脇毛を気にする女性

あなたは脇毛の処理ってどうしてますか?

カミソリで処理をすると、

  • すぐに生えてくる
  • ヒリヒリしたり出血をする
  • 剃るとチクチクする

といった不快な思いをするだけでなく、脇毛をカミソリで処理し続けると脇が黒ずんで見えてしまうことも。

それに対して除毛クリームなら、クリームを塗って数分放置するだけで脇毛を処理できて、更に除毛すると毛先が鋭利にならないからチクチクする不快な思いをすることもありません。

そんないいことだらけの除毛クリームですが、商品によっては上手く毛を取り除けなかったり肌が荒れてしまうことがあるため、どれを選べばいいか分からない方も多いはず。

そこで今回は「脇毛の処理に使いたい最強の除毛クリームを3つ」ご紹介したいと思います。

脇毛の処理に除毛クリームを使うのはアリ?

脇を手鏡で確認する女性

脇毛の処理方法といえば、

  • カミソリで剃る
  • 毛抜きで抜く
  • ブラジリアンワックスで抜く
  • 除毛クリームを使う
  • 脱毛器を使う
  • 脱毛サロンに通う

といった方法がある中で、除毛クリームで脇毛を処理するのはいいのでしょうか?

脇毛はカミソリで剃ってはいけない理由

いつでも、手軽に、費用を抑えて脇毛を処理できる刃物を使った「剃る方法」ですが、脇毛の処理方法としてはデメリットしかありません

腕や足であれば剃った部分に触れない限り不快な思いをすることは無いのですが、脇は肌と肌が密着する機会が多いので、カミソリで剃ってしまうと鋭利な断面が肌に刺さりチクチクすることを避けることはほぼ不可能です。

それに”カミソリで脇毛を処理すると黒ずみの原因”にもなるため、長期的な脇毛対策にカミソリで処理し続けるのはオススメできません。

脇毛を毛抜きで抜いてはいけない理由

毛抜きを使えばカミソリに比べてある程度脇毛をツルスベな状態に維持できます。

ですが、毎回鏡に向かって腕を上げ続けて、さらに脇毛を引き抜く際の痛みを感じ続けなければならないため、こちらも長期的な脇毛対策にはならないでしょう。

毛抜きは費用が一切かからないというメリットもありますが、それでも脇毛を抜き続ける時間を失うことを考えると毛抜きも避けた方が無難ですね。

脇毛をブラジリアンワックスで処理してはいけない理由

脇毛をブラジリアンワックスを処理するデメリットは痛みをのぞけば特にありません

デメリットはないのですが、唯一欠点をあげるとすればブラジリアンワックスはムダ毛がある程度伸びた状態でないと毛が抜けないため、ブラジリアンワックスで脇毛を処理しようと思ったら、脇毛をある程度伸ばす必要があります。

伸びた脇毛を見られても気にしない方であれば問題ありませんが、「脇毛を処理するために脇毛を伸ばす」というのは考え物ですね。

ということでブラジリアンワックスも脇毛処理にはあまりオススメできません。

脇毛を脱毛器で処理してはいけない理由

脱毛器で脇毛を処理するデメリットはほぼありません

脇毛を脱毛器で処理すれば長期的なムダ毛対策になるので、脱毛器を選ぶのはとても良い方法といえるでしょう。

欠点を挙げるとすれば「費用」でしょうか。

脱毛器は安いものだと2万円前後、しっかりした機能を求めるなら7万円前後は覚悟しないと質のいい脱毛器は買えません。

その中でも人気や実力を考えるとオススメなのはケノンですね。気になる方は下記の公式サイトをご覧になってください。

◆公式サイトはこちらです↓

自宅で本宅脱毛と美顔がなんと1台で!「ケノン」

脇毛を脱毛サロンで処理してはいけない理由

「脇毛を綺麗に処理する方法」だけを考えれば脱毛サロンに勝るものはありません

脱毛サロンは毛を処理するだけでなく肌ケアの専門家が対応してくれるので、脇のお手入れという点で感がると脱毛サロンがベストでしょう。

ただし、

  • 高額な費用が掛かる
  • 少なくなったとはいえ、悪質な勧誘を受ける心配がある
  • 通い続ける手間と時間がかかる

これらを総合的に考えると、脇毛を処理する為だけに脱毛サロンに通うことはオススメできません

脇毛の処理に除毛クリームをオススメする理由

除毛クリームは「塗って、放置して、洗い流すだけ」と使い方も簡単で、なおかつ除毛クリームで脇毛を処理すると毛の断面が丸くなるので、カミソリのように脇毛が生える際のチクチクする不快な思いをする心配がありません

