悲しい表情をしている少女

思春期、特に小学生の女の子で口周りの産毛や髭が生えていると、からかわれたりいじめの原因になってしまうことがあります。

でも女の子に髭を剃らせるのも心配だし”髭を剃りなさい”なんて言うと、かえってコンプレックスを与えるきっかけにもなりかねません。

そこで子供の髭、特に小学生女子の口周りの髭や産毛対策にいくつかの方法をついてご紹介します。

子供の口周りの毛は剃った方がいい?

まず大前提として子供が口周りの産毛や髭が気になっていると感じたら、すぐに剃って今抱えている悩みを排除してあげましょう

子供の口周りの毛は剃っても抜いても薄くなることは無いし、肌にダメージを与えるだけなので基本的にはオススメしませんが、子供が悩んでいるのに何も対策をしないのはとても酷なことなので、子供、特に女の子が口周りの産毛や髭に悩んでいるなら、すぐに剃って今抱えている悩みを解消してあげましょう。

ただし髭は剃り続けても薄くなることは無いので、剃ると同時に抑毛クリームや抑毛ローションなどを使って長期的な対策をする必要があります。

子供の産毛はいつから濃くなる?

真顔で鏡を見る女の子

子供の体毛は成長と共に濃く太くなることが知られていますが、特に男の子は小学校高学年から中学にかけて体毛が濃くなり、しっかり髭と認識できるまで毛が太く成長してしまいます。

女の子は男の子に比べて産毛よりも濃くなることはありませんが、遺伝などの影響で小学生の頃から体毛が人より多かったり口周りに髭のような産毛が目立つ子もいるでしょう。

この産毛は遺伝以外の要素で毛が濃くなったのであれば、生活習慣を見直したり適度な運動をするなどの対策を行えばホルモンバランスが整うのである程度は改善することが期待できますが、元々体毛が多い場合は生活習慣を見直しただけでは産毛が薄くなることはありません

では子供の産毛はどうすればいいのでしょうか?

子供の口周りの髭や産毛を薄くする方法

ジャン王しながら喜びを表す中学生

こともの口周りの産毛や髭はいくつかの対策を行うことでお子さんの悩みを解消してあげることができます。

ここからはより具体的な対策をいくつは挙げてみましょう。

  1. 髭を剃る
  2. 毛抜きで抜く
  3. 脱色する
  4. 除毛クリームを使う
  5. 抑毛クリームやローションを使う
  6. 家庭用脱毛器を試してみる
  7. 子供専門の脱毛サロンに通わせる

ではそれぞれ具体的にメリットはデメリットを見てみましょう。

子供の髭を剃る

髭剃りは子供に限らず大人の男性も行っているごく一般的な処理方法です。

細菌では男性だけでなあるアンケートによると成人女性の約7割が何らかの方法で髭を処理している事から分かるように、お子さんでも髭が生えることは珍しくなく、お子さんの悩みに応じて対策をしている親御さんも増えてきています。

髭剃りは最も確実で有効な方法ですが、残念ながら髭を剃り続けたとしても髭や産毛が薄くなることは無く、成長するにしたがって産毛だったものが髭に変わることも珍しくありません

お子さんが小さい場合はフェリエなどのフェイス用シェーバーで剃ってあげるのが一番ですが、それでも今後髭が益々濃くなることを考えると剃るのではなく別の方法を早い段階で行った方がお子さんの負担も少なくて済むでしょう。

子供の髭を毛抜きで拭く

毛抜きを使えばも婚付近から毛を取り除けるので、髭を剃った場合と比べてみる脱毛効果が長持ちしますが、

当然、

  • 痛い
  • 毛穴が赤く腫れる
  • 傷口から細菌が入り込んで吹き出物の原因になる

これらのリスクはお子さんにとって耐えられないものだと容易に想像できるため、子供が髭を抜かなくても放置しておいた方がマシだと思うのは必須でしょう。

ただし、子供に髭処理を諦めさせたところで髭は成長と共に太くたくましく成長するため、やはり早い断簡で何らかの対策を行うべきです。

子供の髭を脱色する

髪の色を落とすパーマ液を子供の髭部分に塗れば黒く見えることはありませんが、逆に光の角度によっては髭でも産毛でも金髪に見えてしまうため、最悪いじめの対象になることは想像できますよね。

それに口周りに脱色剤を使うとかなり高い確率で肌荒れを起こしますし、髭を脱色するぐらいなら剃って処理した方が圧倒的にマシです。

そのため、間違ってもお子さんの髭対策に脱色剤を使うことは絶対に避けてください。

子供の髭を除毛クリームで取り除く

まず第一に除毛クリームは顔への使用を一切認めていないため、腕や足、脇毛の処理には除毛クリームは有効な手段ですが、少なくとも子供の口周りの産毛対策には間違っても使ってはいけません

ネットの中には髭を除毛クリームで処理している強者もいますが、子供は肌が敏感で顔に浸かってはいけないクリームを口周りに塗ると…想像しただけでも可哀そうになってきました。

