考え事をするエプロン姿の女性

DレジーナエピプレミアムでIラインを除毛する注意点と正しい使い方

あなたはIラインの毛の処理ってどうしていますか?

シェーバーで剃ったり毛抜きで抜くのが一般的ですが、頻繁に処理するのも面倒だし肌にダメージを与え続けるとアソコが黒ずんでしまうんじゃないかって心配がありますよね。

そこで今注目を集めているのが除毛クリームを使って手軽に処理をする方法ですが、ほとんどの除毛クリームはIラインを含めたVIO全版に使うことを禁止しています。

そんな中Dレジーナ エピ プレミアムはVラインに使うことを薦められている除毛クリームで、Vラインに使えるならIラインにも使えるのでは?と思いますよね。

そこでDレジーナ エピ プレミアムはIラインに使えるのか?Iラインに使う時の注意点は?など、Dレジーナ エピ プレミアムの気になる疑問について調べてみました。

Dレジーナ エピ プレミアムはIラインに使える?

考え事をするエプロン姿の女性

Dレジーナ エピ プレミアムでIラインを処理したいと思っても、Iラインに使えなければ意味がありません。

そこで詳しく調べてみると、メーカー側としてはDレジーナ エピ プレミアムをIラインに使うことは推奨していませんでした

これはクリームがIラインの粘膜部分に付着すると、強い痛みや痒みを引き起こす可能性があるからだそうですが、でも逆に言えばIラインの粘膜部分にクリームが付着しないように気を付ければ問題ないということ。

実際Iラインの処理に除毛クリームを使っている人は多くいて、そのほとんどの方が肌トラブルを起こさずに問題なく除毛出来ているようなので、つまり自己責任ではありますが「Dレジーナ エピ プレミアムはIラインに使おうと思えば使える」という事です。

Dレジーナ エピ プレミアムをIラインに塗る時の注意点

上記のようにDレジーナ エピ プレミアムでIラインの毛を除毛する事は出来ますが、Iラインに塗る場合は細心の注意を払わねければなりません。

その注意点とは「Iラインの粘膜部分にクリームが付着しないようにする」ということです。

これはDレジーナ エピ プレミアムだけでなく他の徐毛クリームにも言えることですが、粘膜部分にクリームが付着していまうと、どんなに肌に優しい成分で作られていても、クリームが粘膜部分に付着すると強い痛みや痒みを引き起こす原因になることも

特にIラインは体内にクリームが入ってしまうと、洗い流したくても洗い流せない状態になってしまいまい大変危険です。

これはIラインだけでなくOラインにも当てはまるので、粘膜部分や皮膚の色が変わっている部分にはクリームを付着させないようにしましょう。

Dレジーナ エピ プレミアムをIラインに塗るときのポイント

吹き出しの中に書かれたpointの文字

注意点だけを見るとIラインに使うと危険だと思うのも当然ですが、これは間違った使い方をした場合なので、正しい使い方をすればトラブル無く使えてしまいます。

では正しい使い方とはどういったものなのか?

そこでDレジーナ エピ プレミアムをIラインに使う時のポイントをご紹介します。

クリームを粘膜部分に付着させない

まず第一の考えなければならないのが「粘膜部分にクリームを付着させない」ということです。

「Iラインの粘膜部分ににクリームが付いたらどうなるか」と考えてもあまりピンと来ないかもしれませんが、目の粘膜に置き換えると分かりやすいと思います。

目に徐毛クリームが入ると危険ですよね?

それと同様にIラインの粘膜部分にDレジーナ エピ プレミアムが付着すると、激しい痒みや痛みを引き起こすことに繋がるので、Dレジーナ エピ プレミアムをIラインに塗るときは必ず目視をしてクリームが粘膜部分に付着させないように注意しましょう。

肌が濡れた状態で使わない

肌に優しい成分で作られているDレジーナ エピ プレミアムですが、肌が濡れた状態で使ってしまうとクリームが垂れて粘膜部分に付着する可能性があります。

これはIラインに限った話ではなく、他の部位に塗った場合も肌に水分が残っているとクリームが垂れて除毛に失敗する原因になるのですが、これを防ぐ方法はただ一つ「水分をよく拭き取った後に塗る」これだけです。