さらに毛抜きやブラジリアンワックスのように処理する際の痛みも無いので、脇毛の処理に除毛クリームは最適な手段だといえるでしょう。

ただし、市販の安価な除毛クリームを選ぶと、

  • 脇毛を処理しきれない
  • 肌が荒れる

といったリスクが多いため、市販の安すぎる除毛クリームは避けてください。

脇毛処理に使う除毛クリームを選ぶポイント

脇毛を気にする女性

薬局やドラッグストアなどで購入することができる除毛クリームはカミソリを使うよりもメリットが多く、何よりも塗って放置するだけで脇毛を処理ができるから魅力的に感じますよね。

でも市販されている安価な除毛クリームは肌への負担を考えているものが少なく、また敏感肌用と書いてあるものは除毛力が弱い傾向にあるため、薬局やドラッグストアで販売されている安価な除毛クリームで脇毛を除毛することはオススメできません

では脇毛の処理に向いている除毛クリームを選ぶポイントはどのようなものがあるのでしょうか?

成分を確認して肌質に合うものを選ぶ

除毛クリームは直接肌に塗るものなので、成分をよく確認したいところ。

脇毛は陰毛と同じく毛が太くて縮れているため、除毛力の弱いものを選んでしまうと脇毛を処理しきれずに黒いポツポツが残って脇が黒く見える原因になってしまいます。

そのため、脇毛の除毛には除毛力の高いものを選ぶ必要がありますが、市販の安価な除毛クリームは

  • 除毛力は強いけど肌に優しくない
  • 肌に優しいけど除毛力が弱い

このようなものが多いので、市販の安すぎる除毛クリームは選ばないようにしましょう

ツンとしたニオイが苦手なら、香り付きがおすすめ

鼻をつまむ女性

脇毛を除毛しようとすると、除毛クリーム特有のツンとしたニオイが気になりませんか?

このニオイが苦手な方も多いと思いますが、これはチオグリコール酸カルシウムというパーマ液にも使われている成分が配合されているからです。

チオグリコール酸カルシウムには毛髪に含まれるタンパク質を分解して、毛を取り除きやすくする効果があるのですが、その一方でツンとした嫌なニオイの原因にもなってしまいます

ですが、このツンとしたニオイは市販の安価な除毛クリームに多い傾向にあるので、ある程度しっかりしたものを選べば除毛クリーム特有のツンとしたニオイも少なく、また香り付きの商品も多くあるのでニオイが苦手な方は市販の安すぎる除毛クリームではなく、ネットなど評価などを参考にしてしっかりしたものを選ぶようにしてください。

使いやすさに注目

除毛クリームを塗った後、洗い流すまでの放置時間は商品によって異なります。

クリームを塗った後の放置時間は短いものだと4分長いものだと最大15分も放置しなければなりません。

脇毛の除毛中は他のこと(髪の毛や体を洗う)ができないので、除毛時間が長すぎるものは避けた方が無難でしょう。

おおよその目安としては放置時間が4~5分と書いてあるものを選ぶと、脇毛のような太くて縮れた毛も綺麗に取り除くことができます。

定期的に使用するならコスパも忘れずに

豚の貯金箱と現金と計算機

定期的に除毛クリームを使えばスベスベの肌を維持できますが、除毛クリームには永久脱毛の効果は無いので除毛クリームを使いきったらその都度購入し直す必要があります。

そこで考慮したいのがコスパです。

脇毛の除毛は頻繁に行分ければツルツルな状態を維持できないので”安い物が良い”と思いがちですが、市販の安い除毛クリームは除毛力が弱く何度も除毛し直すこともあるので「安い=コスパが良い」とはなりません。

そのため除毛クリームは単品で購入するのではなく、セット割引があるものを選ぶと費用を抑えつつ脇毛をしっかり除毛できるので、まとめて買うと割引が受けられたり、セットで買うと1本おまけで貰えるものを選びましょう。

除毛クリームと脱毛クリームとの違いは?

