K-OUTの効果は嘘?抑毛石鹸が怪しい理由を検証して分かったこと

K-OUTの効果は嘘?抑毛石鹸が怪しい理由を検証して分かったこと

体毛は気になるけど剃るとカミソリ負けを起こすし、肌に優しいと言われている除毛クリームを使っても肌が荒れてしまう。。

そんな敏感肌の方でもムダ毛対策ができるのが「抑毛」です。

抑毛は脱毛や除毛に比べると手間もかかるし時間もかかりますが、時間をかけて毛の成長を抑制するので、カミソリで剃ったり除毛クリームを使う場合に比べて根本からムダ毛対策ができます。

でも、抑毛を試してみたいけどローションやクリームタイプのものを定期購入するのは抵抗がある。

そんな方にオススメなのがK-OUTという抑毛石鹸です。

K-OUTは石鹸タイプの抑毛剤なので、いつも使っている石鹸やボディソープをK-OUTに替えるだけで手軽に抑毛を実感できますが、K-OUTについて調べてみると「嘘」というキーワードがありました。

手軽に抑毛がしたいけど、書かれているような効果が嘘だったり、怪しい商品は使いたくないですよね。

そこで今回はK-OUTの効果や”嘘”といわれる理由について徹底的に調べてみました。

K-OUTの効果は嘘?怪しいと言われている理由

考える女の子

体を洗うだけで抑毛効果が期待できるK-OUTですが、その便利すぎる使い方ゆえに「嘘」や「怪しい」といった書き込みがあるのも事実です

ではなぜK-OUTの効果について嘘や怪しいといった言葉が広がったのでしょうか?

調べてみると大きく分けて5つの原因がありました。

  • K-OUTを使ったのに脱毛できなかった
  • K-OUTを使っても毛が生えてくる
  • 手入れが楽って書いてあったのにコスパが悪い
  • 石鹸で洗うだけで抑毛できるなんて怪しい
  • 効果が嘘っぽい

これらの噂や口コミについて一つずつ検証してみましょう。

K-OUTを使ったのに脱毛できなかった

「K-OUTを使ったのに脱毛できなかった」という口コミはありますが、そもそもK-OUTは抑毛石鹸なので脱毛効果はありません

  • 抑毛は時間をかけて毛の成長を抑制するので、即効性は無い
  • 脱毛は毛抜きやブラジリアンワックスを使った後のように即効性がある

抑毛と脱毛はムダ毛対策としては同じ部類に入りますが、即効性がある脱毛に対してK-OUTは抑毛石鹸なので当然即効性は無く、脱毛と抑毛を勘違いした方がK-OUTの効果について誤った口コミを広げてしまったことが原因で「K-OUTの効果は嘘だ」という言葉だけが広がってしまったようです。

K-OUTを使っても毛が生えてくる

K-OUTは時間をかけて毛の発育を抑える期待できるという優れた抑毛石鹸なのですが、とはいってもK-OUTで永久脱毛が出来るわけではないので、K-OUTと使ったからといって必ず毛が生えてこないという訳ではありません。

K-OUTの抑毛効果というのはすぐに効果を実感できるものではなく、使い始めてから1ヵ月~3ヵ月の時間をかけて毛の成長を抑制するのでそれなりに長い期間でみる必要があります。

特に体毛が濃い方は毛が薄い人と比べると効果を実感するまでに時間を要してしまうので、効果を得られないからといってすぐに使うのをやめてはいけません。

体質や使い方にもよりますが、少なくとも1~2ヶ月は様子を見て使い続けてください

このように抑毛の性質を理解して使わないと「即効性が無いからK-OUTの抑毛効果も嘘だ」となってしまうんですね。

手入れが楽って書いてあったのにコスパが悪い

大きくバツを表示する女性

K-OUT自体の値段が高すぎるからコストパフォーマンスが悪い!という意見もよく目にします。

確かにK-OUTは通常の石鹸と比べると値段は高額ですが、K-OUTは単なる体の洗浄だけを目的にした石鹸ではなく、抑毛効果が期待できる有効成分を濃密に配合しているため、一般的な石鹸よりも価格が高くなるのは当然だといえるでしょう。

