ディミヌの抑毛効果を引き出す使い方と女性の髭対策になる理由とは

ディミヌの抑毛効果を引き出す使い方と女性の髭対策になる理由とは

ディミヌは、女性のうぶ毛をケアする目的で作られた、フェイシャルスキンタイムコントロールエッセンスです。

うぶ毛のタイムコントロールエキスである、「IBR-ドルミン」などの天然由来の成分を豊富に配合している、ユーザー満足度92%の無添加化粧品。

ローズ&ゼラニウムブレンドの癒やされるような香りが、女性らしさをより一層引き立てることにつながります。

このディミヌは口周りに塗るだけで簡単にケアできてしまのですが、使い方次第で効果が変わるって知ってますか?

ここでは、ディミヌの持つ力を最大限に活かすための使い方や、ディミヌに含まれる美容成分などをわかりやすく解説していきます。

女性に髭が生える原因は男性ホルモンの増加

鏡を見ながら口元を気にする女性

ディミヌの使い方をより有意義なものにするために、まずは、女性に髭(ひげ)が生える原因を知ることが大切

女性に髭が生える一番の原因は、ホルモンバランスが乱れることによる、男性ホルモンの増加です。

ホルモンバランスが乱れてしまう生活習慣には、次のようなものがあげられます。

・過度のストレス
・睡眠不足
・身体を冷やしすぎる
・無理なダイエットなどの食生活の乱れ

ホルモンバランスの乱れを手軽に解消するためには、女性ホルモンに似た成分の「イソフラボン」を摂ることがポイントです。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、豆腐や豆乳を普段の食生活に取り入れるようにしましょう。

ただしこの女性ホルモンは、食事から摂取するだけではムダ毛の抑毛には必ずしも効果があるわけではありません

もちろん何もしないよりは食事から大豆食品を摂ることも重要ですが、より効果的なのは毛穴の奥にある毛母細胞に直接アプローチする方法です。

ディミヌには、イソフラボンを含む5種類の大豆エキスが配合されているので、女性の髭に効果的に作用してくれます。

ディミヌを最大限に活かすための使い方の手順

頬に手を当てて微笑んでいる女性

ディミヌの持つ力を最大限に活かすための使い方の手順は、とてもシンプル。

1日2回、朝の洗顔後と夜のお風呂タイムの後に、ディミヌを使ったケアを導入するだけで、うぶ毛の抑毛につながります。

ディミヌは髭の生えやすい口周りはもちろんのこと、あご周りやもみあげや眉間などの、うぶ毛が気になりやすい箇所に使うこともできるのが特徴です。

それでは、まずディミヌの基本的な使い方から。

ディミヌは化粧水の後に

ディミヌは化粧水の後に使うのがコツです。

洗顔を行った後やうぶ毛をシェービングした後など、いつも使っている化粧水でお肌をしっとりと整えてからディミヌを使います。

ディミヌは小豆の大きさで

ディミヌは小豆の大きさを目安にして、人差し指や中指の腹にのせるようにします。

ディミヌをたくさん塗っても、それだけ効果を実感しやすくなるなるわけではありません。

髭の抑毛に最も大切なことは継続して使うことなので、ディミヌを必要最低限の量を毎日使うことで効果を実感しやすくなります。

ディミヌは指の腹で優しくお肌になじませる

続いてディミヌを指の腹を使って優しく丁寧に、円を描くようにお肌になじませます。

口周りなど特に気になる箇所には、重ね塗りをすることもすすめです。

◆公式サイトはこちらです↓

【 dim.(ディミヌ)】


ディミヌを最大限に活かすための使い方の4つのポイント

人差し指をたててひらめいた様子

ディミヌは、前述したシンプルな手順を1日2回続けるだけで、髭の抑毛を行えますが、ここからはより一層、ディミヌに配合されている成分のパワーを活かすための使い方の4つのポイントを紹介します。

ディミヌはシェービングをしてから使う

ディミヌの使い方はに1日2回気になる部分に塗るだけなのですが、実は髭を剃った後に塗ると有効成分が毛穴の奥に浸透しやすくなり、効果も早く実感できようようになります。