猫の頭の上に?マーク

ネット上では除毛クリームではなく「脱毛クリーム」と表現してあるものがありますが、厳密には脱毛クリームという物は存在しません

除毛と脱毛の違い以下の通りで、

  • 除毛:肌の表面にある毛を取り除く。カミソリやクリームでの処理
  • 脱毛:毛を毛根から取り除く。毛抜き・レーザー脱毛・脱毛ワックスでの処理

分かりやすくまとめると、

  • 除毛はカミソリで剃る
  • 脱毛は毛抜きで抜く

このような違いがあります。

それなら除毛クリームより脱毛クリームの方が効果があるのでは?と思うかもしれませんが、先ほどもご説明した通り脱毛クリームというものは存在しません

つまり「除毛クリーム=脱毛クリーム」となり、除毛クリームと脱毛クリームはどちらも同じものというわけです。

しかも脱毛クリームという物は存在しないので、脱毛クリームと表現しているサイトは信ぴょう性に乏しいともいえます。

この違いを覚えておくと賢いサイトの見極め方ができるので、覚えておいて損はないでしょう。

脇毛の処理にオススメの除毛クリーム

ここからは脇毛の処理に最適な除毛クリームの登場です。

はじめはいくつかご紹介する予定だったのですが、紹介する商品が多すぎると「どれを選べばいいか分からない」と思われる方もいると思うので、今回は厳選した脇毛の処理に最適な4つの除毛クリームをご紹介します。

ちゅらりも

ちゅらりも

脇毛の処理にオススメする最初の除毛クリームは「ちゅらりも」です。

ちゅらりもは、

  • 除毛
  • 抑毛
  • 保湿

この3つに特化した製品で注目を集めている除毛クリームなのですが、ちゅらりも1つの容量が25gと極端に少ないため広範囲の除毛には向いていません

内容量を重視される方には見向きもされないであろうちゅらりもをなぜ最初に紹介したかというと、上記でもご紹介した「除毛力・抑毛・保湿力」がとにかく凄いんです!

まずは下記の動画をご覧ください。

動画に登場する女性はあまり毛が濃くないため、除毛力を疑うかもしれませんが、注目してほしいのは、

  • 除毛後の毛穴が綺麗である
  • 除毛後なのに肌がしっとりモチモチである

この2点です。

ほとんどの除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という毛髪に含まれるたんぱく質を分解することで毛を取り除けるのですが、同時にその効果は肌にも作用してしまうため、一般的な除毛クリームを使った後は肌がヒリヒリしたりガサつくことが多いのに対し、ちゅらりもには、

  • 発毛抑制作用のある「イソフラボン」
  • 美肌や美白でおなじみの「アロエエキス-2」
  • 抗炎症作用や保湿効果の「サクラ葉抽出物」
  • 抗酸化・代謝促進作用の「クロレラエキス」
  • ミネラルオイルと呼ばれる「流動パラフィン」
  • 保湿・抗炎症作用の「カッコンエキス」

これらの有効成分によって除毛中や除毛後の肌への負担を最小限にし、さらにイソフラボンなどの力によって毛の成長を抑制する効果も期待できるなど、肌に嬉しい成分がたっぷり含まれているのがちゅらりもなんです。

脇は自分の肌や衣類と常に擦れ続けるため、脇はどうしても黒ずみやすく手入れが難しい部位ですが、ちゅらりもであれば「除毛・抑毛・保湿」3つの役割を果たしてくれる数少ない除毛クリームとなっています。

内容量が25gと少ないのも、ちゅらりもだけで全身の除毛クリームがしたいとなればほぼ不可能ですが、一番人目に付きやすい脇毛の処理に限定すれば、この量でも何ら問題はありません。

  • 脇毛の処理方法を悩んでいる
  • 黒ずんでしまった脇をどうにかしたい

これらの悩みはちゅらりもを使い続けることで解消できるでしょう。

ちゅらりもの価格や取扱店舗に関する記事は下記を併せてご覧ください。

リムーバーグート

プレミアムリムーバーグート

コスパを重視するのであればリムーバーグートの上をいく除毛クリームは無いでしょう。

リムーバーグートは剛毛な男性をターゲットに開発されているため、頑固な脇毛の処理に最適な作りになっていますが唯一、デリケートゾーンには使えない仕様になっています。

ただ、男性だけでなく女性の脇毛処理にも使えるようになっていているので、男女問わず脇毛の処理ができる、それがリムーバーグートです。

  • 内容量が250gとたっぷり
  • 3本セットで購入すると1本おまけで貰えるので、1本あたり2,235円でコスパ最強

リムーバーグートはAmazonや楽天といった大手通販サイトでも販売されていますが、いずれも単品2,980円なので、最安値で買いたいなら公式サイトを利用しましょう。

