敏感肌の人にオススメの除毛クリームと敏感肌用を選んではいけない訳

敏感肌の人にオススメの除毛クリームと敏感肌用を選んではいけない訳

除毛クリームといえば、

  • 塗って
  • 放置して
  • 拭き取って
  • 洗い流す

たったこれだけで面倒なムダ毛処理ができることで有名な除毛クリーム。

このように簡単にムダ毛を処理できる除毛クリームは、毛髪に含まれるタンパク質を分解して毛をスポンジやタオルで拭き取れる状態にまで柔らかくして毛を取り除くのですが、同時に肌のタンパク質にも作用してしまうので「除毛はできても肌が荒れてしまう」なんて人も多いのではないでしょうか。

「除毛クリームは便利だけど、敏感肌の自分には合うものが無い」

今回はそんな肌が敏感だけど、除毛クリームを使ってムダ毛を簡単に処理したいという方に向けた「敏感肌でも安心して使えて除毛力もそのままな最強除毛クリーム」をご紹介したいと思います。

と、その前にまずは敏感肌の人が選ぶべき除毛クリームの基準について。

敏感肌の人が選ぶべき除毛クリームの基準

考える女の子

 

肌が荒れやすいから「敏感肌用の除毛クリームを選んでおけば大丈夫」そんな風に思っている方も多いと思いますが、実は敏感肌用といっても2つの種類があるのはご存知でしょうか?

敏感肌用の除毛クリームは、

  1. 除毛力を落として肌への刺激を減らしている
  2. 除毛力はそのままに、肌の炎症を抑えたり保湿効果のあるものを配合している

敏感肌用といってもこのように2種類の除毛クリームが存在します。

ではどちらが敏感肌の人向けかというと、断然②の除毛力はそのままに肌に優しい成分を含んでいるものです。

市販の値段が安い敏感肌用の除毛クリームを選んではいけない理由

悩み事や心配がある女性

除毛クリームは冒頭でもお話ししたように”毛髪に含まれるタンパク質を分解”することで毛を柔らかくするのですが、同時に皮膚に含まれるタンパク質も分解してしまうため、肌が弱い人は荒れやすくなってしまいます。

これを防ぐには除毛力を落とせば肌への負担も減らせるので、市販されている値段の安い敏感肌用の除毛クリームは①のタイプのものが多いのですが、除毛力を落とせばそれだけ毛を取り除ききれなくなってしまうという大きなデメリットもあるんです。

つまり、「除毛力が弱い→毛を取り除ききれない→再度除毛する→肌への負担が大きくなり荒れてしまう」

このように除毛力が弱ければ当然毛を取り除ききれないので何度も除毛することになり、何度も除毛すればそれだけ肌への刺激も増えるしクリームを消費する量も増えてしまう結果になります。

この点だけを見ても、市販の安すぎる敏感肌用の物は選んではいけない理由がお分かりいただけるでしょう。

そもそも敏感肌用の除毛クリームを選んではいけない

大きくバツを表示する女性

肌が荒れやすいから敏感肌用の除毛クリームを選びたくなる気持ちは分かりますが、値段の高い安いに関わらず敏感肌用の除毛クリームはオススメしません

そもそも抗炎症作用のある成分や保湿効果の高い成分を多く配合しているものは、あえて敏感肌用として売り出していない傾向にあります。

ではなぜ敏感肌用として売り出していないのかというと、敏感肌用と表現するのではなく代わりにデリケートゾーン(VIO)に使えるとことで、

「デリケートゾーンに使える肌に優しい除毛クリーム

このようになるので、肌が敏感な方は敏感肌用の除毛クリームではなく、デリケートゾーンに使えると書いてあるものを選ぶと肌荒れのリスクを最小限にすることができるというわけなんです。