といっても毎日2回も髭を剃る必要はありません。

いつものお手入れのあとにディミヌで抑毛を行うことを意識して使うようにして下さい。

口周りの産毛をシェービングには、電動シェーバーを使うことをおすすめします。

通常のカミソリや毛抜きで処理をすると肌荒れやニキビ埋没毛などのリスクがあるため、肌への負担が少ない電動シェーバーで産毛を剃り、その後ディミヌを塗りましょう。

ディミヌは優しく丁寧に

ディミヌは指の腹を使い優しくマッサージをするように肌へ塗り込んでください。

忙しい時は力を入れて塗り込んでしまいがちですが、これでは肌の表面にしかディミヌの有効成分が浸透せず、抑毛効果を十分に発揮させることはできません。

円を描くように優しく肌に揉み込むような感覚でディミヌを塗りましょう。

ディミヌは3ヶ月以上続けましょう

ディミヌは塗ってすぐ口周りの産毛がなくなる即効性はありません

ディミヌは1か月~3か月の時間をかけて、ゆっくり産毛が目立たない状態にもっていくことが可能になります。

そのため、最低3か月は根気良く塗り続けるようにしてください。

そして朝と夜の1日2回塗ることもお忘れなく。

ディミヌの使い方を守ることで得られる5つのメリット

ピンクのハートのオブジェを持つ女性

ここからは、ディミヌの使い方を守ることで得られるメリットを5つ紹介します。

シェービングの回数が減る

ディミヌの使い方をきちんと守ることで抑毛作用が発揮され、結果的にシェービングの回数が減ること

シェービングは電動シェーバーがもっとも肌荒れなどのリスクが少ないとされていますが、シェービングそのものの回数が減った方が肌への負担が少なくなり、髭が濃く見える黒ずみのリスク軽減にもつながるため、ディミヌの正しい使い方を守って髭の抑毛を行ってください。

ディミヌは塗るだけだから痛みがない

ディミヌは脱毛や除毛につきものの“痛みがない”こともメリットのひとつです。

脱毛はニードル>レーザー>フラッシュの順に効果が出やすい一方で、同時に施術の際の痛みも伴います。

それに対してディミヌはお肌に小豆大の適量を塗るだけでなので、痛みを感じる心配がありません。

お肌に良い影響を与える

ディミヌに配合されている天然由来の成分はお肌に良い影響を与えるメリットもあります。

個人差もありますが、3ヶ月以上継続することで、お肌の状態を整えメイクの乗りがよくなる人も少なくありません。

ディミヌは使い方が簡単

ディミヌは、指の腹にのせてお肌になじませるだけという、簡単な使い方もメリットと言えるでしょう。

ディミヌの使い方には、複雑な工程や慣れるまでに時間がかかることがないため、届いたその日からすぐに使うことができます。

14日間全額返金保証のおかげで「お試し」ができる

ディミヌには、「14日間全額返金保証」がもれなくついているため、「お試し」として使うことができます。

仮に「私には合わないな…」となった際にも、購入後14日以内なら、電話連絡の後に返品ができ、指定した金融機関の口座に購入代金が返金されます。

◆公式サイトはこちらです↓

【 dim.(ディミヌ)】


ディミヌの3つのデメリット

頭を抱えて悩む女性

ディミヌには魅力的なメリットがある一方で、3つのデメリットも存在します。

即効性を求める人には向かない

ディミヌは1か月~3か月をかけてゆっくり髭の成長を抑制するものなので、ディミヌを塗ったからと言って今すぐ髭や産毛がなくなるわけではありません

それでも髯は剃り続けても決して薄くなることはないので、ディミヌで髭の抑毛を行うのは多くの利点もあります。

ディミヌに永久脱毛効果はない

ディミヌは抑毛作用を目的として作られた商品のため、永久脱毛効果はありません

永久脱毛は皮膚科などの病院やクリニックの医療従事者だけが扱うことが許されている、非常に強力なレーザを用いた脱毛方法です。

ちなみに永久脱毛は、「脱毛完了をしてから1ヶ月後えてくる毛が20%以下」であることと、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)に定義されているので、仮に永久脱毛を行ったとしても全ての人が一生髭が生えてこなくなるわけではないんですね

試してみないと効果が分からない

ディミヌに限った話ではありませんが、やはり「試してみないとわからない」という点がデメリットとして考えられます。

ただしこれに関しては全ての商品が当てはまるので、ディミヌだけのデメリットとは言えないでしょう。

ディミヌには14日間の返金保証があるので、肌に合わないなどのトラブルが起きたとしてもこの保証を利用すれば返金してもらえるから、この点は安心して試せそうですね。

ディミヌの美容成分

頬に手を当てて微笑んでいる女性

ここからは、ディミヌに配合されている美容成分を紹介していきます。

IBRドルミン

IBRドルミンはディミヌの最大の特徴である、うぶ毛の抑制作用の源となっている成分です。

IBRドルミンは「フサザキスイセンの球根」から抽出したエキスから作られていて、IBRドルミンはUSDAとエコサートを取得しているオーガニック認証済みの成分であり、コスメティックアワードの受賞も獲得している美容成分です。

