女の子のひげを薄くする方法は?抑毛と脱毛の違いを知って正しいひげ対策

女の子のひげを薄くする方法は?抑毛と脱毛の違いを知って正しいひげ対策

女の子の鼻の下にひげが生えているなんてことありますよね。

小さなうちはあまり気にならなくても、小学生くらいになると本人だけでなく周りの友達から指摘されて心に傷を負ってしまうことも。。

ひげ処理方法といえば手軽にカミソリで剃る方法もありますが、小学生、しかも女の子の柔らかい肌に傷をつけてしまわないか心配になってしまいますよね。

そこで今回は「女の子のひげを剃らずに薄くする方法」をご紹介します。

女の子のひげが濃くなる原因

女の子、特に未成年の女の子にひげが生える原因とは何なのでしょうか?

女の子に髭が生える大きな原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」が関係していると言われています。

本来女性には”女性ホルモン”という外見を女性らしく保つために必要なホルモンが多く分泌されていますが、ストレスや生活習慣の乱れによってこの女性ホルモンの働きが低下してしまい、逆に男性らしらをつかさどる男性ホルモンの働きが活性化してしまうことに。

このように女性ホルモンの働きが低下して男性ホルモンの働きが活発になってしまうと、内面に合せて外見も男性化する、いわるゆオス化といわれる現象が起きて体毛が濃くなったり女の子に髭が生えてしまうんです。

元々の原因が”ホルモンバランスの乱れ”なのでこの乱れを整えれば髭の生えていなかった頃に戻れると思われがちですが、ことはそう簡単にいきません。

例えが適切かどうかは分かりませんが、男性の薄毛もホルモンバランスの乱れが大きく関係していると言われて、もちろん遺伝的な要素もありますが、遺伝以外の要素で薄毛になる方は「ストレス、食生活の乱れ、運動不足」などが大きく関係しています。

なので、薄毛を解消するには

  • ストレスのない生活を心がける
  • 野菜中心の食生活にする
  • 適度な運動をする

これらを満たせば薄毛は無くなるはずですが、実際はどうでしょうか?

行動を実行に移す移さないは関係なく「誰ひとり薄毛に悩まなくなっている」なんてことはありませんよね。

このことから分かるように、女の子にひげが生えた場合もストレスの無い生活を送ったり、野菜中心の食生活にしたからといって女の子のひげが薄くなる保証はどこにも無いんです。

体質改善をする意味が全く無いというわけではなく、保証が無い以上今悩んでいるひげを解消する手段として体質改善はあまり効果的ではありません

女の子のひげを薄くする方法

女の子のひげを薄くする方法はいくつかあります。

  1. 頻繁にひげを剃る
  2. 体質改善に期待する
  3. 何もしない
  4. ひげを脱毛する
  5. ひげを抑毛する

では1つずつ見ていきましょう。

頻繁にひげを剃る

最も現実的で多くの女性が行っているのが、カミソリやシェーバーを使った”剃る”方法です。

たしかに今生えているひげを取り除けるし、安価な方法なので男女問わず剃るのが一般的な方法でしょう。

しかし、ひげはいくら剃り続けても薄くなることはありません

これはひげだけでなく体毛全般に言えるのとなのですが、腕毛やスネ毛、脇毛や鼻毛を剃ったり付き続けると薄くなったという人はいるでしょうか?いないですよね。

このようにひげだけでなく体毛は剃り続けたとしても決して薄くなることは無く、むしろ剃り続けると肌にダメージを与えて傷んだ部分に細菌が入り込むとニキビの原因になり、さらにダメージを与え続けると体が刺激から肌を守ろうとしてメラニンを分泌して肌が黒ずんでしまい、余計にひげが濃く見えてしまうリスクもあるので、カミソリやシェーバーで剃り続けることはオススメしません。

特に女の子で口周りに黒ずみなんてできてしまったら、、想像しただけで心が痛みます。

なので、手軽で安価に行える”剃る”方法は絶対に避けましょう。

体質改善に期待する

ホルモンバランスが乱れてひげが濃くなったのなら、元に戻せばいいかというと先ほどもお話ししたように、体質を元に戻すのは大変ですし、体質を改善させたとしてもひげが薄くなる可能性はあまり期待できません。

ただし体質を改善させること自体が無意味なわけではないのでチャレンジしてみることは重要ですが、努力の分だけひげが薄くなるかと言われるとNOとお返事をすることになります

