中学生の女の子に髭が生えるのは原因は?青ひげになる前の必要な対策

中学生の女の子に髭が生えるのは原因は?青ひげになる前の必要な対策

中学生の女の子に髭が生えるのは原因は?青ひげになる前の必要な対策

 

女性を悩ませるひげ問題・・・実は大人だけでなく、中学生の女子でもひげで悩んでいる子はたくさんいます。

悩みがデリケートなだけに、なかなか親にも相談できず、友達や気になる異性からどう見られているのかと思うと、学校にも行きたくなくなりますよね。

ネットで検索すると、脱毛サロンをおすすめするような意見が目立ちますが、中学生女子にとってはまだ自由に遣えるお金も少ないうえに、親に内緒で行くこともできません。

さらに間違った処理を続けることで余計にひげが濃くなったり、肌荒れの原因になってしまうこともあります。

そこで今回は、

  • 中学生女子でもひげが生える理由
  • 自己処理が及ぼす影響
  • おすすめのひげ対策

についてまとめてみました。

これまで誰にも相談できず悩まれていた中学生女子のみなさんに、ぜひ参考にして欲しいと思います。

中学生の女の子に髭が生える原因

まだ中学生なのに、しかも女子なのに、髭で悩むなんて普通ではない思ってる人もいるのではないでしょうか。

実は女性でも、髭があるのはごくごく普通のことなのです。

中学生の頃というのは、タイミング的にもちょうど顔に産毛が生えてくる時期と重なって鼻の下の産毛に関しては場所が場所なだけに、髭が生えてきたように感じてしまうんです。

では女性で髭が生えている人は多くいるはずなのに、髭女子がいるなんて話は聞いたことは少ない(無い)のはなぜか?

その理由はとても簡単で、誰にも言えない(相談できない)からです。

でも女性に髭が生えているイメージが無いだけで、実際に悩んでいる女の子は多くいるので女性だから髭が生えているのは特別なことではないので安心してください。

そうは言っても中学生の女の子にとって髭が生えているのは悩みであることに変わりはありません。

剃ると髭が濃くなるって本当?

「女性でも髭が生えるのは特別な事ではない」この事実を分かったからとって、やはり他人の目は気になるところ

なんとかしたいというのは当然です。

ですがまだ中学生の場合、気軽に脱毛サロンなどに行くこともできないので、そうなると剃るか抜くかくらいしか選択肢がなくなってしまいます。

ところがそうした自己流のケアは肌荒れの原因にもなりかねません。

しかも剃ると肌がダメージを受け続ける状態になって色素沈着(黒ずみ)ができてしまい、その黒ずんだ部分が髭に見えて、髭が濃く見えたり青ひげのような印象を与えてしまうことに繋がることも。

さらにカミソリなどで剃る場合、刃で皮膚を傷付けてしまうので、この傷に雑菌が入るとニキビや肌荒れの原因にもなってしまいます。

私もカミソリで剃っていた頃は、繰り返し何度もニキビができて本当に嫌な思いをしました。

毛抜きも当然、肌にとって大きな負担となるので避けましょう。

電気シェーバーを使えば、カミソリよりは肌へのダメージは減りますが、どちらの場合も毛根まで剃ることはできないので、残った毛根が肌から透けて青ひげのように見えてしまうことがあります。

剃ると毛が濃くなるように見えるのはこのためです

中学生の女の子におすすめの髭対策とは?

脱毛サロンに通えればその方がいいかもしれませんが、中学生の女の子にとって脱毛サロンで髭を処理してもらうのは、費用面や精神面考えるととても現実的な方法とは言えません

そこで中学生の女の子に最もオススメしたいのは、抑毛クリームを使った対策です。

カミソリや毛抜きを使って剃ったり抜いたりするのと違って今すぐ髭を処理できるわけではありませんが「抑毛クリームを使い続けると髭を処理しなくても済む状態」つまり近づいて凝視されない限り毛が生えていると認識されないくらい毛を細く目立たない状態にもっていくことが出来るんです。

しかも脱毛と違って抑毛は1日2回気になる部分にクリームを塗るだけなので、痛みを感じずに髭対策を行えます。

でも気になるのが「どの抑毛クリームを使えばいいのか」ですよね。

髭は他の体毛と違って薄くなりにくい部分なので、より効果が期待できる抑毛クリームを選ばなくてはなりません。

そこで中学生の女の子にオススメの髭に使いたい抑毛クリームを2つご紹介します。

ノイス(NOISU)

まずオススメしたいのが、ノイス(NOISU)です。

ノイス(NOISU)女性の髭専用に作られた抑毛クリームですが、髭のケア以外にも嬉しいポイントがたくさんあります。

1つ目は、女性ホルモンに似た成分が配合されていることです。

女性に髭が生える大きな原因と言われているのがホルモンバランスの乱れで女性ホルモンの働きが弱まって、その代わりに男性ホルモンが優位に立ち男性の象徴ともいえる髭が女性にも生えてしまうんです。

特に中学生の女の子は月経が始まったり女性として体つきもどんどん変わる時期なので、ホルモンバランスも崩れやすい状態にあります。

ノイス(NOISU)はこのホルモンバランスの乱れに着目しているので、成分も女性ホルモンのような働きをしてくれるものが配合されていて、体の外側から女性ホルモンの働きを助けてくれるんです。

また、トリプルヒアルロン酸や水溶性コラーゲンが配合されているので、抑毛しながら肌に潤いがある状態に導いてくれます。

使い方も簡単で、朝と晩の洗顔後にひと塗りするだけです。

ノイス(NOISU)には肌に刺激となるような成分も含まれていないので、肌がデリケートな方でも安心して使うことができます。

ノイス(NOISU)は1本使いきった状態でも効果を感じられなくても商品を購入してから60日以内であれば全額返金してくれるので、この点はご両親にもお願いしやすくなるはずです。

ノイス(NOISU)

NOISU(ノイス)

コントロールジェルME

もう一つオススメしたいのが、コントロールジェルMEの抑毛ローションです。

こちらも主原料に天然植物成分が使われているので、小さなお子様にも使えるくらい肌に優しい作りとなっています。

また効果が実感できなかった場合、使用後でも60日間は100%商品代金が全額保証されるので、じっくり試すことができるのも安心できるポイントです。

商品の価格をみると高級品のように思ってしまいますが、実は一番コスパがいいのはコントロールジェルMEなんです。

というのももし顔だけに使いたい場合は、1本で2〜3ヶ月もつので、3ヵ月もった場合で考えると1か月あたり約2,000円で髭の抑毛が出来てしまいます。

1ヵ月2,000円であれば中学生の女の子でもご両親にお願いしやすいのではないでしょうか。

毎日のムダ毛処理でヒリヒリお肌のあなたに
↓↓↓
お肌ダメージゼロ ムダ毛対策ジェル


まとめ

  • 中学生女子でもひげが生えるのは普通
  • 剃ったり抜いたりすると、肌荒れの原因になってしまうことも
  • 将来の肌のためにも、負担の少ない抑毛クリームでのケアがおすすめ

この記事を書きながら、私も早く抑毛クリームに出会えていたらよかったとつくづく思いました。

将来、肌トラブルで悩まないためにも、今から適切なケアをして下さい。

そして友達や異性の目を気にすることなく、学校生活を楽しめるといいですね。

抑毛カテゴリの最新記事