子供の口周りが荒れてしまったらマスクをつけるか学校に行かなくなると思われるので、子供の髭処理に除毛クリームは絶対に選ばないようにしてください。

子供の髭に抑毛クリームやローションを使う

これは今までの方法と違ってかなり現実的な髭対策といえるでしょう。

抑毛は気になる部分にクリームやローションを1日2回塗り、約3か月の長い時間をかけて顔に近づいて直視されない限り髭やうぶ毛が認識されない程度の状態にすることを抑毛と言います。

抑毛クリームやローションの使い方もとても簡単で、

  1. いつもの処理(髭剃り後)に塗る
  2. 1日2回なので、朝は洗顔後、夜はお風呂上りに口周りやアゴ部分にクリームやローションを塗る
  3. この工程を約3か月繰り替える

この中で問題になるのは3か月もの間1日2回塗り続けられるかにかかっています。

別に1日1回でもある程度の効果は期待できますが、販売先が1日2回塗らないと思ったような効果を得られないと警鐘を鳴らしているので、

  • 塗り忘れない
  • 子供が塗るのを嫌になって途中で諦めない

このどちらかにならないように親御さんがきっちり管理してあげることが重要になります。

抑毛クリームなどに関して書いた記事があるので、一度ご覧になってください。

家庭用脱毛器を試してみる

今まで紹介してきた中で最も確実で効果を実感しやすいのが家庭用脱毛器で髭の脱毛をした場合です。

家庭用脱毛器はエステサロンで用いられているフラッシュを言う光の力で毛母細胞にダメージを与えて、毛を徐々に生えずらくしてお手入れのカ数を減らしてくれます。

この家庭用脱毛器は髭以外にも、

  • 腕毛
  • 足蹴
  • 指毛
  • 脇毛
  • 手の甲の毛
  • VIO

といったあらゆる部位の脱毛ができるので、お子さんだけでなく親御さんも一緒に脱毛ができる、これが家庭用脱毛器の最大のメリットでしょう。

親が使って見せてあげればお子さんも安心して使い続けられるでしょうし、元々は悩みの種だった口周りの髭や産毛ですが、お子さんとの会話でムダ毛の数が減った、処理が楽になった、など明るい話題として話し合えるのも自宅で簡単にムダ毛を処理できる家庭用脱毛器の魅力ですね。

女性にオススメの髭脱毛器はこちらの記事をご覧ください。

子供専門の脱毛サロンに通わせる

費用は掛かりますが、子供を脱毛サロンに通わせるのが最も確実な髭対策になります。

先ほどご紹介した脱毛器でも問題はないのですが、やはりプロの力を借りてムダ毛の悩みを解決するのが確実な方法でしょう。

先ほどもお紹介しましたが、

こちらにキッズ脱毛の詳細をかいているので、ぜひご参考ください。

キッズ脱毛は費用はもちろん、通う手間や予約の手間はかかりますが、ムダ毛対策のエキスパートが対応してくれますし、なにより子供を紋々に接受してくれるサロンなので、確実で安心できるのがキッズ脱毛の特徴ですね。

もしお金に余裕があるのであれば、根本から解決できるディオーネのような脱毛サロンで口周りはもちろんその他に気になる部分も相談してして、お子さんの悩みを完全に解消してあげるのも親の優しさだと思います。

ただし、金額が金額なので、ご両親やお子さんとよく話し合って自分に最適な方法をお子さん自身に見つけてもらうのが一番なのではないでしょうか。

子供に脱毛するのってアリ?

子供に脱毛するなんて…。と思う方も多いでしょう。

実際、子供の産毛対策のほとんどがカミソリやシェーバーで剃るだけですが、剃り続けても体毛が薄くなることは無いですし、上記のような抑毛ローションも使うのをやめてしまうと元の毛の状態に戻ってしまうデメリットもあります。

そのため、子供が体毛の悩みを抱えた段階「ディオーネ」のようなキッズ脱毛を行うという選択肢を頭に入れておいた方がいいかもしれません。

ディオーネは3歳児から脱毛を行えるキッズ脱毛専門サロンなので、相談をしてみるだけでも価値はあるはずです。

【キッズ脱毛Dione】


まとめ

子供の口周りの髭や産毛対策にはカミソリやシェーバーを使った剃る方法だけでなく、抑毛クリームやローションを使って長期的に対策をする必要があります。

    抑毛クリームやローションを選ぶ場合は、

    • 口周りやアゴのあたりだけを何とかしたいなら抑毛クリームを
    • 口周りはもちろん、その他全身の抑毛が行い方はパイナップル豆乳ローション

    このように目的によって使う抑毛剤も異なるので、どの方法で子供の髭対策を行うかは、親御さんお子さん両者の納得する方法で髭のケアを始めてください。

    また根本的に子供の髭や産毛をなんとかしたなら、早めにディオーネのようなキッズ脱毛を行うのもいいかもしれませんね。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事