そもそも体質が変わったことが原因でひげが生えた、あるいは濃くなったかどうかというのを調べる事は出来ませんし、ホルモンバランスの乱れだと思っていてもご両親や祖父母からの遺伝という可能性もあるので、体質改善をしたからといって女の子のひげが薄くなる可能性は極めて低いでしょう。

どうしても体質改善に挑戦してみたいと思われるのであれば、手っ取り早く女性ホルモンを改善させる効果が期待できる「きな粉牛乳」から始めてみるのもいいかもしれませんね。

作り方はとても簡単。

コップ1杯の牛乳に大さじ1杯のきな粉を加え、お好みで砂糖やはちみつを加えて混ぜるだけ!

牛乳に含まれている栄養分がホルモンバランスを整え、きな粉に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、体の内側から改善する効果が期待出来ます。

ただし、きな粉牛乳だけでひげが薄くなることは無いので、きな粉牛乳は脱毛や抑毛と併用することをオススメします

何もしない

「女の子でもひげが生えることはあるし、ひげの脱毛や抑毛にはお金がかかるから何もしない」という方もいるでしょう。

もちろん、それで本人が納得したり気にしないようにできるのであればこれが1番なのかもしれませんが、ひげが生えているのに気にしない女の子なんているでしょうか?

たしかにひげ対策にはお金や時間がかかりますが、何もしないのは体質改善をする以前の問題なので、女の子の気持ちを思うと絶対にオススメ出来ません。

悩みを抱えていて、解決方法があるのであれば何かしらの対策を行ってあげてください。

女の子のひげ対策を何もしないのは論外だと言ってもいいでしょう。

ひげを脱毛する

脱毛といっても2種類の方法があり、

  1. クリニックやサロンに通って本格的な脱毛を行う
  2. 家庭用脱毛器を購入して自分や家族が脱毛をしてあげる

2の家庭用脱毛器はクリニックのような永久脱毛は出来ませんが、それでも自分自身、もしくはご家族が手伝ってあげるだけでひげの脱毛をすることができますが、ひげの脱毛は専門家でも難しいと感じる部位なので、よほどひげが薄い(産毛のような状態)であれば家庭用脱毛器を選ぶ選択肢もアリだと思います。

家庭用脱毛器は2万円台から購入できるものもありますが、安い物はそれなりの理由があって安くなっているので、肌が敏感な女の子の脱毛にはある程度信頼できるものを選んであげてください。

ケノンであれば楽天のレビュー数も10万件を超えているので、安全性や脱毛力などの心配をしなくても済むでしょう。

ケノンは公式サイトで購入すると特典が付く場合が多いので、下記の公式サイトをチェックしてみてください。

◆公式サイトはこちらです↓

絶賛レビュー8万件突破!だから選ばれてる脱毛器ケノン

女性ユーザー300×250

家庭用脱毛器ではなく、本格的に脱毛したいと思われるのであれば専門家の元で脱毛してもらうのがいいでしょう。

家庭用脱毛器の場合、痛みを感じにくくするためには脱毛する箇所を冷やす必要があるのですが、口周りを冷やしながら脱毛をするのはかなり難しく感じるかもしれません

サロンのような専門家の元であれば痛みを感じにくい施術も得意としているので、女の子の年齢が低ければキッズ脱毛も選択肢の一つに入れてみてもいいかもしれませんね。

◆公式サイトはこちらです↓

【キッズ脱毛Dione】


ひげを抑毛する

「家庭用脱毛器やサロンは費用がかかり過ぎて無理」という方には抑毛が最も合っている方法だといえるでしょう。

抑毛とは、いつものムダ毛処理の後にクリームまたはローションを塗ると、毛を細く短くして近づかないと分からないレベルにまでもっていくことです。

ひげが濃い方はひげを剃った後に、ひげがそれほど濃くない方は口周りにクリームやローションを塗るだけで簡単に髭の抑毛を行うことができます。

しかし、この抑毛は約3ヵ月という長い時間をかけて毛を抑制する方法なので、ひげの悩みを持つ女の子にとっては長く感じるかもしれませんが、それでも何もしなければひげは薄くなることは無いので抑毛はとても有効な手段だといえるでしょう。

