除毛クリームを選ぶ際、VIOラインの処理ができるか気になりませんか?

それぞれの公式サイトで確認してもVIOラインへの使用について説明している除毛クリームは少なく、VIOに使える除毛クリームを探すのも大変。

そこで今回はスプレー式の除毛剤として人気の高い、デリーモがVIOに使えるのかどうかを調べてみたいと思います。

デリーモはVIOに使っても大丈夫?

「デリーモがVIOに使えれば便利だな」と思い、デリーモがVIOに使えるかどうかについて調べてみると、残念ながら公式サイトでもVIOへの具体的な言及はありませんでした。

AmazonでもVIOへの言及がないため、VIOには使えるとも使えないとも言えない結果に。

ですが、公式サイトには、

デリーモ

このように「デリーモは全身に使えます」と書いてあるので、VIOのようなデリケートな部分にもデリーモは使えるといっていいでしょう。

実際にデリーモでVIOを処理しているという方もいるので、デリーモでVIOを除毛しても問題は無さそうですね。

ただし、VIOは腕や脚に比べて肌が荒れやすい部分ですし、デリケートゾーンという名の通り肌がとても敏感な部位なので、除毛する際には細心の注意を払わなくてはなりません。

デリーモでVIOを除毛する注意点

人差し指をたててひらめいた様子

デリーモがVIOに使えるのは分かりましたが、だからといってただ吹きかければいいというわけではありません。

デリーモでVIOを除毛する前に、いくつか知っておきたい注意点をご紹介します。

手のひらにデリーモを吹きかけてから指で塗る

スプレータイプのデリーモは一度に広範囲にクリームを塗り付けられてとっても便利な反面、広範囲に吹き付けしまうことで、Iラインなど細かい部分への使用は難易度は高めになります。

そのままスプレーで除毛してもいいですが、性器や肛門といったデリケートな部分に付いてしまうこともあるため、直接VIOに吹きかけるのはオススメできません。

そこで、細かく塗り分けられるように、一度手の平にクリームを出してから指でクリームを直接塗りましょう。

指先を使えばIラインのような細かい部分もデリケートな部分に付かずに安全に塗れますし、Vラインを塗り分けをして型も作りやすくなるなど、VIOラインの除毛がしやすくなるなどのメリットがあるため、デリーモでVIOを除毛する際は”手のひらにデリーモを吹きかけてから指で塗る”ことを意識してください。

デリーモを塗る際には肌に付いた水分を完全に拭き取る

デリーモを塗る際は肌に付いた水分をしっかり拭いてください。

水分が残ったままだとデリーモが水分を含んでしまい、柔らかくなったデリーモが流れ落ちやすくなったり、除毛効果が薄くなったりするなど、肌に水分が残った状態で除毛してもいいことは一つもありません。

風呂で肌を温めると毛穴が広がって除毛しやすくなりますが、温めた後にしっかり肌を拭かないと逆効果になるので除毛する際はタオルなどでしっかりと拭いてから除毛しましょう。

デリーモでVIOを除毛する全手順

それでは実際にデリーモでVIOを除毛する全手順を、V・I・Oラインそれぞれの方法を紹介しますので参考にしてください。

Vラインの除毛

アルファベットVのクレイアート

VIOの中でも最も除毛しやすいVラインについてご紹介。

粘膜に付く心配もなく塗りやすい場所ですので、初心者でも安心して除毛できるでしょう。

Vラインの除毛方法は、

1:Vラインの毛を短く切っておく
2:肌を拭いて清潔にする
3:デリーモを手に出して、ムダ毛が隠れるくらいに全体に塗り付ける
4:約5分ほど待つ
5:清潔な布でゆっくり優しくクリームを拭き取る
6:ぬるま湯でVラインを洗い流す

このようになります。

Vラインを除毛するコツは毛をあらかじめ切っておくことです。

切らずにそのままでも除毛できますが、毛が長すぎると短い時に比べてクリームを多めに塗らないと上手く除毛できないですし、中途半端に毛が残る原因になるため、長すぎる毛はハサミなどであらかじめカットしてからスプレーすると綺麗な仕上がりになります。

Iラインの除毛

Iラインの除毛は男女で少し変わってきます

ですが、基本は同じですのでどちらが不向きというわけではありません。

1:Iラインの毛を短く切っておく(短ければ気にしなくてもいい)
2:肌を拭いて清潔にする
3:竿の先端をラップでくるむ(男性の場合)
4:デリーモを手に出して、ムダ毛が隠れるくらいに全体に塗り付ける
5:約5分ほど待つ
6:清潔な布でゆっくり優しくクリームを拭き取る
7:ぬるま湯でIラインを洗い流す

男性の除毛方法

男性のIラインの除毛は難しいものではなく、クリームが付かないよう注意する箇所は竿の先端だけなので、デリーモが先端に付着しないようにすれば問題ありません。

ただ男性の場合、除毛中にずっと手で持っていないといけないので、これが面倒だと感じる方は竿と袋の間にラップなどを挟めば除毛中も片手が塞がる心配もないので自分に合った除毛スタイルを探してみてください。

女性の除毛方法

女性のIラインは男性とは違ってラップで粘膜を保護しにくく、粘膜に付かないように丁寧に塗る必要があります。

ラップを粘膜に張り付けてその上からスプレーしてもできなくはないですが、スプレー中にラップが剥がれたり、ラップの隙間からクリームが浸透する可能性もあるので直接吹きかけるのはオススメできません。

