手をつなぐ幸せそうな男女

接客業はもちろん、会社勤めの方やプライベートでも意外に見られているのが指毛。何も処理せずにふとしたきっかけでフサフサな指毛を見られたら恥ずかしいですよね。

指毛は剃ってもすぐに生えてくるし、毛抜きなどは毛穴が赤くなったり腫れたりすると化粧や絆創膏などで隠すはめに。。

そこで役に立つのが、

  • 塗って
  • 放置して
  • 洗い流すだけ

の除毛クリームが注目を集めていますが、指毛の処理に適した除毛クリームとはどのようなものなのでしょうか?

そこで今回は指毛の除毛に適した商品を選ぶコツと指毛の処理に適したオススメのアイテムをご紹介します。

指毛の処理に適した除毛クリームを選ぶ基準

指毛の処理に適した除毛クリームを選ぶ基準大きく分けて2つのパターンがあります。

  1. 指毛の処理だけに使いたい
  2. 指毛以外の部位にも使いたい

それぞれの用途に合わせて選ぶ基準を見てみましょう。

除毛クリームを指毛の処理だけに使いたい時

指で3を示す女子生徒

指毛の処理だけに除毛クリームを使う場合、こちらは大きく分けて3つの基準をもとに選ぶと買ったあとに後悔しない除毛クリームを選ぶことができます。

内容量が少なくても持ち運びに便利なものを選ぶ

  • ワキ毛

などの処理に除毛クリームを使う場合、肌荒れを防ぐために除毛後のクリームを洗い流すことを考えるとお風呂場で除毛しなければなりませんが、指毛の処理は自宅はもちろん外出先でも気軽に使えるので、持ち運びに便利でオシャレなものを常に持ち歩くと「もしもの時」に役立ちます

コンパクトでオシャレな除毛クリームを持ち歩いていて、もし何かのきっかけで誰かにそれを見られたとしても相手には「化粧品の一種」にしか見えないため、持ち歩くのであれば、

  • 内容量が少ないもの
  • 持ち運びに便利
  • 見た目がおしゃれなの

を選ぶと、常に持ち運べるため外出先で指毛が気になっても「化粧を直してくる」と言って、その間にパックに入れておいたコンパクトな徐毛クリームを指毛が生えている部分に塗って10分放置してから手を洗うだけで簡単に処理できるため、指毛が気になった段階でも使えるコンパクトな徐毛クリームを選んでおけば間違いないでしょう。

チューブ本体から直接塗れるものを選ぶ

通常、除毛クリームは指に直接、またはスパチュラ等、さらに腕や足にある程度の除毛クリームを出してからそれ以外の部位にクリームを広げていくのですが、除毛クリームを素手で塗ると爪の間にクリームか残ってしまい、爪の間が荒れたりするため、「チューブから直接指毛に塗れるものを」選びましょう。

チューブ本体から直接指毛に塗ってしまえば指や爪の間が荒れることもないですし、もし外出先やデートなどで指毛に気づいたとしても化粧直しをすると言ってからトイレに入り、

  1. 手(指の生えている部分)を中心にハンドソープ等がなければそのまま水やお湯で軽く汚れを落とす。ハンドソープ等があれば指毛が生えている部分を中心に洗って手をよく乾かす。
  2. 除毛クリームを出してから指毛か生えている部分に塗る。
  3. 出来れば10分、我慢ができなければ5分放置したあと、テイッシュや洗面台の横にある手を拭く硬い紙でクリームを拭き取る
  4. クリームを水やお湯で洗い流す

ここまでの所要時間は10分~15分程度なので、誰かを待たせている場合でも相手に不快な気分にさせない時間で簡単に指毛を処理できるのが、オシャレで持ち運びに便利な除毛クリームなんです。

スプレータイプは根本から毛を取り除いてくれる

スプレータイプ除毛剤は自宅手処理することが前提ですが、通常の除毛クームだと毛を根本から取り除けないので直ぐに指毛が生えたり、あまり安すぎる除毛剤を使うと残った毛が黒いポツポツと見えてしまうため、安い除毛クリームは指毛だけでなく全身のありとあらゆる部位の除毛には適していません。

一方、スプレータイプの除毛剤は内容量が100mlと少ないので腕や足などの広範囲の除毛には向いていませんが、

  • 指毛
  • ワキ毛
  • VIO

このような部位には通常の除毛クリームよりも有効性分が奥まで届いて根本からムダ毛を取り除けるため、指毛やワキ毛の処理には除毛効果が長持ちするのもスプレータイプの除毛剤がオススメなんです。

