ポイントの文字

除毛クリームは毛の長さで変わる!?綺麗に処理する正しい使い方とは

いきなりですが、除毛クリームを使用した事はありますか?

冬はあまり使用する機会がないかもしれませんが、夏になると肌の露出が高くなるので、使用する頻度が増える方が多いですね。

今回は除毛クリームの正しい使い方を詳しくご紹介します。

除毛クリームの使い方やコツ

 

ポイントの文字

まずは除毛クリームの正しい使い方やコツから。

除毛クリームの使い方

除毛クリームは正しい使い方をしてこそ、効果が発揮できますし、使用後の肌トラブルも回避できます。商品に記載されている使用方法を必ず守るようにしましょう。

  1. 肌を綺麗に洗う
    汚れや汗、皮脂が残っていると除毛クリームの効果に影響が出てしまうので、除毛を行う直前にお風呂に入り、水分をよく拭き取ってから始めましょう。
  2. 除毛クリームを塗る
    付属のヘラやスポンジを使用し、除毛した部分に除毛クリームをまんべんなく塗っていきます。待ち時間が説明書の指示通りに行いましょう。
  3. 除毛クリームを落とす
    時間をおいたら、除毛クリームを落としていくのですが、その際、一気に落とすのではなく、ヘラやスポンジで優しく削ぐように落としましょう。
  4. 皮膚についた汚れを洗い流す
    除毛クリームを除去したら、ぬるめのお湯か水で丁寧に洗い流しますが、肌が敏感になっている状態なので、アルカリ性の石鹸やボディーソープは使用しない方がよいでしょう。どうしても使いたい場合は弱酸性のものを使用するようにして下さい。

部分別除毛クリームの使い方

次に、部分別除毛クリームの使い方をご紹介していきます。

背中

背中の除毛を自分で行う場合は、カミソリやシェーバーは難しいかと思いますので、除毛クリームがオススメ。

ポイントとしては、うまく道具を利用すること。クリームを塗る際に塗りにくい場所は、付属のヘラやまごの手などを使用するとよいでしょう。

また、クリームを落とし際は、持ち手の長いボディブラシで優しくこする方法もあるのですが、スポンジ使用OKの除毛クリームのみに限られます。

VIO

VIOなどのデリケートゾーンは、皮膚が薄く粘膜にも近い部分なので、ムダ毛処理が最も難しい場所。除毛クリームを使用する場合は、必ずVIOに使える商品を選んで下さい。

除毛クリームが体内に入ってしまうと危険な場合があるので、粘膜にクリームがつかないよう注意しながら塗って欲しいのですが、コツとしては量は少なめに取り、薄く延ばしていくこと。そして、しっかり拭き取ってから洗い流すという事を意識しながら行いましょう。

>ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム


除毛クリームで綺麗に除毛するためのコツ

綺麗な女性の足

除毛クリームはしっかりコツを掴んでおかないと綺麗に脱毛する事ができないので、綺麗に脱毛するコツをご紹介していきます。

使用前にお風呂に入る

これは正しい使い方でもご紹介しましたね。除毛クリームを塗る前に清潔な状態で使用しなければいけないので、使用前にお風呂に入る事をオススメしているのですが、それだけではなくお風呂に入ると体が温まるため毛穴が広がります。

そうする事により、除毛クリームの有効成分が毛穴の奥まで届き、より根元からの除毛が可能になるということ。

特に毛が太くて濃い部分は、除毛しても黒ゴマのようなポツポツが残りやすく見た目も汚くなってしまうので、毛穴を開いてから除毛クリームを使用する事で、毛穴残りが軽減されるというわけです。

