ルームウェアの女性

今までムダ毛は剃って処理してきたけど、濃くなってきた体毛を根本からなんとかしたい、そう思っても一度濃くなった毛は並大抵なことはでは薄くならないし、かと言って剃り続けても毛が薄くなることはありません。

そこで濃くなった体毛を薄くする2つの方法についてまとめてみました。

濃くなった体毛を薄くする方法

ルームウェアの女性

一度濃くなった体毛を薄くする方法は大きく分けて2つの方法があります。

  • 毛の成長を緩やかにする抑毛
  • 毛根部分にダメージを与えて毛が生えづらくなる脱毛

一つずつ詳しく見ていきましょう。

毛の成長を緩やかにする抑毛

身体の中で男性ホルモンが優位に立つと体毛が濃くなってしまうので、外部から女性ホルモンに似た成分を与えることで毛の成長を緩やかにして、体毛自体を薄くする方法が抑毛です。

この抑毛をするのに必要なものは市販されている「抑毛クリーム・抑毛ローション」を使う方法があります。

市販の抑毛グッズを使うメリットは何と言っても簡単で日持ちがすること。豆乳をベースとした手作りローションを作ることもできるのですが、手作りローションは日持ちもしないしその都度作る手間がかかるので、途中で面倒になって抑毛自体を諦めるケースも少なくありません。

一方市販の商品は日持ちもするしネットで注文すれば中身が分からない状態で商品が届くので、いつでもだれでも簡単に扱えるようになっています。

抑毛ローションを使う手順はとっても簡単。

  1. 毛を薄くしたい部分の毛を剃る
  2. ローションを塗る部分をウェットティッシュなどで汚れを拭き取る(入浴後がベスト)
  3. 抑毛ローションを塗る
  4. これを1日2回、3か月程度行う

抑毛は3か月程度かかるのが難点ですが、カミソリで剃ったり除毛クリームでムダ毛を処理するだけだと基本的に毛が薄くなることは無いので、使った時にしか効果を発揮しないカミソリ等を使うよりも長い目で見ると抑毛ローション等を使った方が悩みを解決する最短の道になるんです。

オススメの抑毛ローションは知名度や実績があるものとしては、鈴木ハープ研究所が販売しているパイナップル豆乳ローションですね。

気になる方は以下のリンクをご覧ください。

パイナップル豆乳ローション【プレミアム】

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

毛根部分にダメージを与えて毛が生えづらくなる脱毛

毛を薄くするもう一つの方法はクリニック等で施術を受ける脱毛です。

と言っても通常永久脱毛を受けるには「お金・通う手間・予約する手間」などがかかるため現実的な選択肢には入りません。

そこでオススメの方法が家庭用脱毛器を使うことです。

脱毛とは本来医療従事者による施術が必要なのですが、家庭用脱毛器は一般の人でも安全に使えるように威力を一定レベルに抑えられているので、永久脱毛まではいきませんが体毛の成長を抑える有効な手段の一つ、それが家庭用脱毛器を使う方法。

家庭用脱毛器は手軽なものだと2万円から買えるものもありますが、安すぎる商品は照射する力が弱かったり使える回数が少ないものが多いので、6万~8万円を目安に選ぶと買った後にあの商品にすればよかった!と後悔しなくても済むでしょう。

家庭用脱毛器は決して安い商品ではありませんが、

  • 自宅で使える
  • いつでも気が向いた時に使える
  • 家族で共有もできる

などのメリットも多いので、本格的に体毛を薄くしたいと考えるのであれば家庭用脱毛器も有力な手段になるでしょう。

家庭用脱毛器でオススメなのはケノンですね。

私自身もケノンを使っているのですが、最新のものは威力を最大で使っても50万発も照射できるようになっているので、

  • VIO

の他に、髭やうなじにも使えるからケノンは男女問わず買って損をしない脱毛器と言えるでしょう。

>自宅で本格脱毛!最新型脱毛器「ケノン」使えばわかる凄さ!


まとめ

  • カミソリ、シェーバー
  • 毛抜き
  • 除毛クリーム

といったものでも毛の処理はできるのですが、カミソリで剃り続けても体毛が薄くなることは無いですし、逆に継続して肌にダメージを与え続けると肌荒れや黒ずみの原因にもなるので、剃るなどの方法を生涯続けるよりも、抑毛りょーしょんや脱毛器を使ってムダ毛の悩み自体を解消してした方が時間の節約にもなるしストレスの軽減にもつながるため、本格的に体毛を薄くしたいと考えるのであれば、抑毛ローションや家庭用脱毛器を検討してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事