除毛クリームを指毛以外の部位にも使いたい場合

悩み事や心配がある女性

外出先でもさっと使える除毛クリームではなく、それ以外の部位にも使いたいなら選ぶ除毛クリームの基準も変わってきます。

内容量の多いものを選ぶ

指毛以外にも全身の除毛が行いたいなら内容量が多いものを選びましょう。

一般的な除毛クリームは200g~250gなので、これらの基準を満たしたものを選ぶと全身のあらゆるムダ毛を処理できてしまいます。

※ここからは貧乏臭いと言われるかも知れませんが、除毛クリームを節約するコツを少しだけご紹介。

実は腕や足に使ったあとのクリームにもまだ毛を分解する力が残っているので「腕・足・ワキ毛」の処理に使い終わったクリームを指毛の生えている部分に塗って10分程度に放置すると指毛もしっかり除毛できるんです。

これは右腕に塗ったものを左腕に塗れば倍以上の時間はかかりますが、除毛クリームを節約することができます。

「こんな面倒で貧乏臭いことはしたくない」と思われる方は真似しないでください。

あくまで除毛クリームの節約方法をお伝えしただけですから、真似をするのもしないのも判断はこの記事を読まれたあなたにお任せいたします。

VIOに使えるものも選択肢に

指毛以外にも使う場合は、VIO(アンダーヘアー)に使えるものを選ぶと何かと便利ですよ。

VIOに使えるものは当然指毛の処理にも使えますし、VIOに使える除毛リームは数が少ないので、VIOに使えるものでアンダーヘアーを処理しすると膀胱炎や雑菌の付着するリスクを下げてアソコが蒸れない状態を維持できれば、アソコの匂い軽減にも役立つため、VIOに使えるものを選ぶのがオススメです。

指毛の処理だけに使いたい市販のオススメ徐毛クリーム

手をつなぐ幸せそうな男女

ここからは指毛の処理だけを行いたい方にオススメの徐毛クリームをご紹介します。

JOMOX

JOMOX

JOMOXは雑誌やSNS、インスタなどで流行っている除毛だけでなく、使えば使うほどムダ毛の成長を緩やかにする抑毛効果も期待できる除毛クリームです。

JOMOXの公式サイトによると、

カミソリ 3~4日で生え始める 肌荒れ×
毛抜き 2週間~3週間は脱毛効果が持つ 肌荒れ×
JOMOX 2週間~2.5週間はムダ毛の処理が不要 ツルスベな状態を維持

JOMOXは根本からムダ毛を取り除き、イソフラボンの力で毛の成長を緩やかにする効果も期待できるようになっています。

公式サイトにはワキ毛に使用することが推奨されていますが、ワキ毛と同時に指毛の処理に使えばムダ毛が根本から取り除けてるので、より除毛効果を維持することができるでしょう。

JOMOXは単品や2本セットだと、定価だったり送料がかかりますが、1番人気の4本セットには1本無料で貰える特典が付くため、1本あたり2,880円でJOMOXが買えてしまいます。

バッグやポーチにJOMOXを1つ潜ませておくだけで、デートや楽しい旅行も安心できますね!

>JOMOX公式サイト

ケナイン

ケナイン

ケナインはスプレー型の除毛剤です。

塗る量さえ間違わなければ根本から毛を取り除けますし、私もケナインを使っているのですが今まで使った除毛剤の中で最も刺激が少なく、除毛中や除毛後の匂いがほとんどしない除毛剤はケナインしか知りません

内容量が100mlなので持ち運びはできますが、こちらは自宅でじっくり除毛する方が安心ですね。

下に新聞紙やタオルを敷いておくと液ダレをしても安心ですし、自宅だと周りに飛び散る心配もないので、ケナインに関しては自宅で使ってください。もちろんお風呂場で使うと、

  • 肌の汚れを落とす
  • 除毛後のクリームを洗い流す

が一遍にできるので、可能であればお風呂場で指毛の除毛を行うことをオススメします。

ケナインの使い方が難しいと感じるのは使い慣れないはじめのうちだけなので、使い方にさえ慣れてしまえば根本からごっそり除毛できるケナインが手離せなくなるでしょう。

ちなみにケナインもVIOに使える除毛剤なのですが、少し液だれしやすい傾向にあるので、

  1. 指や手のひらにケナインをスプレーする
  2. 手の取ったクリームを指でVIOに塗る

この手順を守ると液だれの心配もなく指毛やVIOもすっきしできるでしょう。

指毛や別の部位にも使いたい市販のオススメの除毛クリーム

両手を上にあげて喜ぶ女性

指毛だけでなく、それ以外の部位にも除毛クリームを使いたい方向けのオススメの除毛クリームをいくつかご紹介させていただきます。

ミュゼ徐毛クリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

脱毛サロンのミュゼプラチナムが監修した商品がミュゼ除毛クリームです。

  • 内容が1本200g
  • 全身に使える
  • Vラインまで使える(粘膜部分に付着しないように気を付ければVIO全てに使える)
  • 単品だと2,980円だが、公式サイト限定で3本セットで購入すると、1本あたり2,575円で購入できる

