顎に手を当てて考え込む男性

ムーモは男性でも使える?剛毛なメンズでもゴッソリ除毛する方法

ムーモと言えばシアバターが配合され保湿や潤いに特化した除毛クリームなので、公式サイトや他のサイトを見てみると女性向けの商品と言ったイメージがあるので、男性が利用しづらいのも事実。

そこでムーモは男に使えるのか?さらに男性でも満足のいく使い方について調べてみました。

ムーモは男でも使える?

お後に手を当てて考える男性

ムーモの公式サイトこちらを覗いてみると「女性向けの商品」となっていますが、

ムーモ公式サイトに男性の剛毛でも使えると書かれている画面
引用元:ムーモ公式サイト

このように公式サイトには「剛毛な男性でも使える」とはっきり記載されています。

つまり、保湿に特化した除毛クリームだけど、肝心の除毛効果は男性でも満足できるものになっているので、敏感肌の方でも安心して使えるんですね。

その証拠に、

ムーモが敏感肌や子供でも使えると記載されている公式サイトの画面
引用元:ムーモ公式サイト

パッチテスト前提とはなりますが、公式サイトには「敏感肌でも使える、子供でも使える」とはっきり書かれているので、

  • 肌への優しさ
  • 除毛力

この2つを両立しているムーモは毛量の多い男性でもしっかり効果を実感できる除毛クリームになっているようです。

ムーモは男でも使えるなら髭の除毛も大丈夫?

ほとんどの男性は毎日髭を剃らなければならず、肌が弱いとカミソリ負けを起こして毎日口周りがヒリヒリする。。

そんな煩わしさを解消するために「除毛クリームを使って髭を根こそぎ処理したい」と思うのは当然ですが、ムーモに限らず除毛クリームで髭の処理をすることだけは絶対に避けてください

「髭 除毛 ユーチューブ」などで検索すると除毛クリームで髭を除毛した強者たちの動画がアップされていますが、髭に使える除毛クリームは現在(おそらく今後も)ただの1つも販売されていません

髭は、

  • 毛が1本1本が太い
  • 毛が密集している
  • 顔は荒れやすく治りづらい

このように処理する側にとってはかなり厄介な部位なので、除毛クリームとは相性が最悪な部分でもあります。

ムーモに含まれている有効成分「チオグリコール酸カルシウム」は毛髪に含まれるタンパク質を作用することでムダ毛を取り除けるので、髭も同じ毛であることには変わりが無いため髭にも使えそうな気もしますが、チオグリコール酸カルシウムは同時に肌に含まれるタンパク質にも作用してしまうので、肌荒れの原因にもなるんです。

これが腕や脚なら問題ないのですが、顔となると話は別。可能性が万が一だとしても口周りやアゴ、頬などが荒れてしまったらどうなるか。。想像しただけでもゾッとしちゃいます。

そんなマスクを欠かせない生活を覚悟するなら髭にムーモを使ってもいいとは思いますが、個人的には絶対に髭の除毛はオススメできません。

ムーモは敏感肌、今度もでも使えるように刺激を抑える作りになっていますが、顔にだけは絶対に使わないようにしましょう。

男性でも効果を実感できる!ムーモの使い方

喜ぶ男性

ムーモは他の除毛クリームと同様「塗って、放置して、洗い流すだけ」なのですが、より効果的に除毛がしたいなら以下の手順を参考にしてください。

必ず入浴後(身体を洗った後)に塗る

入浴後に塗る理由は毛穴が開いて皮脂などの汚れが取り除かれているからです。

これはムーモだけでなく他の除毛クリームにも言える事なのですが、除毛クリームは肌に皮脂や汗、古い角質といった汚れが付着していると綺麗に除毛しきれず、毛が中途半端に残って黒いポツポツ見える原因に。

これが入浴後や身体を洗った状態で使うと余分な汚れが落ちて毛穴が開いた状態で除毛できるため、女性より体毛が濃い男性でも除毛効果を十分に実感できるようになります。

そして除毛後はクリームを拭き取るだけだと肌荒れを起こす可能性もあるので、浴室で使えば除毛後にクリームを洗い流すことができるため、除毛クリームを使う場所としてお風呂場は最適な場所なんです。

ムーモを塗る量に注意

ムーモは1本の内容量が120gと他の除毛クリームと比べて少ないため、出来るだけ薄く塗ってクリームを節約したい気持ちはよーーく分かります。

ただ、クリームを塗る量が少ないと除毛に失敗する最も大きい原因になるため、節約したつもりが再度除毛することになり、結果として余分にムーモを使うことに。。これじゃ意味ないですよね。

なので、もったいないという気持ちをできるだけ抑えて、一般的な除毛クリームと同様にクリームで毛が覆い隠れるくらい多めに塗るようにしてください。

そうすると剛毛で多毛な男性でもムーモの効果を実感できるようになります。

ムーモの使い方

最後にムーモの使い方を一覧にまとめてみました。

  1. 身体よく洗う(石鹸等は使わない)
  2. 身体についた水けを完全に拭き取る
  3. 除毛したい部分にムーモを塗る
  4. 放置時間は10分程度(10分以上放置しても効果は変わらないし、肌が荒れるだけなので放置時間は守りましょう)
  5. スパチュラやスポンジを使ってクリームと一緒にムダ毛を拭き取る
  6. 必ずお湯を使ってクリームを完全に洗い流す
  7. 化粧水や保湿クリームを塗る

「身体を洗って、塗って、放置して、洗い流す」基本的にはこのような流れになりますが、コツとしてはクリームを拭き取る際にスパチュラやスポンジで除毛後の毛をゴシゴシ拭き取るようにしないと、中途半端にちぎれた毛が残ってしまい、見た目が汚くなってしまいます。

ゴシゴシ拭き取ると直後は肌が赤くなりますが、お風呂から上がって十分に保湿を行うと1~2時間程度で肌の赤みも治まるので、ゴシゴシ拭き取った方が根元から毛を取り除けるので除毛効果の持続期間も延びるんです。

こうすることで男性でも十分か効果を実感できるようになるので、上記のコツをご参考ください。

まとめ

ムーモは刺激を最小限にとどめる工夫がされているので女性はもちろん敏感肌や子供でも使えるようになっています。

それと同時に剛毛な男性でも使えると公式サイトにも書かれていますし、私自身ムーモの効果に不満を持ったことが無いので、男性でもムーモの効果を十分に実感できるでしょう。

男性でも使えると分かったら試さない手は無いですね。

ムーモを試してみる

顎に手を当てて考え込む男性
最新情報をチェックしよう!