そしてコストパフォーマンスが悪いという意見ですが、レーザー脱毛などで何度もクリニックに通い数十万円のお金を払うということを考えれば、むしろK-OUTのコストパフォーマンスはかなり良いといえます。

これはブラジリアンワックスにも当てはまります。

ブラジリアンワックスはカミソリで剃ることに比べるとムダ毛を毛根から引き抜けるので比較的長い期間ツルスベな状態を維持できますが、それでも毛が生えてくる度に脱毛する必要があるので常にワックスを常備しなければなりませんし、ワックス脱毛は毛を無理やり引き抜く行為なので毎回脱毛時の痛みを味わわなければなりません

それに比べてK-OUTはムダ毛を剃った後に毎日体を洗うだけなので、ムダ毛処理の手間を考えるとK-OUTの方がコスパが良いといえるでしょう。

また「K-OUTはすぐになくなってしまうので、コストパフォーマンス悪い」という方もいます。

これは使用頻度や使用する部分によって部分的な抑毛をする人は長持ちするので、一概にK-OUTのコストパフォーマンスが悪いとは言い難いです。

そのためK-OUTを使用している方全員が、すぐに無くなると感じているという訳ではない事を理解しておく必要があります。

また女性の方の口コミで、結局毎日使用しなければいけないからカミソリを使うのと一緒で全然手入れが楽じゃない!という意見もありました。

この女性がおっしゃる通り、K-OUTで抑毛効果を得る為には毎日使い続ける必要があるのは間違いありません。

しかし考えてください、今これを見ている方は間違いなく毎日ボディーソープや石鹸を使い体を洗っていますよね?K-OUTは基本的に、この体を洗う作業だけで抑毛することが出来るんです。

他の抑毛方法は抑毛の効果を得るまでに様々な過程が必要となるのですが、K-OUTは毎日習慣的に行う洗体のみで抑毛効果に期待出来ますので、決して手間がかかるということはありません。

石鹸で洗うだけで抑毛できるなんて怪しい

顎に手を当てて考え込むスーツ姿の女性

そもそも石鹸で体を洗うだけで抑毛効果が出るなんて怪しいと考えている方も多くいらっしゃるようです。

インターネット上で商品を購入する場合、ほとんどの方がその商品のリアルな意見が聞きたい為に口コミを検索することになります。

しかしインターネット上にはネガティブキャンペーン、いわゆるネガキャンというものが存在します。

これは例えばK-OUTと似たような抑毛石鹸を販売している業者が、ネット上にネガティブな口コミを書き込んで回り、K-OUTの評判を落とし自分たちの商品を買ってもらうように誘導するといった戦略です。

一概には言えないのですが、上記のような石鹸で洗うだけで抑毛効果を得ることが出来るなんて怪しいといったような書き込みはこういったネガキャンの可能性も少なくはありません。

そのためネット上のネガティブな意見というのは、必ずしもK-OUTを利用した方のみの意見ではなく、こういったネガキャンが混ざっているというのを理解しながら見る必要があります。

そうなってしまえば、結局の所口コミの何を信じればいいのだろう?と疑心暗鬼になると思いますが、そのくらい疑ってかかるくらいで丁度いいでしょう。

また、こういったK-OUTのような抑毛石鹸は個人差もかなり大きいので他人の意見というのは、あまり鵜呑みにする必要はありません。

怪しいというのは個人の感想(想像)なので、K-OUTの効果とは全く関係ないといえるでしょう。

◆K-OUTの公式サイトはこちらです↓

K-OUT~ボディケアソープ~

K-OUT抑毛石鹸

効果が嘘っぽい

これも上記と似た様な意見なのですが、K-OUTで得ることが出来る抑毛効果がそもそも嘘っぽいという書き込みです。

こういった意見のほとんどは実際にK-OUTを使用しておらず、イメージで書き込んでいる場合が多いのでそのためあまり参考にする必要はありません

K-OUTには、

  • パパイン
  • グリチルリチン酸2K
  • 豆乳発酵液
  • ダイズ種子エキス
  • ラレアディバリカタ葉エキス
  • パパイア果実エキス
  • パイナップル果実エキス