ただし抑毛といっても販売されている商品は数多くあるので、どれを選べばいいか分からないですよね。

そこで女の子のひげ対策におすすめの抑毛アイテムを3つご紹介します。

おすすめの抑毛クリーム

抑毛クリームといっても様々な種類のものがあります。

そこで女の子のひげ対策におすすめの抑毛クリームをご紹介します。

パイナップル豆乳ローション

抑毛ローションの中で最も有名なのがパイナップル豆乳ローションです。

パイナップル豆乳ローションはひげ専用の抑毛ローションではありませんが、化粧水のような感覚で使えるので、小さなお子様でも安心して使い続けられるでしょう。

パイナップル豆乳ローションは大豆に含まれている「イソフラボン」という女性ホルモンと似た働きをする成分を、直接肌に塗ることでムダ毛を抑制する効果が期待できます。

このパイナップル豆乳ローションはひげ以外にも使えるので、腕や足といった体毛が気になる部分のケアがパイナップル豆乳ローションがあれば全てケアできるんです。

パイナップル豆乳ローションは「効果がない」という口コミをされていますが、効果なしと評価している方は商品の使い方を間違えていたり、抑毛という特性を理解せずに使った方が即効性が無いなどの理由で「効果なし」と口コミをしているようです。

より詳細な口コミは下記の記事をご覧ください。

関連記事:効果なし!パイナップル豆乳ローションでムダ毛が薄くならない本当の理由

パイナップル豆乳ローションは使い方さえ間違えなければ、しっかりとした効果を実感できるでしょう。

◆1本の定期コースはこちら↓

【パイナップル豆乳ローション】定期購入

◆3本の定期コースはこちら↓

お得な3本セット用

ノイス(NOISU)

ノイス(NOISU)の最大の特徴は「女性特有のひげに着目した」点にあります。

一言に抑毛といっても、

  • 腕や足の毛を薄くしたい
  • 脇毛を薄くしたい
  • ひげを薄くしたい

など、使用する部位や用途によって使うものや効果が変わってきてしまいます

その点ノイス(NOISU)は女性特有のひげに着目して作られているので、女の子のひげ対策としてノイス(NOISU)はとても効果的な商品だと言えるでしょう。

ノイス(NOISU)の使い方もひげを剃った後に塗るだけなので簡単ですし、1日2回塗っても口周りが白く見えたり嫌な匂いもしないので女の子でも無理なく使い続けられます。

◆公式サイトはこちらです↓

ノイス(NOISU)

NOISU(ノイス)

コントロールジェルME

コントロールジェルME

コントロールジェルMEもパイナップル豆乳ローション同様、ひげだけでなく全身の抑毛を行うことが出来るローションです。

コントロールジェルMEは子供が使うことを念頭に商品開発が行われているので、その効果や安全性は折り紙付きだといえます。

他の抑毛アイテムは定期コースで申し込むのに対し、コントロールジェルMEは単品購入を前提としているので、定期コースに抵抗のある方でもコントロールジェルMEであれば気軽に購入できますね。

ただ、逆に定期コースの申し込み方法が分かりづらい部分もあるので、コントロールジェルMEが気に入って定期的に使ってみたいと思われる方は下記の記事を参考になさってください。

関連記事:コントロールジェルMEの定期購入や解約方法【完全保存版】

コントロールジェルMEの申し込み方や解約方法が分かれば申し込みやすいですね。

コントロールジェルMEもムダ毛を剃った後に塗るのが効果的ですが、嫌な匂いもないですし塗り続けて口周りが白く見える心配も無いので、継続することが重要な抑毛にはコントロールジェルMEは最適なアイテムだといえます。

◆公式サイトはこちらです↓

子供がムダ毛を気にしだしたら⇒お肌にやさしいムダ毛対策ジェル♪

まとめ

女の子のひげは体内のホルモンバランスの乱れが原因ですが、体質改善を行ったとしてもひげが薄くなるという確実な保証はありません。

また体質改善には気が遠くなるような時間が必要になるので、今悩んでいるお子様のひげ対策として何もしなかったり時間がかかり過ぎる体質改善は適切な方法ではないしょう。

最も現実的なのは「体質改善を行いながら外部からひげ対策を行う方法」です。

抑毛、脱毛、共に費用と時間はかかってしまいますが、ひげをそのままの状態で放置しても薄くなることは期待できないので、抑毛と脱毛をうまく利用しながらお子様のひげ対策をされてはいかがでしょうか。

抑毛カテゴリの最新記事