>大容量の250gで、コストパフォーマンス◎のメンズ除毛クリーム


ミュゼ除毛クリーム

ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

脱毛サロンのミュゼプラチナムが監修したものが「ミュゼ除毛クリーム」です。

ミュゼ除毛クリームの特徴は”クリームの固さ”にあります。

市販されている安価な除毛クリームはクリームの質がゆるく、液だれをしたり除毛がまばらになることもありますが、ミュゼ除毛クリームは私が使用した除毛クリームの中でもかなり固めに作られているので、脇毛の処理中にスマホをいじったり歯を磨いたり、別の何かをしていても脇さえしっかり閉じていれば液だれや毛がまばらに残る心配もありません。

  • 内容量200g
  • 3本セットで購入すると1本あたり2,575円
  • Vラインに使える

ミュゼ除毛クリームもまとめ買いをすると割引の特典を経られるため、3本セットで購入すると1本あたり2,575円になり、さらにミュゼ除毛クリームはVラインにまで使えるようになっているので、男性であれば竿の先端、女性であれば粘膜部分に付着しないよう気を付ければIOラインにも使えてしまう優れももとなっています。

こちらも割引特典を受けられるのは公式サイト限定となっているので、ミュゼ除毛クリームで脇はもちろん全身の除毛を行いたい方は公式サイトを利用しましょう。

>ミュゼ除毛クリーム


NULLリムーバークリーム

NULLリムーバークリーム

王道除毛クリームのNULLリムーバークリームも脇毛の処理に向いています。

その理由は下記の動画をご覧ください。

動画を見た感じだとクリームが少し緩いかな?とも思いますが、脇毛の除毛中に両腕をあげながら行う方はいないと思われるので脇を閉じながら使うのであればクリームの質はあまり関係ないでしょう。

そして何よりあれほど剛毛な男性でも5~10分放置するだけでムダ毛を処理できるのですから、脇毛も同様にクリームをふき取るだけで綺麗に処理できてしまいます。

ただ、5分程度では残った毛が黒いポツポツ見える原因になりかねないので、放置時間はMaxの10分待ってからクリームをふき取り、シャワー等でクリームを完全に洗い流せば肌が荒れることもありません

  • 内容量200g
  • 3本+1本セットなら1本あたり2,235円

NULLリムーバークリームはVIOには使えませんが、それでも200gもあって最安値は3本セットの2,235円という価格を考えるとコスパがいい除毛クリームNULLを入れない理由が見当たりませんね。

ただ、こちらも以前はAmazonや楽天でセット割引を行っていたのですが、現在は価格は一律2,980円で販売しているので、NULLリムーバークリームを最安値で購入したい方は公式サイトを利用しましょう。

脱毛したい男性へ!5分でツルスベお肌にする楽天1位獲得中の除毛クリーム

失敗しない除毛クリームの使い方

人差し指をたててひらめいた様子

いくら優れた除毛クリームでも使い方が間違っていると「効果がない」「除毛に失敗して毛が残った」なんてことにもなりかねません。

そこで失敗しない除毛クリームの使い方をご紹介します。

使用前にパッチテストを行う

市販されている除毛クリームは肌への刺激を減らして安全性を保ったものを販売していますが、稀に肌に合わずに肌が赤くなったりヒリヒリするなどの症状が起きる場合があります。

そんな事態を避けるためにもパッチテストは必ず行ってください。

パッチテストのやり方は、肌の一部分に除毛クリームをつけて5~10分放置して肌に異常がなければ安全に除毛クリームを使うことができます。

逆にパッチテストの段階で肌に異常が起きたらその除毛クリームはあなたの肌に合わない商品なので、使用を中止して販売元などに問い合わせましょう。

脇毛が長い場合はハサミで短くカットしてから除毛する

定期的にムダ毛を処理しているなら問題なかもしれませんが、ハサミで切れるほど長い状態であれば、除毛クリームを使用する前に短くしておきましょう

これは脇毛が長すぎると除毛クリームを使う量が多くなるのと、脇毛が長すぎると除毛に失敗しやすくなるからです。

カットするといっても必要以上に切らなくてもいいので、脇毛が長すぎる場合のみできる範囲でカットするように心がけましょう。

肌を清潔にする

除毛クリームは肌が清潔な状態で使わないとその効果を十分に発揮させることが出来ません。

一番の理想は入浴後に除毛クリームを使うことです

これは肌に「皮脂、汗、ホコリ」といった余分なものがあると毛穴の奥まで有効成分が浸透しづらくなり、使用方法を守ったとしても除毛に失敗する原因になってしまうため、お風呂に入って肌の汚れを綺麗に落としてから除毛クリームを使うと綺麗に毛を取り除けます。

