陰部にNULLリムーバークリームを使う前に必ず知っておきたいこと

陰部にNULLリムーバークリームを使う前に必ず知っておきたいこと

あなたはアソコの毛の処理ってどうしてますか?

陰毛を処理するメリットは、

  • 排泄物を付着させない
  • 蒸れを防いで痒みを予防する
  • 菌が繁殖して膀胱炎や臭いの軽減に役に立つ

などなど、陰毛を処理するメリットが数多くありますが、陰毛の処理って面倒ですよね。

カミソリで剃ってもすぐに生えてくるし、抜くにしても痛みや時間がかかるから除毛クリームが使えれば…なんて思う方も多いはず。

そこで除毛クリームの王様ともいうべきNULLリムーバークリームが陰部に使えるかどうか、また使うにはどうすれば良いのかについて調べてみました。

NULLリムーバークリームが陰部に使えない理由

NULLリムーバークリームを陰部に使ってはいけない理由って何なのでしょうか?

大きく分けて2つの理由があります。

肌荒れのリスクがある

陰部はデリケートゾーンという名の通りとても敏感で肌荒れが起きやすい部分なので、刺激を受けやすく肌が荒れてしまう可能性があるからです。

NULLリムーバークリームに含まれている「チオグリコール酸カルシウム」は毛髪に含まれているタンパク質を分解することで、塗って放置するだけで毛をふき取れる状態にまで柔らかくすることができるのですが、しかし同時にチオグリコール酸カルシウムは皮膚のたんぱく質にも作用してしまい、皮膚も溶かしてしまうんです。(溶かすといっても肌がヒリヒリしたり痒くなる程度)

陰部は顔と同じくらい肌が敏感な部位なので、一般的な除毛クリームは陰毛の処理に使ってはいけないとされています。

女性は「膣付近」男性は「竿の先」にクリームが付着すると危険

陰部にNULLリムーバークリームが使えない理由は肌荒れは勿論ですが、女性は膣内、男性は竿の先にクリームが付着すると非常に危険だからという理由でNULLリムーバークリームは陰部の処理に使ってはいけないとされています。

皮膚の表面にクリームが付いただけであればシャワーで簡単に洗い流せますが、膣内や竿の先から体内にクリームが入ってしまうと洗い流すのがとても困難になり、激しい痛みや痒みを引き起こしてしまうのでNULLリムーバークリームは安全の為に陰部への使用を禁止しているんです。

NULLリムーバークリームを陰部に使うにはどうすればいい?

陰部への使用は推奨されていませんが、次の2点に注意すれば大きなトラブルは回避できます

必ずパッチテストを行う

陰部にNULLリムーバークリームを使う前にパッチテストを行えば肌荒れのリスクは避けられます。

正式なパッチテストの方法は、

  1. 除毛クリームを陰部の一部に塗る
  2. 大きさは10円玉程度の大きさにする
  3. そのままの状態で24~48時間放置して、かゆみや赤みが起きないか確認する

※本格的にパッチテストを行うなら皮膚科でお願いをする。費用は2,000円程度かかります。

このパッチテストを行えは陰部にNULLリムーバークリームを塗っても肌荒れのリスクを下げられますが、これらの手間をかけるのは面倒だと感じる方も多いはず。

そんな方は簡易パッチテストでも代用可能です。

やり方はとても簡単で、陰部にクリームを少し塗ってしばらく様子を見て、肌にかゆみや赤みなどの変化が起きなければOK

この時に肌がヒリヒリしたりかゆみが起きたらすぐに使用を中止してください。

女性は「膣付近」男性は「竿の先」にクリームが付着しないようにする

パッチテストで問題が無くても女性は膣付近の粘膜に、男性は竿の先にクリームが付着しないように注意しましょう。

男性の竿は常に目視出来るのでさほど難しくありませんが、女性の場合はIラインに塗るとクリームか垂れるなどして、粘膜部分にクリームが付着するリスクがあります。

そのため、陰部の特にIラインを除毛しようと思ったら、クリームを塗る時や塗った後もクリームが垂れて粘膜部分に付着しないように監視し続けなくてはいけません。

ただNULLはクリームが少し柔らかめな印象があるので、女性が陰部の除毛をするにはNULLリムーバークリームは少し難易度が高そうです

◆公式サイトはこちらです↓

NULL リムーバークリーム

NULLリムーバークリームで陰部(VIO)を除毛する手順

人差し指を立てて内緒のポーズをする女性

ここまではNULLリムーバークリームが陰部に使うリスクをお話ししましたが、使い方さえ間違えなければNULLリムーバークリームで陰部の除毛を行うことができます。

VIOそれぞれの除毛手順を見てみる前に、VIOとは、

  • Vライン(おへその下から性器より上の毛)
  • Iライン(性器周辺の毛)
  • Oライン(肛門周りの毛)

