子供(小学生)の髭や口周りの産毛を剃らずに薄くする方法とは

子供(小学生)の髭や口周りの産毛を剃らずに薄くする方法とは

思春期、特に小学生の女の子で口周りの産毛や髭が生えていると、からかわれたりいじめの原因になってしまうことがあります。

でも女の子に髭を剃らせるのも心配だし”髭を剃りなさい”なんて言うと、かえってコンプレックスを与えるきっかけにもなりかねません。

そこで子供の髭、特に小学生女子の口周りの髭や産毛対策についてご紹介します。

子供の口周りの毛は剃った方がいい?

まず大前提として子供が口周りの産毛や髭が気になっていると感じたら、すぐに剃って今抱えている悩みを排除してあげましょう

子供の口周りの毛は剃っても抜いても薄くなることは無いし、肌にダメージを与えるだけなので基本的にはオススメしませんが、子供が悩んでいるのに何も対策をしないのはとても酷なことなので、子供、特に女の子が口周りの産毛や髭に悩んでいるなら、すぐに剃って今抱えている悩みを解消してあげましょう。

ただし髭は剃り続けても薄くなることは無いので、剃ると同時に抑毛クリームや抑毛ローションなどを使って長期的な対策をする必要があります。

子供の産毛はいつから濃くなる?

子供の体毛は成長と共に濃く太くなることが知られていますが、特に男の子は小学校高学年から中学にかけて体毛が濃くなり、しっかり髭と認識できるまで毛が太く成長してしまいます。

女の子は男の子に比べて産毛よりも濃くなることはありませんが、遺伝などの影響で小学生の頃から体毛が人より多かったり口周りに髭のような産毛が目立つ子もいるでしょう。

この産毛は遺伝以外の要素で毛が濃くなったのであれば、生活習慣を見直したり適度な運動をするなどの対策を行えばホルモンバランスが整うのである程度は改善することが期待できますが、元々体毛が多い場合は生活習慣を見直しただけでは産毛が薄くなることはありません

では子供の産毛はどうすればいいのでしょうか?

まず試してみてほしいのが抑毛です。

抑毛とは

抑毛とは毛の成長を抑制して毛を目立ちにくくする方法です。

抑毛は脱毛と違って即効性はありませんが、長期的に口周りの産毛対策を考えるのであれば、髭剃りに加えて抑毛クリームやローションを使ってムダ毛を抑制する必要があります。

抑毛効果はどれくらいで実感出来る?

個人差はありますが、抑毛クリーム(ローション)は1ヵ月~3ヵ月使い続けないと効果を実感することが出来ません

最低でも1ヵ月は使い続けないと効果を実感できませんが、口周りの産毛や髭は成長と共に濃くなる傾向にあるので、剃る方法と並行して抑毛クリーム(ローション)を使って口周りのムダ毛をケアする必要があります。

抑毛クリーム(ローション)を子供に使っても大丈夫?

抑毛クリーム(ローション)は天然由来成分を主成分としているものが多いので、肌が敏感な子供、特に女の子でも安心して使い続けることが出来ます。

また抑毛クリーム(ローション)は特有の匂いも無く、塗り続けても口周りが白くなることもないので、子供が嫌になって途中でやめてしまうなどの心配もありません

髭を薄くする抑毛クリームの使い方

抑毛は正しい使い方をすれば効果を実感しやすくなりますが、間違った使い方をすると抑毛効果をを十分に発揮させることができません。

抑毛クリームの使い方は

  1. 顔を洗う(ウェットティッシュで拭き取るだけでもOK)
  2. 髭を剃る(塗る度に剃る必要はありません)
  3. 抑毛クリーム(ローション)を塗る
  4. これを1日2回、最低でも1ヵ月は続ける

これだけです。

髭は毎回剃る必要はないので、髭を剃ったことが無い子供の場合は口周りの皮脂や汗などの汚れを洗う(拭き取る)などした後に、口周りに1日2回塗るだけで簡単にケアできますが、せっかく抑毛クリームを使うのであれば効果的な方法って知りたいですよね。

そこで髭を薄くする抑毛クリームの正しい使い方をご紹介します。

髭を剃った後に塗る

抑毛クリームは必ず髭を剃った後に塗りましょう

剃らずに塗ると有効成分が髭に阻まれて毛穴の奥に浸透しづらくなってしまいます

ただし1日に何度も髭を剃る必要はないので、いつもの髭処理の後に抑毛クリームを使うようにしてください。

洗顔後に塗る

洗顔前に抑毛クリームを塗ると、有効成分が皮脂や汗などに阻まれて毛穴の奥に浸透しづらくなります

抑毛クリームは必ず洗顔後に塗りましょう。

どうしても洗顔できない時は、ウェットティッシュなどで口周りの汚れを拭き取った後に塗るようにしてください。

1日2回塗る

抑毛クリームは1日2回朝と夜に塗りましょう。

12時間おきに塗るのが理想ですが、どうしても2回塗れない時は髭が成長しやすい夜だけは必ず塗るように心がけてください。

クリームを人肌に温めてから塗る

抑毛クリームは人肌に温めてから塗ると肌に浸透しやすくなるので、クリームを塗る前に手をお湯で温めてから塗ると浸透力が高まり抑毛効果を実感しやすくなります。

化粧水を使う前に塗る

抑毛クリームは化粧水を使う前に塗りましょう

抑毛クリームは肌に余分な成分が無い状態で塗るのが望ましいので、化粧水は抑毛クリームを塗った後に使ってください。

ただし抑毛クリームには美容液並の肌に嬉しい成分が含まれているので、抑毛クリーム塗った部分には化粧水を塗らなくても問題ありません。

大量に塗らない

抑毛クリームを一度に大量に塗ったからといって抑毛効果が高まるわけではありません。

むしろ一度に大量に使うとコスパが悪くなるだけで、髭の抑毛に最も重要な継続する事が出来なくなってしまいます。

一度に大量に塗るのではなく、1日2回塗ることを心がけてください。

最低3ヵ月は継続して塗る

人によっては2週間程度で抑毛効果を実感できる場合もありますが、最低でも1ヵ月~3ヵ月継続して塗り続けないと髭が薄くなったと実感することはできないと考えてください。

