デリケートゾーンに使用OKな除毛クリームとNGな除毛クリーム3選

デリケートゾーンに使用OKな除毛クリームとNGな除毛クリーム3選

デリケートゾーンの処理が面倒。。

でもムダ毛を剃ったり抜いたりしないと排せつ物が付着するし、蒸れると肌が荒れて痒くなるから処理し続けないといけない。

そんな時に活躍するのが「除毛クリーム」です。

除毛クリームは、クリームを塗って数分放置してシャワーで洗い流すだけで簡単に陰毛の処理ができるので、頻繁な処理が必要なデリケートゾーンのムダ毛に対して力強い味方になってくれます。

そんな除毛クリームですが、

  • デリケートゾーン(VIO)に使えるもの
  • デリケートゾーン(Vライン)に使えるもの
  • デリケートゾーンに使えないもの

この3つがあることをご存知でしょうか?

そこで今回は「デリケートゾーンに使える除毛クリーム」についてご紹介します。

デリケートゾーンに使えるものと使えないものの差は何なのか?についても調べてみました。

デリケートゾーンに使える除毛クリームと使えないものの違い

 

考えているスーツ姿の女性

全ての除毛クリームがデリケートゾーンに使えればいいのですが、実際に調べてみるとデリケートゾーン(VIO)全てに使える除毛クリームというのは少数しかありません。

では、デリケートゾーンに使えるものと使えないものの違いですが、大きく分けると2つのパターンがあります。

除毛力が強すぎてデリケートゾーンに使えない

バツマークをしている男性医師

除毛剤に含まれている「チオグリコール酸カルシウム」が毛髪に含まれている”タンパク質”を分解して毛を取り除けるようになっているのですが、この分解する力が強すぎると”ムダ毛だけではなく肌に含まれているたんぱく質も分解”してしまうことがあります。

これは除毛力の強い除毛剤に限った話ではなく、例えば「10分放置する」と書かれている除毛クリームを「30分放置」すると、肌に含まれているタンパク質も分解してしまうため、

  • 痛み
  • ヒリヒリする
  • 赤くなる
  • 痒くなる

などといった肌トラブルを招いてしまいます

ただし、これは商品に書かれている除毛クリームの「放置時間を守る」とこのようなことは起こりません。

もちろん、パッチテストの段階で肌トラブルが起きた場合は、その商品を使わず販売元に問い合わせるか破棄してください。

このように一般的な除毛クリームは放置時間を守れば問題なく使えるのですが、除毛力の強すぎる除毛剤は肌がデリケートな部分に使用すると上記のような肌トラブルを招きやすくなるため、一般的な除毛クリームはデリケートゾーン(特にIOライン)に使えないんです。

肌に優しい成分が少ない

下を向いて落ち込む女子学生

デリケートゾーンへの使用を認められていない除毛クリームも”ある程度”は肌のケアに必要な成分を配合していますが、腕や足に比べてリケートゾーンはその名の通り”肌が敏感な部分”なので、腕や足だけに使うことを想定して作られたものをデリケートゾーンに使ってしまうと「肌荒れの原因」になります。

そのため、デリケートゾーンに使えると表記されているものは除毛力が弱いのではなく、除毛中や除毛後の肌のケアを考えてしっかり保湿や消炎成分を配合しているのです

それなら「敏感肌用」の除毛クリームがいいのでは?と思う方もいるでしょう。

たしかには敏感肌の方ならそれを選んでも間違いではないのですが、デリケートゾーンは肌が敏感なのに腕や足に比べて毛が太く縮れているので、敏感肌用の除毛クリームでは除毛力が弱すぎて肌荒れは防げても、肝心の陰毛は処理しきれずVIOの毛が中途半端な状態になり、何度も除毛するハメになるのが容易に想像できてしまいます。

デリケートゾーンの除毛には「敏感肌用ではなく、デリケートゾーン(VIO)に使える」としっかり表記されているものを選んでくださいね。

IOラインには使えないけどVラインに使える除毛クリームはどう?

