小学生男子の正しい髭の剃り方は?髭を目立たなくする方法について

小学生男子の正しい髭の剃り方は?髭を目立たなくする方法について

小学生男子の正しい髭の剃り方は?髭を目立たなくする方法について

 

小さな頃はそよそよと生えている程度だった鼻の下のうぶ毛が、小学生高学年くらいになるとどんどん目立つようになってきますよね。

大人に近づいた証拠でもありますし、喜ばしい事なのでしょうが親としては少しでも長くツヤツヤのお肌でいてほしいなと思いませんか?

そこで出来るだけ大切なお肌に負担のない方法をご紹介します。

小学生男子の髭の剃り方

机の上で勉強をする男の子

小学生で髭が気になったら迷わず剃ってあげましょう。

といってもただ剃ればいいというわけではありません。

過度な刺激を与えると髭が5~10%濃くなるというデータもあります。

足や手に大きな怪我をした際にその周りだけ毛が濃くなってしまうことがありますが、そういった現象と同じ原理のようです。

肌に刺激を与えないように子供の頃から正しい剃り方を教えて、少しでも長く綺麗な肌を保ってください。

間違った髭の処理方法

髭は正しい処理をしないと、処理前より濃く見える原因になることがあります。

では間違った処理方法とは何なのでしょうか?

髭を抜く

髭の処理方法と言えばカミソリやシェーバーを使った剃る方法が一般的ですが、毎日剃るのは大変だし肌に負担をかけるから髭を抜こうとする子がいるかもしれません。

ですが、髭を抜き続けると色素沈着(黒ずみ)がおきて、かえって髭が濃く見える原因になってしまうことがあります。

髭を抜くと、

  • 毛穴が開いて抜く前より目立ってしまう
  • 埋没毛を起こす可能性がある
  • 色素沈着によって肌が黒ずむ
  • ニキビを引き起こす

など、髭処理方法として自分で抜くのはとても危険なことなので、もし子供が自分で抜いていると気付いたら急いで止めてあげてください。

頻繁に髭の処理をするのが面倒だからといって、絶対に毛抜きを使ってはいけません。

ファンデーションを使う

髭に限らずファンデーションを使えば肌トラブルも簡単に隠せてしまいます。

そんな手軽に髭を隠すことが出来るファンデーションですが、塗りムラを防いだり自然に見えるようにするには毎日の練習が欠かせません

仮に上手く隠すことが出来るようになっても、塗りムラが出来ていないか1日に何回も確認するのは面倒だし、ふとしたきっかけで髭を化粧で隠しているとバレる可能性だってあります。

特に子供は動き回ると汗をかいて髭を化粧でごまかしているとバレる危険性が大きいでしょう。

それにファンデーションで隠し続けたとしても髭が薄くなることは無いので、化粧で隠し続けるのも間違った処理方法だといえます。

髭の正しい剃り方

子供の髭は正しい剃り方をしないとかえって濃く見える原因になってしまいます。

では正しい髭剃りとはどのようなものなのでしょうか?

洗顔後に剃る

髭はそのままの状態ではうまく剃ることができず、男の子の肌を傷つけることになるので、必ず洗顔後に剃ってあげましょう

髭をそのまま剃ってしまうと肌にとても大きい負担をかけてしまい、カミソリ敗けで口周りが血だらけになってしまいます。

それを避けるには剃る前に濡れタオルを口回りに置くことも大切ですが、洗顔をすれば汚れもとれるし水で髭がふやけて剃りやすくなります。

シェービング剤を使う

髭剃りに石鹸を使う人が多いのですが、石鹸には洗浄剤が含まれているので剃った後の肌には刺激になってしまいます。

ですので、小学生男子の髭剃りには必ずシェービング剤を使って、肌への負担を最小限にさせてあげましょう。

逆剃りはしない

髭は毛の流れに沿って剃りましょう。

毛の流れに逆らって逆剃りをするとカミソリ敗けを起こして、肌がヒリヒリしたりこれを繰り返すと黒ずみにも繋がるので、毛の流れに沿わせて剃ると安全に綺麗に処理することができます。