このようになり、特に注意が必要なのはIラインの除毛です。

では1つずつ見ていきましょう。

Vラインの除毛

NULLリムーバークリームはVラインへの使用も認めていませんが、Vラインは比較的簡単に除毛することができます。

  1. Vラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. お風呂から上がったらVラインに付いている水分を拭き取る
  4. NULLリムーバークリームをVラインに塗る
  5. 10分程度放置する
  6. クリームをお湯だけで完全に洗い流す

このような流れになります。

VラインはVIOの中で最も難易度が低い場所で比較的肌荒れも起こしにくいので、簡単に除毛することができるでしょう。

ただしIラインにクリームが垂れて付着しないように気を付けてください

そして除毛後もシャワーなどを使ってクリームを完全に洗い流すこともお忘れなく。

Iラインの除毛

男女ともに最も難しいのがIラインの除毛です。

男性は竿の先端にクリームが付着しないようにするためには、除毛中はアソコを手で持ってクリームが付着しないようにし続けなくてはいけません。

そして女性は粘膜部分にNULLリムーバークリームが付着しないように、塗る時や塗った後も目視し続けて粘膜部分に付着しないようにしてください。

これを怠ると男女ともに肌が荒れることは必須なので、絶対に守りましょう

Iラインを除毛する手順は以下のようになります。

  1. Iラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. お風呂から上がったらIラインに付いている水分を拭き取る
  4. NULLリムーバークリームをIラインに塗る
  5. 10分程度放置する
  6. クリームをお湯だけで完全に洗い流す

手順としてはVラインと同じですが、先ほどもお話ししたように男性は除毛が終わるまでアソコを手で持ち続け、女性は除毛中も粘膜部分にクリームが付かないように目視し続けてください

面倒でもNULLリムーバークリームでIラインを除毛したいと思ったら、この手間だけは絶対に欠かしてはいけません。

ちなみに除毛前後にお湯だけで洗い流すのは、石鹸やボディソープなどのアルカリ性のものを使ってしまうと、除毛クリームと化学反応を起こして肌荒れを起こす可能性があるからです。

なので、除毛前や除毛後は石鹸などは使わずにお湯だけで洗い流しましょう。

Oラインの除毛

Oライン(肛門周り)は鏡を使っても目視するのが難しいので、NULLリムーバークリームを手探りで塗らなければなりません

除毛自体はそこまで難しくないOラインですが、目視出来ないことを考えると一番厄介だといえるでしょう。

Oラインの除毛手順は、

  1. Oラインをお湯だけで洗う
  2. お風呂に浸かる
  3. お風呂から上がったらOラインに付いている水分を拭き取る
  4. NULLリムーバークリームを手探りでOラインに塗る
  5. 10分程度放置する
  6. クリームをお湯だけで完全に洗い流す

こちらもVIラインと手順は変わりませんが、やはり目視で塗るのはある程度の慣れが必要なので、最初は上手く除毛できないかもしれません。

ただし肛門にだけクリームが付かないように注意を払えば、NULLリムーバークリームでOラインを除毛することはできます。

VIOの除毛に共通すること

NULLリムーバークリームで陰部(VIO)を除毛したいと思ったら、必ずお風呂場で除毛してください

これは除毛後にクリームを完全に洗い流す必要があるのはもちろんですが、お湯に浸かると毛穴が開いた状態になるので綺麗に除毛しやすくなるからです。

ただしお風呂から上がった後に肌に付いた水分を完全にふき取らないとムラができたり、Iラインにクリームが垂れる可能性があるので、余分な水分を拭き取った後にNULLリムーバークリームを使用してください。

◆公式サイトはこちらです↓

NULL リムーバークリーム

陰部に使える除毛クリーム

NULLリムーバークリームは注意を払えば陰部にも使えますが、これはあくまで使おうと思えば使えるということです。

つまりNULLリムーバークリームで陰部の除毛をして肌が荒れても自己責任になってしまうので、やはり陰部は陰部に使えると表記されている除毛クリームを選んだ方がいいでしょう。