箱からハテナ

デリケートゾーンに使える除毛クリームと使えないものの違いは、

  • 除毛力の違い
  • 保湿や消炎作用成分の濃度や配合の有無

これらの違いがあることはお話ししましたが、では「Vラインに使える除毛クリーム」とは一体何なのでしょうか?

分かりやすくまとめると「本当はIOラインにも使えるけど、IOラインに使って問題(肌荒れ等)が起きても販売元は責任が持てない」このような除毛クリームが「Vラインには使えるけれど、IOラインへの使用を公式には認めていない」ということになります。

つまり、Vラインに使えるものは、

  • 女性のIラインの粘膜部分にクリームが付着しないように気を付ける
  • 男性の竿の先端にクリームが付かないように気を付ける
  • Oラインの肛門部分にクリームが付着しないように気を付ける

このように”除毛の際に十分に注意を払えばデリケートゾーンにも使える”ということになります。

本当にデリケートゾーンに使えない除毛クリームは「Vラインにも使うことを禁止されている」ので、Vラインに使える除毛クリームは注意を払えばIOライン(デリケートゾーン全体)に使えるようになっているので、デリケートゾーンの除毛クリームを選ぶ基準は、

  1. デリケートゾーン(VIO)に使えると表記されているもの
  2. Vラインに使えると表記されているもの

このどちらかを選べば安心してデリケートゾーンをツルスベな状態にすることが可能です。

除毛クリームと除毛スプレーの違いは何?

猫の頭の上に?マーク

除毛剤には2つのタイプがあります。

  • 扱いづらいけど根元からゴッソリ毛を取り除ける「スプレータイプ」
  • 誰でも簡単に使えるけどスプレータイプより除毛力が劣る「クリームタイプ」

この2種類です。

どちらがいいか、については考え方や除毛剤を過去に使った経験の有無によって異なるのですが、オススメなのは「スプレータイプの除毛剤」です

スプレータイプはクリームタイプに比べて扱いづらい」というデメリットがあるので、スプレータイプの除毛剤を使ったことがない方は、一度「腕や足」に使用してみて、クリームの質感や除毛時間をあらかじめ把握したうえで使うと安心ですね。

ただ、「クリームとスプレー」は好みによって向き不向きや好き嫌いがはっきり分かれてしまうので、デリケートゾーンに使えることが表記されているものであれば、クリームタイプでも十分な効果を実感できます。

デリケートゾーンに使える除毛剤

人差し指を立てて内緒のポーズをする女性

ここで紹介するものは「デリケートゾーン(VIO)全てに使えるもの」と「Vラインに使えるもの」だけを厳選してご紹介をしているので、デリケートゾーンに使える除毛剤をお探しの方は是非参考にしてください。

デリケートゾーンに使えるオススメの除毛スプレー

3つのスプレーボトル

まずは「スプレータイプ」の除毛剤から。

スプレータイプの除毛剤は扱いが難しいのですが、上記でご紹介したようにはじめに「腕や足」にスプレーをしてクリームの質や除毛時間を試してから使うと、スプレータイプでもデリケートゾーンを簡単に処理できてしまいます。

一度スプレータイプを使ってしまうとクリームタイプには戻れないかもしれません。

それだけ魅力的なスプレータイプの除毛剤の中から、当ブログが厳選したデリケートゾーンに使える除毛スプレーをご紹介します。

ケナイン

KENAIN除毛スプレー

まず最初にご紹介するのがケナインです。

ケナインの公式サイトによると、

ケナインVIO使用可能図

 

このように使える部位にVIO(デリケートゾーン)がしっかり表記されています。

もちろんデリケートゾーンだけでなく、腕・足・脇、さらに肘や膝、うなじや背中といったクリームタイプでは除毛しづらい部分のムダ毛も、ケナインがあれば簡単に除毛できるんです。

しかも、ケナインは素手で塗ることができます!