Iラインの除毛は主に浴室で行うと思うので、陰部を洗った後に全身を乾いたタオルで拭いて水けを全て拭き取った後にDレジーナ エピ プレミアムを使うと、クリームが垂れて肌荒れを起こすリスクは減らせます。

Dレジーナ エピ プレミアムはこちら

放置する時間を短くする

Dレジーナ エピ プレミアムは本来クリームを塗った後に10分~15分で放置するとなっていますが、Iラインに使用する場合はそんなに長くても10分以下にしてください。

その際に徐毛残しがあっても、続けてクリームを塗ってはいけません

最低でも24時間は除毛するのは避けて肌を落ち着かせてから再度除毛しましょう。

徐毛後は必ずお湯で洗い流す

Dレジーナ エピ プレミアムの公式サイトには使用後に「拭き取ってもOK」と書いてありますが、Iラインにクリームが少しでも残っていると痒みや痛みを引き起こす原因になります。

IラインやOラインにDレジーナ エピ プレミアムを使用した後は、必ずシャワーなどを使ってクリームが完全に落ちるまで念入りに洗い流しましょう。

Dレジーナ エピ プレミアムの使い方

Dレジーナ エピ プレミアムの基本的な使い方は「塗って、放置して、洗い流す」だけですが、より効果的な使い方はご紹介します。

体をよく洗った後に塗る

Dレジーナ エピ プレミアムに限らず、除毛クリームは肌に汚れが付着した状態で塗ると除毛に失敗する原因になってしまうので、除毛前に体(陰部)をよく洗った後に使うと、綺麗に除毛しやすくなります。

この時に石鹸やボディーソープを使わないようにと言われていますが、これは除毛クリームとアルカリ成分が化学反応を起こして肌トラブルの原因になる可能性があるからです。

しかし根元からがっつり除毛したいのであれば肌に汚れが残った状態は避けたいので、身体を洗う際に石鹸やボディソープを使っても問題ありません。

入浴後に塗る

入浴後に使うと毛穴が開いた状態になるので、Dレジーナ エピ プレミアムの有効成分が毛穴の奥深くまで浸透しやすくなります。

どうしてもお風呂に入れない時はウェットティッシュでIラインの汚れを拭き取るだけでも問題ありませんが、除毛後はお湯でクリームを洗い流す必要があるので、Iラインを除毛はお風呂にはいれる時だけにしましょう。

毛穴が開いた状態で使うと長く除毛効果を保てるというメリットも。

クリームはたっぷり塗る

Iラインの毛は体毛の中でも特に頑固な部分なので、塗る量が少量だと除毛に失敗して再度やり直すことに繋がってしまいます

除毛に失敗すると再度除毛する手間もかかるしクリームも余分に使うことになるので、Iラインを除毛する時は毛がクリームで隠れるくらいたっぷり塗りましょう

除毛後はお湯でクリームを洗い流す

VIOなどのデリケートな部分以外にDレジーナ エピ プレミアムを使う場合は、10~15分放置した後にタオルなどでも拭き取るだけでも問題ありません。

しかしIラインのように肌が荒れやすい部位を除毛した後は、必ずシャワーなどを使ってクリームを完全に洗い流す必要があります

これは少しでも陰部にクリームが残っていると肌荒れを起こす原因になるからです。

Iラインの除毛後は特に念入りに洗い流しましょう。

除毛後は保湿をしっかりする

Dレジーナ エピ プレミアムには保湿成分がたっぷり含まれていますが、除毛後は肌が痛んだ状態になっているのでVIOなどの陰部の除毛をした後は化粧水や保湿クリームを使って肌を優しくケアしましょう

肌を潤った状態に保つことで黒ずみなどの肌トラブルを防ぐことにもつながります。

まとめ

Dレジーナ エピ プレミアムはIラインへの使用は推奨されていませんが、正しい使い方をすればIラインに使うことが出来ます。

さらにDレジーナ エピ プレミアムには除毛だけではなく抑毛効果も期待できるので、除毛と抑毛を同時に行えるDレジーナ エピ プレミアムはIラインの除毛にピッタリです。

Iラインに使う場合は必ず目視してクリームを塗り、クリームが粘膜部分に付着しないように注意しながら正しい除毛をしてIラインを常に清潔な状態に保ちましょう。

Dレジーナ エピ プレミアムはこちら

考え事をするエプロン姿の女性
最新情報をチェックしよう!