分の部屋でOラインを除毛する際には必ず鏡を使って肌の色が変わっている部分や、毛の生えている位置を確認してからケースベールリムーバーで除毛をしてください。

自分の部屋でOラインを除毛する手順は、

  1. Oラインの汚れをウェットティッシュで拭き取る
  2. 鏡を前、または床に置いてOラインが見えるように座る
  3. ケースベールリムーバーをOラインに塗る
  4. 10分程度放置し、スポンジやティッシュでクリームを拭き取る
  5. ウェットティッシュまたは水で濡らしたタオルでクリームを完全に拭き取る
  6. 化粧水または保湿クリームを塗る

この中で最も重要なのが、4番目のクリームを完全にふき取るですが、鏡の使い方もOラインの除毛には重要になります。

鏡は前に置いてもOラインは見えづらいと思うので、鏡は床に置いて鏡をまたぐようにしゃがむと確実にOラインが見えるようになります。

あとは肛門にケースベールリムーバーが付かないように注意しながら除毛をすると、上手く毛を取り除けるでしょう。

お風呂場でOラインを除毛する手順

お風呂場でOラインを除毛する手順は以下のようになります。

  1. Oラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. Oラインに付いた水分を乾いたタオル等で拭き取る
  4. 鏡を見ながらクリームを塗る、もしくは手探りでクリームを塗る
  5. Oラインにケースベールリムーバーを塗って10分放置する
  6. シャワーでクリームを完全に洗い流す
  7. 化粧水や保湿クリームで保湿を行う

Oラインの除毛ポイントはお風呂場だと鏡を使ったとしても曇って見えない恐れがあるので、あらかじめ自分の部屋等で毛の生えている場所を手鏡などを使って確認したあとに、お風呂場で手探りでケースベールリムーバーを塗りましょう。

ただし、肛門の中にクリームが入らないようにすればそこまで問題は無いので、鏡を使わなくてもOラインの除毛は比較的簡単にできます。

ケースベールリムーバーを使うと何日間VIOの毛を処理しなくてもいい?

使い方は分かっても気になるのがケースベールリムーバーを使うと「どれくらい(期間)VIOを処理しなくても済むのか」ですよね。

ケースベールリムーバーはAmazonや楽天では販売されていないので口コミを調べることもできませんし、公式サイトにも目安は書かれていないので残念ながら正確な期間を調べることはできませんでした

ただ、公式サイトには、

使用し始めて2週間ほどでムダ毛が薄くなり、お肌がつるるんな状態になります。

引用元:公式サイト

と書かれているので「2週間持つのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、これはおそらくケースベールリムーバーには「大豆エキス」が配合されているので、抑毛効果や肌にハリや艶を与えるまで2週間程度かかるという意味です。

そしてVIOは他の体毛に比べて伸びるのが遅い傾向にあるので、腕や足に比べると比較的長い期間除毛効果を実感できると考えられます。

そして公式サイトにもあった、

使用し始めて2週間

という言葉を考慮すると、1週間はツルスベな状態を維持できる計算になります。

「1週間に1回×2回=2週間で抑毛効果を実感できたり、肌にハリや艶を与える」こう考えるのが妥当でしょう。

”ツルスベじゃなくてもいい”という方であれば10日間隔で除毛すれば月に3回程度、1週間おきに除毛したとしてもケースベールリムーバーなら月に4回程度使うだけでツルスベな状態を維持できるんですね。

まとめ

ケースベールリムーバーはデリケートゾーンに使うことが認められている除毛クリームですが、粘膜や肛門の中にクリームが付着しないように注意をしなければなりません。

また、VIOの除毛はお風呂場で行うのが基本なので、自分の部屋で除毛する場合は肌荒れのリスクをある程度覚悟して行ってください。

肌荒れのリスクを最小限にするにはお風呂場で除毛をして、除毛後にクリームをお湯を使って完全に洗い流しましょう。

このポイントさえ押さえればVIOを綺麗に除毛することができます。

あなたもケースベールリムーバーを使ってVIOを綺麗に保ってくださいね。

◆公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバーカテゴリの最新記事