もちろん素手で塗った後は水でクリームをしっかり洗い流す必要はありますが、素手で塗れるということはクリームを均一に広げることができるので、デリケートゾーンの中でも「IラインやOライン」はビニール手袋をすると指先の感覚が鈍くなり、粘膜部分にクリームが付着したりクリームを均一に濡れないなどの不具合がありますよね。

ですが、ケナインは素手でクリームを拡げることができるので、指先でクリームの厚さを感じながら塗り広げられるんです

同じスプレータイプの除毛剤「デリーモとケナインの比較記事」があるので、こちらも併せてごらんください。

関連記事:ケナインとデリーモの違いは?優れている除毛スプレーはどっち?

ちなみに除毛クリームで圧倒的なシェアを誇っている「NULLリムーバークリーム」は、

  • デリケートゾーンに使えない
  • 素手で塗れない

このように除毛クリームによって、デリケートゾーンに使えなかったり素手で塗れないなどの違いがあるので、ケナインの凄さがお分かりいただけたと思います。

そんなデリケートゾーンに使えて素手で濡れるケナインの価格は、

ケナイン
(単品)
3,980円+送料750円=4,730円
ケナイン
(2本セット)
7,960円
1本あたり3,980円
ケナイン
(3本セット+1本無料の特典付き=計4本)
11,940円
1本あたり2,985円

単品や2本セットだとほぼ定額になってしまうのでオススメできませんが、3本セットで購入すると1本おまけで貰える特典が付くので、ケナインは3本セットでお得に購入しましょう

ちなみにケナインでVIOを除毛すると個人差はありますが、おおよそ2週間前後は処理しなくてもいい状態をキープできるので、VIOの除毛になれたら指毛や脇毛も一緒に除毛するとケナインの優れた効果を同時に実感できます。

このようにケナインはあらゆる部位に使えるので、1本おまけで貰える3本セットがお得なんですね

◆公式サイトはこちらです↓

簡単お手軽除毛剤【KENAIN】

デリケートゾーンに使えるオススメの除毛クリーム

クリームタイプの除毛剤の特徴は何といっても扱いやすさにあります。

スプレータイプの除毛剤は以前に使ったことがある方、もしくはその商品の特徴(クリームのゆるさ)などを把握しないと扱いづらいというデメリットがありますが、クリームタイプは”塗るだけ”なので、初めて除毛クリームを使う方でも簡単に使えるのがクリームタイプのいいところです。

そんな扱いやすい除毛クリームの中からデリケートゾーンに使えるものを、当ブログが厳選したものをご紹介します。

ケナクス

KENAX(ケナクス)除毛クリーム

まず最初にご紹介するのは「ケナクス」です。

ケナクスは2018年5月に発売された比較的新しい除毛クリームなのですが、「毛根溶解テクノロジー」という独自の技術によって、従来の除毛クリームのように肌の表面上の見えるムダ毛しか取り除けなかっものに対し、ケナクスはミクロ状の泡が毛穴の奥からゴッソリかき出すように除毛してくれるので、ツルスベな状態が長持ちするように作られています

また、ケナクスには抑毛効果が期待できる「イソフラボン」や、肌の潤いに欠かせない「ヒアルロン酸・ユズセラミド・ローマカミツレエキス」を配合しているので、ケナクスは肌が敏感なデリケートゾーンの除毛にぴったりの除毛クリームなんです。

しかも、公式サイトの使い方の画像にあるようにケナクスはクリームが固めに作られているので、女性のIラインの除毛にはケナクスのようなクリームがしっかりしているものを選ぶと綺麗に除毛できるでしょう。

KENAX(ケナクス)除毛クリームの使い方を説明している写真

ケナクスの価格ですが、ケナクスを取り扱っているのは現在「公式サイト・楽天」このどちらかでしか販売されていません。

今後他の通販サイトでも取り扱われるようになるかもしれませんが、今現在は公式サイトと楽天のみとなっているようです。

そして肝心のケナクスの価格ですが、

楽天
(単品)
4,298円(税込み)+送料500円
=4,798円
楽天
(3本セット)
12,895円(税込み、送料無料)
1本あたり4,298円
楽天
(5本セット)
21,384円(税込み、送料無料)
1本あたり4,277円
公式サイト
(単品)
4,298円(税込み)+送料800円=5,098円
公式サイト
(2本セット)
8,597円(税込み)+送料800円=9,397円
1本あたり4,698円
公式サイト(3本セット)
+1本おまけ付き=計4本
12,895円(税込み、送料無料)
1本あたり3,224円
公式サイト(5本セット)
+1本と黒ずみ対策石鹸のおまけつき
=ケナクス(KENAX)6本と黒ずみ対策石鹸
21,384円(税込み、送料無料)
1本あたり3,564円黒ずみ対策石鹸1個(2,480円相当)