髭処理したあとは保湿を忘れずに

男の子はめんどくさいと言って剃ったままにしがちですが、ヒゲを剃ったあとには出来るだけ保湿をするように教えてあげてください

アフターシェーブローションを用意しなくとも、お母さんの使っている化粧水で代用出来ます。

また、化粧水の代わりに抑毛ローションを付けという方法もあります。

抑毛ローションは、太くて濃いヒゲが生えてくるのを抑制するため、処理の頻度を減らすことができそうです。

関連記事:コントロールジェルMEの効果は子供や幼児や女の子でも体感できる?

お肌への負担も軽くなりそうですね。

髭を薄くする食べ物

ざるの上に乗った豆腐とそれを囲む大量の大豆

髭剃りも重要ですが、髭が薄くなる食べ物で対策を行う方法もあります。

有名なのが豆類ですね。

豆類に含まれるイソフラボンは毛の生成を抑制する女性ホルモンと似た働きをする成分が多く含まれているので、

  • 納豆
  • 豆腐
  • きな粉
  • 油揚げ
  • 醤油
  • 味噌

これらを日常生活に摂りいれるだけで、成長期真っ最中の小学生の男の子の髭も薄くする期待がもてます。

中でもオススメなのが「牛乳、きな粉、ハチミツ」を混ぜただけのきな粉牛乳です。

■材料

  • 牛乳200ml
  • きな粉(大さじ1杯)
  • ハチミツ(適量)

■作り方

コップに牛乳200mlを注いてきな粉を加えてよく混ぜます。この時にきな粉を一気に入れてしまうとダマになってしまうので少量ずつ加えてください。

そしてハチミツをお好みの量を入れてかき混ぜれば完成です。

ただし冷たい牛乳を飲むとお腹を壊すお子さんもいるので、600ワットのレンジで30秒程加熱して少し温めてから飲ませてあげてください
※牛乳を長時間加熱したりラップをして温めると「突沸」といって、爆発したような現象を引き起こすので注意してください。

■きな粉牛乳の摂取量の目安

誰でも簡単に作れるきな粉牛乳ですが大量に摂取するのはNGです。

目安としては1日1杯、朝食の10分前に飲んでください。

食前に飲むと脂肪が吸収されづらくなるので、特に体系が気になる方は必ず食前に飲むようにしましょう。

それでも髭が薄くならなかったら

髭を剃るというのは簡単だし費用もかからないから皆さんがこの方法を選ぶのも当然ですが、は剃り続けたとしても薄くなることはありません。

それに肌を傷つけすぎると色素沈着を起こしてしまい、黒ずんで余計に髭が濃く見える原因になってしまいます。

そこで髭のお手入れ回数をへらせるのが抑毛クリームや抑毛ローションを使った「抑毛」をしましょう。

抑毛クリームやローションは1日2回、口周りのお手入れ後に塗るだけなので痛みを感じたり口回りが白くなることもありません

またこの際にお風呂で髭を剃った後に塗るのも有効です。

風呂上がりは毛穴が開いた状態になり、髭もないので抑毛の有効成分が毛穴の奥に浸透しやすくなり毛簿細胞や毛乳頭に直接アプローチをすることで、効果を早く実感できてしまいます。

効果が現れるまでに1ヶ月~3ヶ月は使い続ける必要がありますが、髭が近づいて見えないくらいの産毛のような状態に持っていくことが可能なので、今のうちに対策をすると約3ヶ月は髭の悩みのないあなたを手に入れられます。

関連記事:【2018年】髭が薄くなる抑毛ローションランキング!

まとめ

思春期が近づくと、男の子でも自分の見た目が気になってきますよね。

お母さんが正しい処理のしかたを小さいうちに教えておけば、大人になってからの悩みが少し解消できるかもしれません。

大切なお肌が少しでも長く綺麗なままでいられるようにお手伝い出来たら幸せですね。

抑毛カテゴリの最新記事