フサザキスイセンの球根が持つ成長をコントロールする力が、うぶ毛のケアに直接働きかかてくれるんですね。

分解酵素

ディミヌには、パイナップル果実エキスとパパインの持つ分解酵素が配合されており、この分解酵素がお肌の古くなった角質を取り除くと同時にみずみずしい保湿作用が期待できます。

抗酸化作用

ストレスなどで増えすぎた活性酸素はお肌の老化を進行させ、シミやシワとなって現れる原因のひとつですが、ディミヌに使われているビタミンC誘導体には活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

他にもディミヌには「ダイズ芽エキスやダイズ種子エキス、ザクロエキスやノイバラ果実エキスやビルベリー葉エキス」といった抗酸化作用を持つ栄養素が含まれているため、ディミヌを使うと抑毛効果だけでなくお肌の調子も整えてくれるんです。

保湿成分

ディミヌに含まれる「セラミド」には、お肌の水分量をキープし、お肌に潤いを与える保湿作用があります。

この保湿成分はセラミドの他にも、パイナップル果実エキスやパパイン、ビルベリー葉エキスにも含まれているため、これらの保湿成分の相乗効果が期待できます。

イソフラボン

ディミヌに配合されているイソフラボンは、女性ホルモンに近い働きをする成分として知られています。

女性の髭は女性ホルモンの働きが低下して男性ホルモンが活発になることで髭と認識されるくらい濃くて太い毛になるのですが、ディミヌに配合されているイソフラボンを中心とした女性ホルモンと似た働きをする成分を外側から補うことで、長期的な髭対策になるんです。

ディミヌにはダイズ種子エキスやダイズ芽エキス、ダイズ発酵エキスや加水分解ダイズタンパクやダイズステロールが配合されているので、様々な角度から女性の髭へアプローチしてくれます。

ディミヌの香り成分

ディミヌにはラベンダーやゼラニウムそしてダマスクローズを配合しているので、継続して塗り続けても嫌なニオイで不快な思いをすることがありません。

嫌なニオイがしないので、口周りの産毛が気になっている小さなお子様でも継続して使い続けられるのもディミヌの特徴の一つです。

ディミヌは無添加

ディミヌは使う人の安全や安心、美容や健康を考えた無添加化粧品として販売されています。

ディミヌには、

  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • パラベン
  • エタノール
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 動物性原料
  • シリコン
  • サルフェート

といった、肌への負担になる余分な成分は一切配合していないので、肌が敏感な方や小さなお子様にも安心して使えるようになっています。

ディミヌを最安値で購入する方法

ディミヌを最安値で購入するには公式サイトを利用しましょう。

というのもディミヌは薬局やドラッグストアはもちろん、Amazon、楽天、ヤフーショッピングといった大手通販サイトでも取り扱われていないので、ディミヌを購入したい方は公式サイトを利用してください。

楽天 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし
ヤフーショッピング 取り扱いなし

そして公式サイトを利用した場合も、

販売価格(税込) 送料
公式サイト/通常価格 8,980円 0円
公式サイト/2本セット 13,470円
1本あたり6,735円
0円
公式サイト/定期便・初回価格 3,890円 0円
公式サイト/定期便・2回目以降の価格 4,890円 0円

このように単品だと約9,000円もしてしまうので、継続して使わなければならない抑毛にとってコスパが悪すぎる価格になっています。

ディミヌには単品の他に2本セットも用意されていますが、こちらも1本あたりの価格が6,735円と高額になっているので、継続して使うことを考えると定期便を利用した方が良さそうですね。

定期便は1本あたりの価格が初回は3,890円2回目以降も4,890円で購入し続けることができるので、2本セットと比べても約2,000円近くも安く購入することができます。

ディミヌは1本で約1か月使用できるので、髭の抑毛を手軽に行いたい方にはディミヌの定期便を利用しましょう。

仮に「まだ残っているので1回休みたい」といった際には、次の発送予定日の10日前までに電話連絡をすれば休むことができます。

ディミヌの電話連絡先は、0120-978-912(フリーダイヤル)受付時間は、年末年始を除いた平日の10時から18時までの間となっていて、固定電話はもちろんのこと、スマートフォンからも無料で通話できるのが嬉しいところです。

◆公式サイトはこちらです↓

【 dim.(ディミヌ)】


まとめ

ディミヌの持つ力を最大限に活かすための使い方は、次のシンプルな手順で行います。

1.洗顔やシェービングの後、化粧水でお肌を整えましょう。
2.人差し指などの指の腹に、小豆大を目安にディミヌをのせます。
3.口の周りなどに円を描くように、指の腹で優しく丁寧に塗って完了です。

髭の抑毛には3か月程度の時間が必要になるので、今からディミヌを使って3か月後の利用のあなたを手に入れてください。

 

ディミヌカテゴリの最新記事