そのため、デリーモを手のひらに吹きかけてから指を使って粘膜部分にクリームが付かないように気を付けながら除毛をしてください。

もしくは、Vラインで出したクリームを伸ばしてIラインも一緒に除毛してしまうのも一つの手です。

■デリーモ

Oラインの除毛

ピンク色のアルファベットのO

Oラインの除毛は男女共に見ることができず、除毛に苦戦する人もいるでしょう。

1:Oラインの毛を短く切っておく(短ければ気にしなくてもいい)
2:肌を拭いて清潔にする
3:デリーモを手に出して、ムダ毛が隠れるくらいに全体に塗り付ける
4:塗り残しが無いか鏡で確認する
5:約5分ほど待つ
6:清潔な布でゆっくり優しくクリームを拭き取る
7:ぬるま湯でOラインを洗い流す

本来なら、鏡を股の下に置いて確認したり合わせ鏡をして確認しながら尻毛にスプレーしますが、肛門にクリームが付いてしまうことがあったり、なにより、わざわざ鏡を用意するのが面倒ですよね。

なので、Iライン同様にデリーモを手のひらにスプレーし、指で肛門まわりにクリームを塗るとOラインもスッキリ除毛することができます。

デリーモでVIOを除毛するメリット

クリームが粘膜に付いてしまうことを考えればカミソリなどで除毛した方が良いと思うかもしれませんが、クリームで除毛すると多くのメリットがあります。

チクチクしない

カミソリで剃ると毛の先端を鋭く切ってしまい、生え際の毛がチクチクするのに対し、デリーモを使うと毛先が丸くなるため、毛先が肌に触れた際にチクチクする不快な思いをしなくても済みます。

またデリーを使うと剃った時に比べて根元から毛を取り除けるので、ツルスベな状態を長持ちするのもデリーモでVIOを除毛するメリットです。

処理の回数が減る

デリーモで除毛すると、チクチクしないだけではなく除毛回数の削減にもなります。

カミソリは皮膚の表面に出ている毛しか剃ることができず、早い人で半日もすれば毛が生え始めてしまうのですが、デリーモは毛穴に浸透して根元から除毛しますので、頻繁に除毛する必要がありません

埋没毛の心配がなくなる

カミソリの場合、皮膚の表面しか剃れないため、剃り残した部分が肌の中に残ってしまいます

触る分には問題ないかもしれませんが、皮膚の中に残った毛は黒くボツボツとして水着や下着姿では意外と目立ってしまうでしょう。

その点デリーモは毛を根元から取り除けるため、中途半端に毛が残る心配もなく埋没毛のリスクも減らせるんです。

痛くない

デリーモのような除毛クリームを使う最大のメリットは痛みを感じないことです。

刃物を使った処理にはカミソリ負けのように出血や剃った後にヒリヒリする、毛抜きやブラジリアンワックスは毛を無理やり引き抜くので痛みを避けることができません。

祖手に対しデリーモは塗って放置するだけなので、カミソリや毛抜きのような痛みを感じる心配がなく、いつでも自分が毛を処理したいときに手軽に除毛できるのもデリーモのいいところですね。

デリーモの気になること

箱からハテナ

ここまではデリーモでVIOを処理するメリットを中心にお話ししてきましたが、ここからはデリーモの疑問について少しご紹介します。

デリーモは妊娠中や授乳中に使ってもいい?

男性が「玉袋にも使えるのか」気になるように、女性も妊娠中や授乳中にもデリーモが使えるか気になると思います。

身重で動くのが辛かったり、赤ちゃんの世話で忙しかったりなど、できれば自宅で簡単に除毛したいところでしょう。

ただ残念なことに、妊娠中や授乳中にデリーモを使うことは推奨されていません。

というのも、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが変化しやすく、デリーモを使うことで肌荒れや体調を崩しやすいからで、特に、妊娠中に炎症などを生じてしまうと治療するのが難しく、症状が悪化してしまうことがありますので、妊娠中にデリーモを使うのは控えた方がいいでしょう。

なにより、妊娠中は動きにくく、いくら簡単に除毛できるデリーモとはいえVIOラインの除毛は容易ではありませんし、お腹に負担のある格好もできませんしね。

「デリーモは低刺激なため妊娠中や授乳中でも大丈夫」という話も聞きますが、何かあってからでは遅いので、少なくとの妊娠中はデリーモを含めて除毛クリームの使用は控えるべきでしょう。

どうしても除毛したいのなら、ホルモンバランスに影響しないカミソリで除毛すると良いですよ。

デリーモは生理中に使っても大丈夫?

妊娠中や授乳中以外にも「生理中に使用できるか」気になりますよね?

ですが残念なことに、妊娠中や授乳中と同じくホルモンバランスが原因で推奨はされていません

これはホルモンバランスが変化することで敏感肌や乾燥肌になりやすく、デリーモの効果によって痛みや肌荒れになりやすくなるからです。

また、生理中は経血を伴うため、デリーモだけでなく除毛クリーム全般は使わない方が無難でしょう。

除毛に失敗したら続けて使ってもいい?

もし除毛しきれずに短い毛が残ってしまっても、すぐに再度除毛することは避けてください

どうしても残った毛が気になる場合は、最低でも1日肌が回復する時間をあけてから再度除毛しましょう。

まとめ

除毛クリームの多くは、VIOなどのデリケートゾーンに使用できるかわからず、悩んでいた人も多いのが現実ですが、デリーモは肌への刺激が減るよう工夫された商品なので、肌が敏感なデリケートゾーンにも問題なく使えます。

ただし、男性であれば竿の先端、女性であれば粘膜部分にクリームが付着しないよう細心の注意を払わなければなりませんが、それでも塗ってから5~10分程度で毛を処理できるデリーモは、VIOのムダ毛に悩んでいるあなたにとって力強い味方になることは間違いありません。

あなたもデリーモでVIOをスッキリさせてみませんか?

■デリーモ

おすすめの記事