素手で塗れるものを選ぶ

クリームを人差し指に乗せる様子

一般的な除毛クリームは専用のヘラやビニールの手袋を使わなければなりません。

これは手が荒れたり爪の間にクリームが入ると危険なので、ほとんどの除毛クリームは素手で塗ることができないようになっています。

しかし、肌に優しい除毛クリームは素手で塗ることができるようになっているので、素手で塗れるものを選ぶというのもとても重要ポイントだと言えるでしょう。

素手で塗れるかどうかはその商品の公式サイトなどを見れば分かるので、購入前には必ず公式サイトで塗り方をチェックしておくと安心ですね。

除毛クリームの正しい使い方

除毛クリームを手に取っている様子

いくら肌に優しい成分か多く配合されている除毛クリームでも、正しい使い方をしなければ意味がありません。

そこで除毛クリームの正しい使い方をおさらいしましょう。

①除毛したい部分をお湯だけで洗う

使う除毛クリームによっては「肌の汚れはウェットティッシュで拭き取るだけでもOK」と書かれているものもありますが、ウェットティッシュで拭き取るだけだと肌の汚れ(皮脂、汗、ホコリ)が十分に取り除く事ができません

汚れが少しでも残っていると除毛しきれず「後日また除毛する」なんてことにもなりかねません。

そのため、除毛する箇所はお湯のみで汚れを洗い流してください

お湯だけで洗う理由は、石鹸等のアルカリ性のものを使ってしまうと除毛クリームの成分と化学反応を起こして、肌荒れのリスクが高まるからです。

なので、除毛前や除毛後は石鹸等は使わずにお湯だけで洗い流しましょう。

②お風呂に浸かる

お湯に浸かると毛穴が開いた状態になるので、有効成分が奥まで浸透しやすくなり、より根元に近い部分まで綺麗に除毛することができます。

肌が敏感な方は除毛後にクリームを洗い流す必要があるので、除毛はお風呂場で行うのがベストだといえるでしょう。

③肌に付いた水分を乾いたタオルで拭き取る

肌に水分が付着していると、クリームが垂れたりムラができて除毛に失敗する原因になってしまいます。

特にお風呂に入った後は肌にたっぷり水分が付着しているので、乾いたタオルやティッシュなどを使って肌に付着した水分を十分に拭き取りましょう

④クリームはたっぷり塗る

クリームを塗る量が少なすぎると除毛に失敗する原因になるので、除毛クリームは毛が隠れるくらい多めに塗るのがポイントです。

「たっぷり塗るのはもったいない」という気持ちは分かりますが、塗る量が足りないと毛を取り除ききれなくなって、後日再度除毛するとその分余計にクリームを使わなければならなくなり、結果として肌にもお財布にも余計な負担をかけてしまいます

肌への負担を減らすためにも一度で綺麗に除毛できるよう、クリームは毛が覆い隠れるくらいたっぷり塗りましょう。

⑤除毛時間を守る

除毛時間は使う商品によって異なりますが、必ず除毛時間は守るようにしてください。

5分~10分と書いてあるものは、肌の一部分に5分程度塗ってどれくらい毛が取り除けるかを確認して、5分で足りないようであれば10分に増やすなどの工夫をすると、肌に余計な負担をかけずに適切な除毛時間を知ることが出来ます。

特に敏感肌の方は放置時間を守らないと必要以上に肌にダメージを与えてしまうので、必ず商品に記載されている除毛時間を守りましょう。

⑥除毛後はお湯でクリームを完全に洗い流す

除毛クリームによっては「スポンジやタオルで拭き取るだけでOK」と書かれているものもありますが、肌が敏感な方は除毛後のクリームはシャワーのお湯を使って完全に洗い流しましょう

洗い流す際も石鹸等は使わずに、必ずお湯だけでクリームを洗い流してください。

⑦除毛後は必ず保湿をする

除毛後は必ず化粧水などを使って保湿を行いましょう

これは保湿成分がたっぷり含まれていると書いてある除毛クリームも例外ではありません

除毛クリームを使った後は肌がダメージを受けていて外部からの刺激を受けやすい状態になっているので、保湿を怠ると肌が荒れる原因になってしまいます。

保湿もアルカリ性の物は避けた方がいいので、化粧水などで保湿を行うといいでしょう。

敏感肌の方にオススメの除毛クリーム

笑顔の小さな女の子とそれを優しく抱きしめる母親

ここまでは敏感肌の方が選ぶべき除毛クリームの基準や正しい使い方についてお話ししましたが、肝心なのはどの除毛クリームを選べばいいかですよね。

そこで当ブログがオススメする、デリケートゾーン(VIO全般やVライン)に使えるものを中心に厳選した除毛クリームをご紹介します。

第1位 Moomo(ムーモ)