広い部分は計画的に行う

脚や腕など広い部分に除毛クリームを塗る際は、一度に塗ってしまわずに少しずつ出して塗るという事を心掛けましょう。

一度に大量に出してしまうと垂れ落ちやすく全体に伸ばすのも大変。上から下へと塗る順番を決めたら、ヘラで落とす時も上からという風にすると、塗布時間が均等になります。

また、毛が濃い部分と薄い部分で差がある場合、濃い部分を先に塗り、置く時間も薄い部分よりは長くするなどうまく調整しながら行いましょう。

乾燥させない

除毛クリームを塗ってから5分や10分放置しますが、その間にクリームが乾燥してしまうと効果が半減してしまうので、湿度の高い浴室で行う、ラップで覆って乾燥を防ぐなどの対策が必要です。

ただし、水に塗れると、クリームが落ちてしまいますので気をつけましょう。

一気に洗い流さない

除毛クリームでタンパク質が分解された毛は、多くが溶けてしまいますが、中にはもろくなった状態で、完全に溶け切っていない毛もあります。

その際、いきなり洗い流してしまうと、途中段階の毛をうまく除去する事ができなくなってしまうため、肌にダメージを与えない程度にヘラで削ぎ取ったり、ティッシュやブラシでこすり落とす事で、綺麗に処理できるんです。

アフターケアはしっかり

除毛クリーム使用後の肌は敏感になっており、肌表面の角質層が一部剥がれてしまっている事もあるので、保湿ケアが必須。

保湿ケアを怠っていると、折角ツルツルになった肌でも赤くなったりガサガサになってしまったりが目立ってしまっては除毛をした意味がなくなってしまうので、除毛後のアフターケアはしっかり行ってください。

除毛クリームは毛の長さで効果は変わるのか?

考え事をするルームウェア姿の女性

除毛クリームは毛の長さで効果は変わってくるのでしょうか?

毛が長すぎても効果は変わらない

  • 初めてムダ毛を処理する
  • 久しぶりに処理をする

こんな時はある程度ムダ毛が伸びた状態になりますが、除毛クリームは毛が伸びていても基本的な効果に差はありません。

ただし、塗るクリームの量は少し多めに使う必要があるので、ムダ毛処理は計画的に行って方がコスパが良いんです。

短すぎると効果がでにくい

短い毛というと一般的に2㎜から3㎜程度を指す事が多く、除毛クリームを使用する場合、2㎜から3㎜の産毛のよな細くて短い毛でもしっかり除毛する事ができます。

販売されている除毛クリームは1㎝くらいまでの毛の長さであれば綺麗に脱毛できる仕様になっているのですが、逆に、1㎜くらいの短さになると、根元からの除毛は難しくなることも。

この場合でも効果がゼロになるわけではありませんが、短すぎると思ったら除毛クリームではなく除毛スプレーを使うなど工夫をすると綺麗に処理できるようになります。

除毛クリームとカミソリの違い

虫眼鏡と綺麗な背景

ここでは、除毛クリームとカミソリ脱毛の違いを見ていきましょう。

まず、除毛クリームのメリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット:生えてきた毛がチクチクしない・剃り残しがない
  • デメリット:肌に直接塗るので肌に合わない場合がある

カミソリ脱毛のメリット・デメリットは以下の通り。

  • メリット:手軽さや利便性の高さ
  • デメリット:肌を傷つける恐れがあり、生えてきた毛がチクチクする

除毛クリームはカミソリ脱毛に比べ綺麗にムダ毛を処理する事ができますが、肌に直接塗る事になるので、肌が弱い方などは、パッチテストを行ってから使用する事をおすすめします。

また、毛の成長に関して、除毛クリームは根元からの除毛になるため、カミソリに比べると効果が少し長く続くのも特徴ですね。

>ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム


まとめ

今回は除毛クリームについてご紹介してきました。

除毛クリームは正しい使い方をしないと効果が半減してしまうので、しっかり利用する商品の説明を読んで使うようにしましょう。

そして、脱毛度のアフターケアも重要になるため、保湿する事を忘れないようにして下さいね。

ポイントの文字
最新情報をチェックしよう!