これらの有効成分がしっかり配合されているので、「効果が嘘っぽい」という表現は当てはまらないでしょう。

K-OUTが使える部位

人差し指をたててひらめいた様子

K-OUTは使い始めてから効果が出るまでに時間がかかるということはお分かりいただけたと思いますが、気になるのがK-OUTの使える部分です。

調べてみるとK-OUTが使えない部分というのはありませんが、K-OUTで洗顔を行うと眉毛やまつ毛にも有効成分が作用してしまう恐れがあるので、洗顔は顔の下半分にだけ(髭の抑毛のみ)使うようにすると安心ですね。

しかし、この効果が出るまでの時間というのは部位によって異なり、毛が薄く毛質が柔らかい部分では短い期間で効果を実感することができます。

口コミとんどを見て見ると、「女性は陰部(デリケートゾーン)にK-OUTで洗う続けたら、毛が薄くなった」という方もいたので、女性のIラインや男女のOラインのムダ毛処理対策としてもK-OUTは有効に働いてくれるようです。

またK-OUTは除毛クリームと併用できるのも大きなメリットなので、除毛クリームでムダ毛を処理して次に除毛クリームを使うまでの間にK-OUTを使って抑毛を行えば、除毛クリームの即効性と抑毛石鹸の直的なムダ毛対策が一度で行えます

K-OUTに含まれている成分

QとAを手に持っている白衣の女性

K-OUTには抑毛に効果的な有効成分と美肌も期待できる成分が含まれています。

中でもK-OUTに含まれている3つの有効成分について詳しく見ていきましょう。

イソフラボン

大豆にも多く含まれるイソフラボン。このイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

K-OUTに含まれているイソフラボンが毛母細胞に働きかけることで毛の成長を抑制して、ムダ毛をうぶ毛のようなよく近づいて凝視されなければ分からない状態にもっていくことが可能です。

ラレアディバリカタ葉エキス

ラレアディバリカタ葉エキスはイソフラボン同様、毛の発育を抑える作用があります。

イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするのに対し、ラレアディバリカタ葉エキスは毛髪の発育を抑えることに特化しているため、イソフラボンと合わせて配合することで、より抑毛効果を実感しやすくなっているんですね。

さらにラレアディバリカタ葉エキスは、毛の発育を抑えるだけではなく「再生される毛の色素を薄くしつつ毛質を柔らかくする」という働きもあるので、濃い毛で悩んでいる方にはかなり嬉しい成分と言えるでしょう。

パパイヤ・パイナップル酵素

K-OUTにはパパイヤやパイナップルの酵素が配合されています。

毛の発育はタンパク質によって促進されるのですが、この酵素にはタンパク質を分解させる作用があるので、毛の発育を抑えることが出来るということです。

それなら「イソフラボンやパパイヤなどを直接摂取すればいいのではないか?」と考える方もいるかもしれません。

しかし直接酵素成分を摂取したとしても、毛乳頭を直接刺激することにはならないため、K-OUTのような抑毛石鹸で、直接肌に酵素成分を塗り込み毛乳頭を刺激するということが、抑毛の効果につながることになります。

肌荒れを起こさない為には

肌荒れが気になったりアレルギーをお持ちの方は事前に担当医に相談をするのが一番ですが、K-OUTを使う前にパッチテストを行うことで肌に合う合わないと判断することができます。

パッチテストを行う際には、K-OUTを少量だけ水に溶かしてそれを絆創膏などに含ませた後、体の一部に貼り付けて24時間程様子を見るようにしましょう。

それで肌に異常が出ないようであれば、問題なくK-OUTを使用することができます。

まとめ

今回はインターネット上に広がるK-OUTのネガティブな口コミについて紹介させていただきました。

K-OUTに関しては身体を洗うだけで抑毛が行えるということで、その便利すぎる使い方ゆえに「効果が嘘っぽい」「洗うだけでムダ毛がケアできるなんて怪しい」といった書き込みがあり、それらがK-OUTの効果そのものが嘘や怪しいといった言葉が広がったことが分かりました。

ネット上の様々な意見に惑わされることなく、自分の目でその効果を確認することが大切なんですね。

抑毛剤を試してみたいけど定期購入はしたくない、という方はK-OUTで抑毛を始めてみてはいかがでしょうか。

◆K-OUTの公式サイトはこちらです↓

K-OUT~ボディケアソープ~

K-OUT抑毛石鹸

K-OUTカテゴリの最新記事