3ヵ月も面倒だと思うかもしれませんが、何もしなければ髭の悩みは解消されません。

「塗り続けると髭が薄くなる」と信じで最低3ヵ月以上は継続して塗りましょう

子供(小学生)に使えるオススメの抑毛クリーム(ローション)

口周りに使える抑毛クリーム(ローション)は数多くありますが、子供に使うなら安全性はもちろん、使い続けるなら効果や価格って気になりますよね。

そこで子供でも安心して使える抑毛クリーム(ローション)を3つご紹介します。

ノイス(NOISU)

ノイス(NOISU)の特徴は女性の髭対策専用の抑毛クリームという点です。

今まで全身に使える抑毛クリームはありましたが、髭だけに着目した抑毛クリームはおそらくノイス(NOISU)だけでしょう。

ノイス(NOISU)は

  • 香料
  • 合成着色料
  • 着色料
  • パラペン
  • 紫外線吸収剤
  • アルコール
  • 金属

などの、肌が荒れてしまう要素を全て排除しているので、肌が敏感な子供の肌にも安心して使うことが出来ます。

その証拠に自分が敏感肌だと自覚しているモニター100人に2回ずつパッチテストを行っても、肌が荒れたりかぶれるなどの症状が出た人がいないと公式サイトで明記しているのが自信の表れではないでしょうか。

ノイス(NOISU)は1日2回使っても1本で1ヵ月もつので、抑毛クリームの中でもコスパが優れている商品です。

ある程度効果を実感したら1日2回ではなく、1日1回にすることで費用を節約することもできます。

ノイス(NOISU)の詳細はこちらをご覧ください。

関連記事:ノイスの口コミを実際の写真で比較!女性のヒゲに効果ある?

コントロールジェルME

コントロールジェルMEは厳選された高品質な天然由来の原材料を主成分としているので、肌が敏感な子供の顔にも安心して使える抑毛ローションです。

コントロールジェルMEは商品価格が5,300円なので一見コスパが悪いように感じますが、顔だけに使う場合は1本で2~3ヵ月もつので、

  • 1本で2ヵ月もつ場合は1ヵ月あたり2,650円
  • 1本で3ヵ月もつ場合は1か月あたり1,767円

と、実は子供の髭対策の抑毛ローションの中で最もコスパが良いのがコントロールジェルMEなんです。

またコントロールジェルMEは口周り以外にも使うことが出来るので、腕や足など全身の体毛に悩んでいる方はノイス(NOISU)よりもコントロールジェルMEをオススメします。

新学期までに間に合う、お子様もOKムダ毛対策ジェル


パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは女性ホルモンと似た働きをする成分、イソフラボンとザクロエキスでムダ毛をケアしてハリのある肌へと仕上げてくれます。

商品価格は2,700円と3つの商品の中で最安値でムダ毛をケア出来ますが、パイナップル豆乳ローションはあくまで化粧水という扱いなので、本格的に子供の口周りのムダ毛対策としては少々不安が残ります

なので、ノイス(NOISU)やコントロールジェルMEである口周りが薄くなってきたなと実感してから、パイナップル豆乳ローションに変更するといった形をとるのもいいかもしれません。

パイナップル豆乳ローションの成分や類似品についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:黒ずみはパイナップル豆乳ローションで綺麗になるか調べた結果!

子供に脱毛するのってアリ?

子供に脱毛するなんて…。と思う方も多いでしょう。

実際、子供の産毛対策のほとんどがカミソリやシェーバーで剃るだけですが、剃り続けても体毛が薄くなることは無いですし、上記のような抑毛ローションも使うのをやめてしまうと元の毛の状態に戻ってしまうデメリットもあります。

そのため、子供が体毛の悩みを抱えた段階「ディオーネ」のようなキッズ脱毛を行うという選択肢を頭に入れておいた方がいいかもしれません。

ディオーネは3歳児から脱毛を行えるキッズ脱毛専門サロンなので、相談をしてみるだけでも価値はあるはずです。

【キッズ脱毛Dione】


まとめ

子供の口周りの髭や産毛対策にはカミソリやシェーバーを使った剃る方法だけでなく、抑毛クリームやローションを使って長期的に対策をする必要があります。

  • 本格的に対策をしたいならノイス(NOISU)
  • 口周り以外の全身の体毛対策がしたいならコントロールジェルME
  • 手軽に対策がしたいならパイナップル豆乳ローション

このように口周りの毛の濃さや悩みに応じて使用する抑毛クリーム(ローション)を使い分けて、子供の髭対策をしましょう。

また根本的に子供の産毛をなんとかしたなら、早めにディオーネのようなキッズ脱毛を行うのもいいかもしれませんね。

抑毛カテゴリの最新記事