Moomo(ムーモ)除毛クリーム

敏感肌の方にオススメの除毛クリーム第1位はMoomo(ムーモ)です。

Moomo(ムーモ)の最大の特徴は「シアバター」を配合している点です。

シアバターとは、

透明な器に盛られたシアバター

シアバターはアフリカの万能薬

スキンケアへの関心が高い人であれば、シアバターという言葉を目にしたことのない人はほとんどいないのではないでしょうか。近年になって高い注目を集めるようになってきたシアバターは、天然由来の植物性油脂として乾燥肌対策に強い効果を発揮してくれます。

シアバターは、ナイジェリアやマリ、ガーナといったアフリカ諸国に生息するシアの木の種子から採れる保湿力の高い植物性油脂です。常温では固形のため、オイルではなくバターと呼ばれています。

シアの木が生息している地域では、シアバターは昔から薬として活用されてきました。その効能は傷や火傷の治療から日焼け止め、かゆみ止めなど幅広く、まさしく万能の薬だと言えます。中でも、肌を守る美容クリームとしての効果は折り紙つきで、一部の地域では産まれた直後の赤ちゃんの全身にシアバターを塗る習慣もあるほどです。

引用元:スキンケア大学

これらの他に、

  • オレイン酸
  • ステアリン酸
  • パルチミン酸
  • リノール酸
  • リノレイン酸

などの成分が含まれており、シアバターは生後4週間目以降の赤ちゃんでも使えるとされているので、シアバターがいかに肌に優しい成分なのかがお分かりいただけると思います。

さらにMoomo(ムーモ)はシアバターを配合しているので、クリームが少し固めになっているという特徴も持っています。

クリームの固さは下記の動画が参考になるのではないでしょうか。

クリームが固いメリットは「垂れにくい」ということなので、女性のIラインやOラインといったデリケートな部分に塗ってもクリームが垂れないので、粘膜部分に付着したり塗りムラができてしまう心配もありません

また、公式サイトにも書かれているように、

Moomo(ムーモ)除毛クリームが剛毛な人、敏感肌の人、子供にも使える説明文

  • 剛毛な方
  • 敏感肌の方
  • 子供

敏感肌の方や子供にも使えるのに、剛毛な男性にも対応しているという優れた特徴を持っているので、Moomo(ムーモ)があれば敏感肌の方はもちろん、子供にも使えるから親子で共有できたり、女性のIラインの除毛にも安心して使えるのでMoomo(ムーモ)を1位にしない理由が見当たりません。

さて、気になるMoomo(ムーモ)の購入方法ですが、公式サイトで購入することをオススメします。

と言うのも、

Moomo(ムーモ)を取り扱っているのは公式サイト、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングで、それぞれの価格を比較してみると、

Amazon 8,800円(税込み、送料込み)
楽天 4,948円(税込み、送料込み)
在庫なし
Yahoo!ショッピング 10,899円(税込み、送料別)
公式サイト
(定期コース)
16,027円(4本)
1本あたり4,006円(税込み、送料込み)

AmazonとYahoo!ショッピングはなぜが定価よりもはるかに高額で販売されており、楽天ではすでに在庫切れという状態、しかも1本あたりの価格を比較してみると公式サイトの定期コースを利用した時が最安値となっているので、Moomo(ムーモ)を購入するなら公式サイトの定期コースを選んだ方が圧倒的にお得だという事が分かります。

このように楽天では在庫切れで購入することができず、AmazonやYahoo!ショッピングに至ってはなぜが定価の6,600円よりも高額で販売されているので、公式サイトをオススメする理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

公式サイトのトクトクコースは4回の受け取りが必須となってしまいますが、5回目からは解約ができますし、何より1本あたりの価格が最安値という点を考えると、トクトクコースを試してみる価値は大いにありそうです。

◆公式サイトはこちらです↓


第2位 ナークスK

ナークスK除毛スプレーと抑毛石鹸

第2位はスプレータイプの除毛剤、ナークスKです。

スプレータイプの除毛剤のメリットは、

  1. 手の届かない場所(二の腕の裏、背中、肩)にも使える
  2. 有効成分の粒子が細かいので綺麗に毛を取り除ける

といった特徴があります。

手の届かない部分の除毛も簡単にできるのも便利ですが、特にオススメなのが肘や膝といった通常のクリームタイプでは除毛しづらい部分の毛も、ナークスKであれば簡単かつ綺麗に除毛できるんです。