このようにミュゼプラチナムが監修していて、注意を払えばVIOの毛もミュゼ除毛クリームがあれば簡単に除毛することができ、クリームの質も硬めに作られているので、指毛の除毛にも最適なアイテムとなっています。

ケナクス

KENAX(ケナクス)除毛クリーム

こちらはVIOに使える数少ない除毛クリームのひとつです。

VIO(アンダーヘア)を処理すると、

  • 見た目が綺麗になる
  • 排せつ物が付着しづらくなる
  • 蒸れにくくなるからアソコの臭い軽減にも効果的
  • 男女ともVIOを処理すると営みの際に別世界を体感できる

このようなメリットもありますし、ケナクスも当然指毛の処理にも使えます。

VIOやワキ毛、指毛を処理したいならケナクスがぴったりですね。

価格の詳細はこちらの記事をご覧ください。

プレミアムリムーバーグート

プレミアムリムーバーグート

プレミアムリムーバーグートは、

  • ワキ毛

だけに使用を認められたかなり珍しいタイプの除毛クリームです。

使える使用部位に「腕と足」と書かれているので、「手の指毛と足の指毛」にも使えるようになっています。

  • 内容量250g
  • 3本セットには1本おまけでもらえる特典が付くので1本あたり2,370円と最安値に

使用部位は限られていますが、多くの方が処理したい腕(指毛)、足(指毛)、ワキ毛に使えて内容量が多くの値段安いことこら、コスパよく指毛だけでなく全身の除毛を行いたい方はプレミアムグートも有力な選択肢ですね。

ちなみにセット割引を受けられるのはプレミアムリムーバーグートの公式サイト限定のため、Amazonや楽天では割引得点はなく定価で購入するしかありません

お得に最安値でプレミアムリムーバーグートを買いたい方は公式サイトを利用しましょう。

>大容量の250gで、コストパフォーマンス◎のメンズ除毛クリーム

指毛を綺麗に処理する除毛クリームの使い方

喜ぶスーツ姿の女性

使い方と言っても指毛の処理に使う場合はそれほど難易度は高くないため、基本さえ押さえておけば綺麗に除毛することかできます。

  1. 手を洗う、もしくはウェットティッシュ除毛する箇所の汚れを拭き取る
  2. 指の毛の生えている部分に除毛クリームを多めに塗る
  3. 木べら等(アイスの棒も意外と使えます)でクリームと一緒に少し棒で擦りながらムダ毛を落とす
  4. 手をよく洗う
  5. 化粧水や保湿クリームでケアすれば完了

除毛に失敗する主な原因は塗るクリームの少なさにあるので、ある程度多めに塗ると一発で綺麗に処理することができるでしょう。

頻繁に指毛の処理がしたくないなら抑毛剤も視野に入れよう

除毛クリームはムダ毛を直ぐに取り除けるのが魅力ですが、除毛クリームは今生えている毛にしか効果がありません。

そうなるとずっと除毛クリームを買い続けることになってしまうので、抑毛剤や脱毛器をうまく取り入れると指毛の処理回数が減って除毛クリームを使う回数もグンと減るため、コスパを考えると抑毛剤も選択肢の一つに入るでしょう。

おすすめの抑毛剤はパイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは化粧水という扱いですが、高純度のイソフラボンやパパインなど抑毛ローションに欠かせない成分が配合されているので、

  • 1日2回、パイナップル豆乳ローションを指に重ね塗りをする
  • これを約3ヶ月続ける

たったこれたけで指毛の毛の質が変わってムダ毛の処理回数が徐々に減り、除毛クリームを使う機会も減るでしょう。

パイナップル豆乳ローションは他の除毛クリームとの併用ができるため、かなり利便性の高い抑毛ローションになっています。

また、女性の約7割が口周りの産毛を人知れず剃って処理しているというデータもあるので、もし同様の悩みを抱えているのでえれば指毛と共に口周りにもパイナップル豆乳ローションを重ね塗りをすると、指毛と口周りの産毛や髭も一緒に抑毛ができてしまうんです。

もし抑毛にも興味がおありでしたら以下の記事も併せてご覧ください。

まとめ

指毛の処理に使う除毛クリームの量はあまり多くないので、自宅や外出先でも使いやすいコンパクトサイズのものがオススメです。

もちろん指毛意外にも使いたいのであれば内容量が多いものを選んだ方がコスパはよくなりますが、持ち運ぶことを考慮するとやはりコンパクトなサイズの方が適しているでしょう。

  • 持ち運びやすいもの
  • 大容量なもの

どちらを選んでも指毛の除毛はできますし、塗るクリームの量さえ間違わなければ指毛を綺麗に処理することができます。

今回ご紹介した商品を参考に綺麗な指を保ってくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事