また入浴後は毛穴が開いた状態になるので、除毛クリームの有効成分が奥まで浸透して根元からムダ毛を取り除けるので、入浴後に除毛するようにしてください。

除毛時間を守る

除毛クリームは必ず放置時間を守りましょう。

一般的に除毛クリームは5~10分放置する、と書いてあるので脇毛の除毛は最大でも放置時間は10分程度にしてください。

除毛クリームの有効成分であるチオグリコール酸カルシウムは毛髪に含まれるタンパク質だけでなく、肌のたんぱく質にも作用してしまうので、表記された時間よりも長く放置すると肌荒れの原因になります

肌やムダ毛の状態にもよりますが、脇毛は腕や足に比べて毛が太く除毛しづらい部位なので、5~10分と書いてあるものなら10分程度放置すると脇毛を綺麗に取り除けるでしょう。

除毛クリームは必ず洗い流す

商品によっては除毛後のクリームは「拭き取りだけでも十分」と書いてありますが、脇はVIOと同じく肌が非常に敏感な部位なので、除毛後はクリームを拭き取るだけでは不十分になり、肌荒れの原因になってしまいます。

理想は除毛クリームを洗い流すのが一番(入浴時に除毛するのが最適)ですが、どうしてもお風呂に入れなかったり洗い流せない時はウェットティッシュなどを使って、クリームを完全に拭き取るようにしてください。

除毛クリームには保湿成分がたっぷり含まれていますが、これは除毛後の肌ではなく、除毛中の肌をダメージから守るように配合されているので、除毛後はクリームを完全に洗い流した方が肌荒れ防止に繋がります。

アルカリ性石鹸の使用は避ける

除毛後の肌なデリケートなものになっています。

除毛クリームの使用前後にアルカリ性のものを使うと、化学反応を起こして肌荒れを引き起こす可能性があるため、除毛前後に石鹸やボディソープ、化粧、乳液などはこれらを使うのは避けましょう。

除毛後にお湯を使ってクリームを完全に洗い流せば上記のようなリスクを避けられるので、化粧水を使って保湿を行っても問題ありません。

除毛クリームは脇毛にたっぷり塗る

除毛クリームを使用する量は、ムダ毛が覆われるくらいが目安です。

除毛クリームが少ないと効果が半減してしまい、使い過ぎても意味がないので、脇毛ががしっかりとクリームで埋まることを意識しましょう。

また、ムラなくキレイに除毛するために、根元を意識して、除毛クリームをしっかりと塗り込んで馴染ませることも忘れずに。

サランラップでかぶせると効果UP

ラップを巻くのは裏技中の裏技です。

これは手間がかかるので必須ではないのですが、ラップを巻くことでクリームが均一になって失敗しづらくなるのと、ラップを巻くことでクリームを塗る量を節約できるので、これを手間と感じない方はこの方法を試してみてください。

除毛後のアフターケアは忘れずに

除毛クリームを使用した後の肌は、ダメージを受けて外部からの刺激に弱くなっています

そのため、除毛後は

  • 化粧水でしっかり保湿する
  • 除毛後の入浴は避ける
  • 日焼けも避ける

などの工夫をすると肌への負担を最小限にとどめることができるので、除毛後は刺激になるようなことは避けてください。

使用頻度のサイクルを守る

上記の手順を守れば除毛に失敗する可能性は低くなりますが、それでも万が一毛が残ってしまっても連続で除毛クリームを使ってはいけません

どうしても残った脇毛が気になる場合は、最低でも1日は肌が回復する時間を確保してから再度除毛を行うようにしましょう。

まとめ

脇毛の処理は頻繁に行うので肌に優しいものを選びたい反面、中途半端に毛が残ることは避けたいので「除毛力・肌への優しさ」この2つを両立するものを選ばなければなりません。

この2つは市販の安価な商品ではなかなか難しいのですが、今回ご紹介した3つの商品であれば「除毛力・肌への優しさ+コスパの良さ」を叶えてくれるものとなっているので、

  • リムーバーグート
  • ミュゼ除毛クリーム
  • NULLリムーバークリーム

それぞれの公式サイトを比較しながら、あなたにあった最適な除毛クリームを見つけてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事