そんなナークスKの購入方法は2つあります。

  1. ナークスK単品購入
  2. ナークスKと抑毛石鹸をセット購入

それぞれの詳細をご紹介します。

ナークスKを単品で購入する

ナークスKだけを購入したい方は公式サイトでも4つの購入方法があります。

単品 3,980円+送料864円4,844円
2本セット 7,960円+送料864円=8,824円
(1本あたり4,412円)
3本セット+1本おまけ付き、計4本 11,940円送料無料
(1本あたり2,985円)
5本セット+2本おまけ付き、計7本 19,900円送料無料
(1本あたり2,843円)

このように単品や2本セットだと送料がかかりほぼ定価で購入する事になるので、送料無料で他の除毛クリームと同じくらいの値段で買えて1本おまけで貰える3本セットが最もオススメです。

5本セットでもいいのですが、1本あたりの価格が3本セットとほとんど同じなので、あえて5本セットを購入するメリットは無さそうですね。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

ナークスKと抑毛石鹸をセットで購入する

ナークスKには抑毛石鹸とセットになったコースで購入することもできるんです。

抑毛とは1~3ヵ月をかけて毛を細く短く目立たなくすることなのですが、ナークスKにはこの抑毛効果が期待できる成分を凝縮した抑毛石鹸と除毛スプレーがセットになったものがあります。

一般的に除毛効果は1週間程度とされているので、1日目にナークスKを使って除毛をして、2日~6日目までは抑毛石鹸を使うといった形をとると、除毛をしながら抑毛もできるというまさに一石二鳥といえるのが抑毛石鹸とセットになった購入方法です。

ただし、こちらの抑毛石鹸とセットになったものは「トクトクコース」という定期コースに申し込まなければならないのですが、トクトクコースは4か月目以降であればいつでも解約できますし、抑毛は最低でも3ヵ月は続けて使わないと効果を実感出来ないので、定期コースを3ヵ月申し込むというのはある意味理にかなった申し込み方法だといえるでしょう。

気になる抑毛石鹸とセットになった価格は、3ヵ月の合計金額が11,832円で1ヵ月あたりに換算すると3,944円となり、ナークスK単品をセット購入した場合の最安値(3本セット)と1,000円しか変わらずに抑毛もできることを考えると、ナークスKだけを買うよりも抑毛石鹸がセットになった「トクトクコース」の方がお得かもしれませんね。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓


第3位 ヴィーナスリムーバー

ヴィーナスリムーバー除毛スプレー

第3位もスプレータイプの除毛剤、ヴィーナスリムーバーです。

ヴィーナスリムーバーもスプレータイプの除毛剤なので、手の届きにくい部分や肘や膝といった除毛しづらい箇所もミクロの泡が作用して、毛穴の黒ずみが気になる部分でも思ったような効果が実感できるでしょう、

またヴィーナスリムーバーには、

  • アロエエキス(抗菌作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用)
  • コラーゲン(ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働き)
  • カモミラエキス(抗炎症作用)

といった、敏感肌の方を意識した商品作りがされているので「市販の安価な除毛クリームで肌が荒れてしまった」という方にはヴィーナスリムーバーのようなスプレータイプの除毛剤をオススメします。

ヴィーナスリムーバーの購入方法ですが、一般の実店舗(薬局やドラッグストア)や大手通販サイト(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング)では取り扱われていないので、ヴィーナスリムーバーの公式サイトを利用しましょう。

公式サイトでも3つの購入方法があるのですが、単品購入はオススメしません。

3つの購入方法の価格を比較してみると、

単品 3,218円+送料864円=4,082円(税込み)
3本セット 9,677円(税込み、送料無料)
1本あたり3,226円
5本セット 16,092円(税込み、送料無料)
1本あたり3,218円

このように単品だと送料が864円もかかるので、5本セットと1本あたりの価格がほとんど変わらない3本セットで購入するのがいいかもしれませんね。

◆公式サイトはこちらです↓


第4位 ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ除毛クリーム

第4位はミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームです。

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームはあの美容脱毛サロン「ミュゼコスメ」が監修を行ったことで知られている除毛クリームで、

  • Vラインに使える
  • 中学生から使える
  • 内容量が200gもある
  • 美容サロンが監修している安心感

このようにおすすめしたい要素だらけの除毛クリーム、それがミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームです。

そんなミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームがなぜ4位なのかというと、IOラインは対象外だからです。

VIOは肌がデリケートゾーンな部分なので、特にIOラインに使えるものは肌が敏感な方にもオススメできるのですが、ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームはVラインにだけ使えることから4位にしました。

といっても、ほとんどの除毛クリームはVラインにすら使用を禁止しているので、ミュゼコスメが監修していて中学生から使えるという点を考えると、Vラインまでしか使えないというのはほとんどマイナスな要素とは言えないでしょう。

「除毛クリームは使いたいけどスプレータイプはちょっと。。」という方には、ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームを選んで桶はほぼ間違いありません。

また、

  • ヒオウギ抽出液
  • レンゲソウエキス
  • アマチャエキス
  • キイチゴエキス
  • ローマカミツレエキス
  • マチャヅルエキス
  • ダイズエキス
  • ユズセラミド

これら8つ保湿成分を配合しているので、敏感肌の方でも安心してる使える除毛クリームになっています。

美容サロンの力が除毛クリームで試せるなんで凄いですね。

気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

第5位 ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバー除毛クリーム

デリケートゾーンに使えることで知られるケースベールリムーバーが第5位です。

公式サイトにも肌が敏感な「デリケートゾーンに使える」とハッキリ明記されているので、もっと上位にもしても良かったのですが、内容量が120gと他の除毛クリームと比べて少ない印象があるため、5位になりました。

内容量が少ないとはいえ、デリケートゾーンに使える除毛クリームは数が少ないので、ケースベールリムーバーを試してみる価値は大いにあると言えます。

ケースベールリムーバーの内容量が少ない理由を調べてみると「デリケートゾーンに使えるように、厳選された成分を使っているから」ということが分かりました。

例えば、

  • サクラ葉抽出液(抗炎症作用)
  • ダイズエキス(メラニンの生成を抑制)
  • アロエエキス(抗炎症作用)
  • グリチルリチン酸2K(消炎、抗アレルギー、抗炎症作用)

このようにケースベールリムーバーには除毛中の肌を優しくケアしてくれる成分が配合されているので、内容量が少ないというのもあまりデメリットになるとは言えないでしょう。

そんなケースベールリムーバーですが、購入できるのは公式サイトだけなのでAmazonや楽天といったネット通販はもちろん、薬局やドラッグストアでは販売されていません

気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

第6位 KENAIN

KENAIN除毛スプレー

第6位はKENAINです。

KENAINは除毛スプレーの中でも珍しいデリケートゾーンに使えるスプレータイプの除毛剤なので、肌に優しいという点で見れば上位にしてもおかしくない商品なのですが、唯一の欠点がクリームのゆるさにあります。

これはKENAINだけの話ではないのですが、スプレータイプの除毛剤は

  • 除毛力
  • クリームの硬さ

このような特徴があり、中でもKENAINはクリームがゆるい傾向にあるので除毛に慣れていない方は扱いが難しいと感じるかもしれません

それでも使い方に慣れさえすれば「市販されている安価な除毛クリームには戻れなくなる」と感じてしまう程根元から綺麗に取り除くことが出来るので、敏感肌用と書かれている除毛力の弱い物を選ぶよりもKENAINのようなデリケートゾーンに使えて口コミの評価も高い除毛スプレーを選ぶのも賢い選択肢といえるでしょう。

◆公式サイトはこちらです↓

簡単お手軽除毛剤【KENAIN】

まとめ

値段が安い敏感肌用の除毛クリームは除毛力が弱い傾向にあるので、敏感肌だけど体毛を綺麗に処理したいと思う方には不満の残る商品が多いことも事実です。

かといって値段の高い敏感肌用の除毛クリームはコスパに優れているとは言えないので、肌が敏感な方は敏感肌用の除毛クリームではなく、デリケートゾーンに使えてセット割引の特典が受けられるものを選ぶと失敗しない除毛クリームに出会えるでしょう。

ただし、人気のある除毛クリームやスプレータイプの除毛剤はすぐに在庫切れになって入荷待ちをすることも多くあるので、気になる除毛クリームがあったら早い段階で確保しておくことも重要です。

肌が敏感だからこそ、デリケートゾーンに使える除毛クリームを使ってコスパ良くムダ毛の処理をしましょう。

除毛クリームカテゴリの最新記事