ただし陰部に使える除毛クリームはごく少数なので、どれが陰部に使えて除毛力もあるかが分からない人も多いはず。

そこで陰部に使えて除毛力もしっかりしている除毛クリームをご紹介します。

KENAIN(ケナイン)

KENAIN除毛スプレー

KENAIN(ケナイン)は陰部への使用を認められた数少ないスプレータイプの除毛剤です。

スプレータイプの特徴は有効成分が細かく剛毛な毛に対しても強い力を発揮してくれる他に、除毛クリームが塗りづらい二の腕の裏や背中も簡単に除毛することができます。

ただしスプレータイプの除毛剤には唯一の欠点とも言っていい価格が高めな傾向にあるので、安いクリームタイプで十分だと思う方もいるかもしれません。

単品や2本セットで購入する場合は公式サイトを含めたどの大手通販サイトを利用しても価格に差はありませんが、唯一公式サイトの3本セットには1本無料で貰えるので、計4本、1本あたりの価格が2,985円と最安値になりました。

  • デリケートゾーンに使える
  • 剛毛な毛に対しても力を発揮する

この2点を考えると、単品ではなく公式サイトの3本セット(+1本無料)で購入した方が良さそうですね。

このように、セット割引を利用すれば1本あたりの価格がNULLリムーバークリームと300円程度しか変わらないので、スプレータイプの除毛剤を陰部に使ってみたいと思われる方にはKENAIN(ケナイン)をオススメします。

◆公式サイトはこちらです↓

簡単お手軽除毛剤【KENAIN】

ケースベールリムーバー

ケースベールリムーバー

 

こちらのケースベールリムーバーはNULLリムーバークリームと同じクリームタイプの除毛剤なのですが、デリケートゾーン(VIO)に使えるように厳選された成分を配合しているので、陰部への使用も公式に認められています。

またケースベールリムーバーは女性向けの除毛クリームという印象があるので、男性はケースベールリムーバーではなく上記のKENAIN(ケナイン)の方がいいかもしれません。

デリケートゾーンに使えていい所しかないケースベールリムーバーですが、こちらの欠点は内容量が120gと他の除毛クリームと比べて少ないことです。

といってもVIOは腕や足に比べてクリームを塗る範囲が狭いので、120gでも十分に足りるでしょう。

ケースベールリムーバーはAmazonや楽天では購入出来ません。

購入できるのは公式サイトだけなので、気になる方はチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

ケースベールリムーバー

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ除毛クリーム

コスパ良く陰部の除毛がしたいという方にオススメなのがミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームです。

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームはあの美容脱毛サロンのミュゼが監修している徐毛クリームなので、肌荒れの心配をしなくても済む数少ない除毛クリームの一つといえるでしょう。

もちろんミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームもVラインまでの使用が認められているので、Iラインは目視しつつ、Oラインは肛門の穴にクリームが付着しないように注意を払わなければなりませんが、それでも

  • ミュゼが監修している安心感
  • 内容量が200gもある

このように内容量も200gとNULLリムーバークリームと同じ量が入っているので、腕、足、脇毛、指毛、背中、お腹、うなじ、など全身の徐毛がミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームだけできてしまうのが、最大のメリットといえるでしょう。

ちなみに公式サイトには、

  • 単品購入
  • 2本セット購入

の2つがありますが、断然2本セットの方がお得です。

単品購入だと定価+送料がかかるのに対し、2本セット購入だと送料無料+10%オフになるので、断然2本セットの方がお得なのが分かりますよね。

陰部だけでなく全身をコスパ良く除毛したい方は、ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリームを利用してみるのもいいかもしれません。

◆公式サイトはこちらです↓

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

まとめ

NULLリムーバークリームは陰部へ使うことを認めていませんが、パッチテストや正しい使い方をすることで陰部の除毛を行うことができます。

しかし、NULLリムーバークリームを陰部へ使うのは全て自己責任となってしまうので、デリケートゾーンに使えると表記されているものを選ぶと安心ですね。

あなたも除毛クリームを使って陰部を清潔に保ってみませんか?

NULLリムーバークリームカテゴリの最新記事