このように単品や2本セットだと公式サイトが高額になってしまいますが、公式サイトの3本セット以上で購入すると1本おまけで貰える特典が付くため、1本あたりの価格が3,224円と最安値で購入できます。

また、5本セットには1本無料のサービスと2,400円相当の黒ずみ対策石鹸のおまけが付いているので、お得にケナクスを購入したい方は3本セット、または5本セットで購入しましょう。

ちなみに、このようなお得な特典が受けられるのは公式サイトだけなので、楽天でケナクスを3本セットや5本セットで買っても1本おまけで貰えたり、黒ずみ対策石鹸がもらえることはないので注意してください。

◆公式サイトはこちらです↓

最先端除毛クリーム「KENAX(ケナクス)」

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバー除毛クリーム

デリケートゾーンの除毛に革命を起こした!ともいわれている除毛クリームが「ケースベールリムーバー」です。

ケースベールリムーバーには、

有効成分

  • チオグリコール酸カルシウム

をはじめとして、

  • サクラ葉エキス抽出液
  • ダイズエキス
  • 植物性プラセンタ
  • 尿素
  • グリチルリチン酸

といった、保湿や消炎作用のある成分を配合しているので、デリケートゾーンの除毛はもちろんお子様用の除毛クリームとして使えるのもケースベールリムーバーの特徴です。

ケースベールリムーバーも素手で塗ることができるので、肌荒れを起こしやすいIOラインにも指先の感覚でクリームの量や塗る位置を調節できるのも嬉しい特徴ですね。

欠点があるとすれば、デリケートゾーンに使えるに厳選された成分を使っているので、内容量が120gと少ないことだけでしょう。

それでも一度除毛すれば1~2週間は処理しなくても済むので、内容量はあまりデメリットとは言えないかもしれません。

ケースベールリムーバーの購入方法ですが、ケースベールリムーバーを取り扱っているのは公式サイトだけです。

一般の薬局やドラッグストアはもちろん、Amazon、楽天、ヤフーショッピングといった大手通販サイトでもケースベールリムーバーは取り扱い自体がないので、ケースベールリムーバーを試してみたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

そして気になるケースベールリムーバーの価格は、

単品 3,218円+送料650円
=3,868円
2本セット 6,437円(税込み、送料無料)
1本あたり3,218円
3本セット
+1本おまけ付き=計4本
9,655円(税込み、送料無料)
1本あたり2,413円

単品だと送料がかかってしまうので3,868円とお高めな値段になりますが、2本セットだと送料無料3本セットは1本無料で貰える特典が付くので、1本あたりの価格が2,413円と最安値で試すことができます。

ケースベールリムーバーがAmazonや楽天で取り扱われていなくても、価格や人気を維持し続けているのは確かな除毛力があるからなんですね。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

まとめ

デリケートゾーンに使える除毛剤は全体の中ではごく一部なので、どの除毛剤がデリケートゾーン(VIO)に使えるのかを知ることは難しいのですが、今回ご紹介させていただいたものは「全てデリケートゾーンに使えるもの」だけを厳選したので、安心してデリケートゾーンの除毛にお使いください。

最後にそれぞれの特徴をおさらいしましょう。

クリームタイプの除毛剤の特徴は、

  • とても扱いやすいけど、スプレータイプよりは除毛力が劣る

スプレータイプの除毛剤の特徴は、

  • 除毛力が高いけれど、扱いには慣れが必要

今回ご紹介した「クリームタイプ」と「スプレータイプ」の特徴を踏まえたうえで、あなたに合った除毛剤を見つけてくださいね。

未分類カテゴリの最新記事